GJ > 競馬ニュース > 藤田晋オーナー「2.8億円」凱旋門賞馬の弟がデビュー! 横山武史はエフフォーリア、ソールオリエンスに続く大物ゲットか
NEW

藤田晋オーナー「2.8億円」凱旋門賞馬の弟がデビュー! 横山武史はエフフォーリア、ソールオリエンスに続く大物ゲットか

【この記事のキーワード】, , ,
藤田晋オーナー「2.8億円」凱旋門賞馬の弟がデビュー! 横山武史はエフフォーリア、ソールオリエンスに続く大物ゲットかの画像1
撮影:Ruriko.I

 現在TVアニメ第3シーズンが放送中で、毎週話題となっている『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)や、各種スポーツ中継で知名度が向上した『ABEMA』などを展開するサイバーエージェント・藤田晋氏。藤田氏は中央競馬の馬主としても有名で、初年度の所有馬からいきなりジャングロが重賞(ニュージーランドT・G2)を勝利したことでも話題となった。

 しかしながら、2022年のニュージーランドT以降は、藤田氏の所有馬は重賞勝利から遠ざかっている。所有馬のエース格であるジャングロも、アイビスSD(G3)6着、セントウルS(G2)6着、オパールS(L)13着と、今年の成績は一息な状況だ。

 そうなると、自然と期待の目は新しい世代、つまり現・2歳世代へと向けられる。

 実際、藤田氏の今年の2歳世代は非常に調子がよく、特にボンドガールは、新馬戦を快勝すると、次走サウジアラビアロイヤルC(G3)で2着に入るなど活躍中。次走の阪神ジュベナイルF(G1)も主役候補の1頭だ。

シンエンペラーは横山武史騎手の新たな「相棒」となるか

 そんな藤田氏の2歳馬でシンエンペラー(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)もまた、活躍を期待されている1頭だ。管理する矢作調教師がフランス・オーガストイヤリングセールにおいて210万ユーロ(当時のレートで約2億8000万円)で落札、2020年凱旋門賞馬ソットサスの全弟という超大物候補だ。

 そんなシンエンペラーが4日の東京・芝1800mの新馬戦で、いよいよデビューすることになった。

 父Siyouniという血統もあって日本の馬場に合うか不明の中、あえて今の超高速馬場の東京・芝1800mをデビューの舞台に選んだあたり、矢作調教師にも勝算があるのだろう。

藤田晋オーナー「2.8億円」凱旋門賞馬の弟がデビュー! 横山武史はエフフォーリア、ソールオリエンスに続く大物ゲットかの画像2
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

 そして、鞍上には若手No.1との呼び声も高い横山武史騎手が抜擢された。最高の相棒だったエフフォーリアが今年2月の京都記念(G2)で志半ばで引退となってしまったものの、ソールオリエンスと今年の皐月賞(G1)を制した。

 ただ、現在は来年のクラシックを強く意識できるような大物2歳とは出会っていないだけに、大物候補と噂されるシンエンペラーへの期待は小さくはないはずだ。

 果たして、シンエンペラーは初陣で噂に違わぬ大物ぶりを発揮するのか。横山武騎手が「来年はこの馬」と思えるような走りを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

藤田晋オーナー「2.8億円」凱旋門賞馬の弟がデビュー! 横山武史はエフフォーリア、ソールオリエンスに続く大物ゲットかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス