GJ > 競馬ニュース > 阪神タイガースの“アレ”でリバティアイランドの三冠確定!? のハズが…ローズS(G2)で強力なライバルたちが出現
NEW

阪神タイガースの“アレ”でリバティアイランドの三冠確定!? のハズが…ローズS(G2)で強力なライバルたちが出現

阪神タイガースのアレでリバティアイランドの三冠確定!? のハズが…ローズS(G2)で強力なライバルたちが出現の画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 紫苑S(G2)、ローズS(G2)が終了し、秋華賞(10月15日・芝2000m・京都)に出走する主な顔ぶれが決まった。

 ただし両トライアル前、いや昨年暮れの阪神ジュベナイルF(G1)が終了した時点で、同レースの勝ち馬リバティアイランド(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)が無事、レースに参加できれば春の二冠、さらに三冠も獲れると目されてきた。

 実際、ご存じの通り、春二冠は圧倒的な強さで達成。そして無事、夏を越したことから、三冠目も目前とみられている。

 さらに三冠馬誕生を予感させる、強力な後押しも発動した。それはプロ野球・阪神タイガースの「アレ」だ。

 阪神球団として史上最速で優勝を決め、まさにリバティアイランド同様、圧倒的な強さで優勝してみせた。実は阪神、セ・リーグでは過去5回頂点に立っているが、そのうち3回は同年に三冠馬が誕生しているのだ。

 最初が1964年(2回目)のシンザン、続いて2003年(4回目)がスティルインラブの牝馬三冠、そして前回優勝の2005年はあのディープインパクト。「阪神、意外と優勝してないな」という感想はさておき、近年では2回連続で三冠馬が誕生しているわけだ。

 SNSでも優勝決定後、「これでリバティアイランドの三冠は確実」といった声が多く聞かれた。二冠女王にとっては、まさに吉兆データといえるだろう。

阪神タイガースのアレでリバティアイランドの三冠確定!? のハズが…ローズS(G2)で強力なライバルたちが出現の画像2
マスクトディーヴァ 撮影:Ruriko.I

 ただ、ローズSが終わって風向きがやや変わってきた。というのも、同レースの決着時計は1:43.0、従来記録を0.8秒も更新する驚異的な日本レコードだったのだ。勝ったマスクトディーヴァは7番人気の伏兵ながら、最後の直線早めに抜け出し、後続を振り切る強い内容だった。

「勝ち馬同様、あるいはそれ以上にインパクトを残したのが2着のブレイディヴェーグ。前走の勝ち時計、勝ちっぷり、C.ルメール騎手騎乗で1番人気に支持されました。レースでは出遅れて後方を追走しましたが、ラスト3ハロンは唯一33秒を切る末脚で1着馬に迫りました」(競馬ライター)

2頭とも前走で1勝クラスを勝ち上がり、約3か月の休養を挟んで今回がキャリア4戦目と臨戦過程は同じ。まだまだ粗削りな面もある分、伸びしろもありそうだ。血統背景もしっかりしている。しかも2頭ともリバティアイランドとは未対決というのも魅力だ。つまり、怖いもの知らずで立ち向かっていける。

穴党は川田騎手の「アレ?」に期待!?

 迎え撃つリバティアイランドは9月12日にノーザンファームしがらきから帰厩、馬体重は前走時より50キロほど増えてパワーアップ。プラン通り、秋華賞に直行予定だ。

 秋華賞はリバティアイランド1着頭固定の馬券で勝負、と考えていたファンも多いだろう。しかし、ローズSの結果で考え直す人もいたのではないだろうか。

「また一部では川田将雅騎手の乗り方を危惧する声もあります。桜花賞は馬の気持ちを優先し、後方からのレースになったそうです。その結果、驚異的な末脚で快勝したわけですが、秋華賞の舞台は京都の内回り、ややトリッキーなコース形態で内有利の傾向が強いコースです。

川田騎手が馬の気持ちを優先し、桜花賞と同じような競馬をすれば、足をすくわれる可能性はあるかもしれません」(競馬記者)

 重箱の隅をつつくような話だが、万が一、川田騎手が「アレ?」と思われるような騎乗をすれば、牝馬三冠が露と消えてもおかしくない。いずれにしろ、胸のすくような白熱したレースを期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

阪神タイガースの“アレ”でリバティアイランドの三冠確定!? のハズが…ローズS(G2)で強力なライバルたちが出現のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!