GJ > 競馬ニュース > ダイイチルビー、メジロドーベル、ヒシアマゾン『ウマ娘』でお馴染みの90年代を魅了した名牝の血を継ぐ仔が続々デビュー!
NEW

ダイイチルビー、メジロドーベル、ヒシアマゾン『ウマ娘』でお馴染みの90年代を魅了した名牝の血を継ぐ仔が続々デビュー!

【この記事のキーワード】, ,

ダイイチルビー、メジロドーベル、ヒシアマゾン『ウマ娘』でお馴染みの90年代を魅了した名牝の血を継ぐ仔が続々デビュー!の画像1

 JRAアニバーサリーとして開催される18日、中山競馬場では11Rに菊花賞(G1)のトライアル・セントライト記念(G2)がメインレースとして開催されるが、その前の6Rでは2歳新馬(芝2000m)が行われる。

 8頭立てとなる同レースの出走馬に目を向けると、マイネルフランツ(牡2、美浦・和田正一郎厩舎)とルーベンス(牡2、美浦・萩原清厩舎)といった新馬が出走予定である。

 この2頭の血統を見ると、前者の3代前の母にはダイイチルビー、後者の2代前の母にはメジロドーベルの名が刻まれている。

 ダイイチルビーといえば、天馬トウショウボーイと華麗なる一族と呼ばれたハギノトップレディとの間に生まれた娘であり、当時から超お嬢様扱いを受けるほどの良血馬だった。

 そんなお嬢様は、古馬になってからは、ダイタクヘリオスなどの強豪牡馬を相手に安田記念(G1)とスプリンターズS(G1)を制するなど1990年代前半を代表する名牝となった。

 一方、メジロドーベルは父にメジロライアンを持つ2歳女王。桜花賞(G1)はキョウエイマーチの2着に敗れるも、オークス(G1)と秋華賞(G1)を制し二冠牝馬に輝いた。古馬になってからもエリザベス女王杯(G1)を連覇し、90年代後半の牝馬戦線を牽引した名牝である。

 また5Rでも2歳新馬(芝1600m)が行われるが、ここでもオルパダン(牡2、美浦・村田一誠厩舎)に目を向けると、3代前の母にヒシアマゾンの名が見受けられる。

 ヒシアマゾンも90年代中盤に大活躍した名牝だ。当時、ヒシアマゾンのような外国産馬にとって、クラシック出走が叶わなかった時代でもあった。

 2歳女王でありながら桜花賞とオークスに出走できなかった鬱憤を晴らすかのように重賞を連勝。特に7戦目となったクリスタルC(G3)でみせた豪脚は30年近く経った今でも語り草になっている。

 また、競馬大好き芸人としても知られている麒麟の川島明が「ヒシアマゾンがいなかったら、ここまで競馬を好きになっていない」と語るほど、未だにファンは多く“最強牝馬”との呼び声も高い。

 

現在の最強牝馬たちは『ウマ娘』の人気キャラクター

 ダイイチルビー、メジロドーベル、ヒシアマゾンは大人気競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)に登場するキャラクターであり、最近競馬を始めた方などは『ウマ娘』で知ったという方も多いだろう。

 いずれにせよ、こういった名牝たちの子孫が今も元気にターフを走っていることは、競馬というブラッドスポーツならではと言えるのではないだろうか。90年代の競馬を知るオールドファンには、ぜひ18日にデビューした3頭に声援を送っていただきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ダイイチルビー、メジロドーベル、ヒシアマゾン『ウマ娘』でお馴染みの90年代を魅了した名牝の血を継ぐ仔が続々デビュー!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!