GJ > 競馬ニュース > 単勝1.8倍ペリエール撃沈は「三冠馬ミックファイア誕生」のジンクス!? コントレイル、ディープインパクトら歴史的名馬誕生の裏で苦しんだライバルたち
NEW

単勝1.8倍ペリエール撃沈は「三冠馬ミックファイア誕生」のジンクス!? コントレイル、ディープインパクトら歴史的名馬誕生の裏で苦しんだライバルたち

【この記事のキーワード】, ,
単勝1.8倍ペリエール撃沈は「三冠馬ミックファイア誕生」のジンクス!? コントレイル、ディープインパクトら歴史的名馬誕生の裏で苦しんだライバルたちの画像1
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 9日、東京競馬場で行われたグリーンチャンネルC(L)は、2番人気のオメガギネス(牡3歳、美浦・大和田成厩舎)が勝利。前走のレパードS(G3)で先着を許したライオットガールがレディスプレリュード(G2)で3着に善戦してから4日後、今度は2着馬が古馬を相手に気を吐いた。

 レース後、戸崎圭太騎手が「強い内容だったと思います」と評価した通り、終わってみれば3馬身半差の圧勝劇。今後は同じ東京ダート1600mの武蔵野S(G3)に向かうとのことで陣営の視線の先には、当然来年のフェブラリーS(G1)が視野に入っているはずだ。

 その一方で、春に東京ダート1600mのユニコーンS(G3)を勝ったペリエール(牡3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)は3着を確保したものの、内容的には完敗の結果に終わった。

 春のユニコーンSを3馬身差で圧勝したことで、この日は単勝1.8倍という圧倒的な人気に推されていたペリエール。レース後、「今日は休み明けでしたし、まだ3歳ですからね。これからですよ」とC.ルメール騎手は相棒を庇ったが、60キロを背負ったベルダーイメルに2着争いで敗れたことはいただけない。春にはUAEダービー(G2)で4着に善戦するなど、世代をリードしてきたトップホースだが、その座が危うくなってきた。

「今年の3歳牡馬は芝路線こそ、昨日の毎日王冠(G2)をエルトンバローズが勝ち、夏の新潟記念(G3)でもノッキングポイントが勝利、札幌記念(G2)でトップナイフが2着に善戦するなど、ここに来て評価が高まっています。

その一方で、ダート路線はジャパンダートダービー(G1)で2着だったキリンジが先月のシリウスS(G3)で12着、3着だったミトノオーも日本テレビ盃(G2)で6着に敗れるなど、春に活躍した世代のトップホースが古馬の壁に跳ね返されている印象です。グリーンチャンネルCでは、オメガギネスが頑張ってくれましたが、実績馬のペリエールはやや物足りない印象でしたね」(競馬記者)

ペリエール撃沈は「三冠馬ミックファイア誕生」のジンクス!?

 記者曰く、あくまで「根拠のない偶然」としながらも、競馬界には「三冠馬が出現した世代は走らない」というジンクスのようなものがあるという。

「牝馬はそうでもないのですが、牡馬は例えばコントレイル世代のサリオス、アリストテレス、オルフェーヴル世代のウインバリアシオン、ディープインパクト世代のアドマイヤジャパンやシックスセンス、古くはナリタブライアン世代のエアダブリンなど、世代のNo.2、3と評価されたトップホースたちが何故か大きなケガに見舞われたり、伸び悩んだりする傾向にあります。

その点で、今年は地方馬から久々に三冠馬ミックファイアという超大物が出ました。あくまで根拠のない偶然なのですが、今年のダート3歳馬も過去のジンクス通りにならなければ良いのですが……」(同)

 10月1日時点の3歳馬の賞金ランキングでは、ミックファイアがNHKマイルC(G1)を勝ったシャンパンカラーを抜いて全体4位にランクイン。世代ダートNo.2のヒーローコールも全体8位と奮戦しているが、こちらも地方所属馬だ。

 JRA所属のダート馬となると、ミトノオーの全体23位がトップ。芝が主流の日本競馬だけにランキングの低さは仕方ないが、次点の24位ペリエールも敗れてしまった。

 ちなみに前回ダート三冠馬が出現したのは、トーシンブリザードの2001年。この世代からはクロフネという超大物が誕生しているが、辿った経緯からは今年のUAEダービーで2着したドゥラエレーデのように生粋のダート馬とは言えないかもしれない。

 生粋のダート馬としては6歳になって本格化し、G1を5勝したタイムパラドックスが挙げられる。今年の3歳ダート馬からもジンクスを覆す「遅咲きの大器」が出現するだろうか。グリーンチャンネルCを圧勝したオメガギネスを含め、遅れてくる素質馬たちの動向にも注目しておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

単勝1.8倍ペリエール撃沈は「三冠馬ミックファイア誕生」のジンクス!? コントレイル、ディープインパクトら歴史的名馬誕生の裏で苦しんだライバルたちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ