GJ > 競馬ニュース > エルムS「目イチの仕上げ」史上初の記録に挑むペプチドナイル…近年見掛ける耳慣れないタイトルとは
NEW

エルムS「目イチの仕上げ」史上初の記録に挑むペプチドナイル…近年見掛ける耳慣れないタイトルとは

エルムS「目イチの仕上げ」史上初の記録に挑むペプチドナイル…近年見掛ける耳慣れないタイトルとはの画像1
撮影:Ruriko.I

 南関東三冠を無敗で制したミックファイアを始め、現在JRA・地方ともに盛り上がりを見せているダート戦線。そのJRAには来年の「新設ダート三冠」に先立ち“北海道ダート三冠”に挑む馬がいる。それが今週の札幌で行われるエルムS(G3)に出走予定のペプチドナイル(牡5、栗東・武英智厩舎)だ。

 少し聞き慣れないかも知れないが、北海道ダート三冠とはオープン特別の大沼S(L)とマリーンS(OP)、先のエルムSの3つのレースを指している。近年、各メディアでたまに見掛けるようになったこのワード。何者かが意図的に流行らせようとしているのかどうかは定かではないものの、これからは少しずつ浸透していくのかもしれない。

 全てダート1700m戦となった2001年以降の対象レースを指す訳だが、04年にウインデュエル、17年にテイエムジンソク、19年にリアンヴェリテと何れも三冠に王手をかけた中で2着、2着、5着に敗れ、これまで三冠を達成した馬は1頭もいない。

師はリベンジに燃え騎手は平常心を装う

 2017年当時、テイエムジンソクの調教助手だった武英調教師は「個人的には、めちゃめちゃ力が入っています」とリベンジの思いは誰よりも強く、調教でも「今回は目イチに仕上げました」という師の意欲が伝わってくる。一方で鞍上の富田暁騎手は「厩舎の方もしっかり調整していただいていますし、何も考えず乗るだけです」と平常心で大一番に臨む。

 さらに2020年のタイムフライヤー、2021年のスワーヴアラミス、2022年のフルデプスリーダーと直近3年のマリーンS勝ち馬がエルムSを制していることは、陣営にとっても心強い傾向となりそうだ。

 ペプチドナイルは大沼Sで1番人気の半弟ハセドンを寄せ付けない走りで後続に3馬身差で勝利し、続くマリーンSでも2着馬に3馬身半差の圧勝劇を披露した。3度目の1700逃走劇に期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

エルムS「目イチの仕上げ」史上初の記録に挑むペプチドナイル…近年見掛ける耳慣れないタイトルとはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス