GJ > 競馬ニュース > 【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ち
NEW

【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ち

【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ちの画像1

 今回は春の安田記念(G1)に向けたマイル重賞、東京新聞杯(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まずシルクロードS(G3)だが、△ルガルが強い勝ち方で高松宮記念(G1)へ向けてアピールしたものの2着、3着がノーマーク……。アグリに関しては当然来てもおかしくはないと思ったものの、人気になるのを嫌って切ったまで。エターナルタイムはスプリント初挑戦がどう出るかに加えて休み明けなのもあって検討外に。こう素直に決まってしまうと穴党には出番がない。

 そして根岸S(G3)だが、自信を持って◎を打ったタガノビューティーが出負け。▲アームズレインが2着に来たのはいいが、結局1着、3着はノーマークの人気馬が来てしまったのでどちらにしても完敗である。こちらも堅く決まってしまったので、出番なしであった。

 予想に戻ろう。

 それでは、いつものようにまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにする。
京都金杯 6頭
エリザベス女王杯 5頭
マイルCS、阪神C 各3頭
ニューイヤーS(L、OP)、キャピタルS(L、OP)、元町S(3勝クラス) 各2頭
菊花賞、秋華賞、中山金杯、ターコイズS 各1頭
条件特別(3勝クラス) 3頭
となっている。京都金杯(G3)からの臨戦が多いのはマイルのローテーションとしては順当だが、意外にもエリザベス女王杯(G1)からの転戦で結果を出している牝馬が多い。別定戦だが、前走条件戦からでも案外通用しているので、勢いのある馬は要チェックだろう。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 1-1-2-6
2番人気 0-1-2-7
3番人気 3-1-1-5
4~6番人気 5-5-4-16
7~9番人気 1-1-0-28
10番人気以下 0-1-1-56
となっている。上位人気が押し並べてアテにしづらい。3番人気が好調だが、近5年で絞ると1頭しか馬券に絡んでいない。中穴クラスの好走が目立ち、実績はあるものの近走成績がイマイチで人気を落としている馬をピックアップするのがいいかも知れない。

【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ちの画像2
トゥードジボン 撮影:Ruriko.I

 これらを踏まえて「◎」は13番トゥードジボンとする。

 前走は京都金杯。内枠から好スタートを切って3番手につける積極策で進める。ハイペースで流れていき、前残り展開で直線よく粘ったが、後ろから来た馬に交わされて3着となった。

 明け5歳で、昨年いっぱいを使って条件戦からの脱出に成功。前走は今年初戦かつ3歳時以来の重賞となったが2勝クラス、3勝クラスを連勝してきた勢いそのままに3着と好走してみせた。

 陣営からは「前走あまり良くない馬場で、内容のあるいいレースをしてくれた」と高評価。初の東京コースは「使ってみたかった」と前向きな姿勢で「今後に向けて、いいレースをしてくれれば」と色気のあるコメントを出している。

 左回りコースは中京で2度走り3着、2着と不向きでないことは証明できている。ただ、レース傾向としては昨年こそ見事な逃げ切りで決まったが、基本は差し・追い込み勢有利。この馬も控える競馬はできるが、前走のように3番手あたりから押し切る競馬が理想型か。

 いずれにせよ、ここ4走がすべて馬券圏内の勢いもあり、左回りも初めてではないので買える要素は十分。意外に人気もなさそうなだけに馬券妙味もあり、本命に推したい。

【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ちの画像3
フリームファクシ 撮影:Ruriko.I

「○」には穴馬15番フリームファクシを挙げたい。

 前走は同じく京都金杯で、こちらは中団に控える競馬。直線よく追い込んできたが5着と掲示板止まりだった。

 昨年は同時期のきさらぎ賞(G3)を3連勝で制し、クラシックの有力候補に躍り出た。だが、皐月賞(G1)9着、日本ダービー(G1)10着と結果を残せず、2走前のチャレンジC(G3)で古馬と初対戦となるも8着。

 陣営は「前走は内側有利の馬場で外からの競馬になり、5着になったが悲観はしていない」と前向きに振り返っている。「マイルで折り合いも良く、上積みも見込めそう」で「広い東京なら、さらに前進があるはず」と強気のコメント。

 全体的に持ち時計が足りない感はある上に、◎トゥードジボンもそうだが外枠に今ひとつ良績が残っていないレースなのは気がかりではある。だが、こちらも元々のポテンシャルは高い馬と見て、敢えての対抗評価としたい。

【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ちの画像4
コナコースト 撮影:Ruriko.I

「▲」は12番コナコーストを推す。

 前走はターコイズS(G3)。外枠スタートから中団まで下げて控える競馬に。スローペースで流れていき、直線では前残り展開。入り口で後ろにいただけに伸びきれず10着に大敗した。

 明け4歳馬で、クラシックではチューリップ賞(G2)2着から本番の桜花賞(G1)2着と好走して見せたものの、オークス(G1)では3番人気に推されながら7着に敗退。秋華賞(G1)でも8着と見せ場がなく、前走は古馬との初対戦でもいいところがなかった。

 陣営は前走について「外枠からのスタートで、内から前に行く馬に行かれてしまった上に、スローペースで力を出し切れなかった」とコメント。前走後は短期放牧に出して「先週きっちり追ったので状態は良くなっている」として「鞍上を替えて違ったところを見せてくれれば」と期待をしている様子。

 今回テン乗りとなる戸崎圭太騎手は、今年重賞勝ちこそないものの、中山金杯(G3)と東海S(G2)で2着を確保し、いいところを見せている。馬自体はオークスの敗戦以降、上がり目らしいところを見せてはいないが、G1で2着に入るポテンシャルを持っている。時計の裏付けもあるだけに、ここで一変する可能性は十分にあるはずだ。


「△」は人気の一角になるであろう7番ジャスティンカフェと、穴馬16番アヴェラーレの2頭とする。

 ジャスティンカフェの前走はマイルCS(G1)で、内目の枠から出遅れて、中団後ろ目につけて追走。平均ペースで流れ、直線では追い込み勢の争いとなり、いい脚で追い込んで来るも3着となった。

 明け6歳で一昨年の春にオープン入り。今ひとつ勝ちきれないレースが続いたが、昨年のエプソムC(G3)でようやく重賞初制覇。秋の毎日王冠(G2)では出遅れもあって7着といいところがなかったが、本番の前走で見事に巻き返して好走してみせた。

 陣営は前走について「突き抜けるような脚で伸び、改めて能力の高さを実感した」と評価。年齢を重ねてどっしりとしてきており「以前より稽古も負荷をかけられるようになった」ことで「今回もきっちり仕上がった」とコメントしている。

 昨年のこのレースでは逃げ馬にまんまと逃げ切られて4着と掲示板止まりになったが、上がり33秒台の脚をコンスタントに使える強みがあり、後方からの競馬でも結果を残せるようになっているのは確か。

 ここ2戦出遅れているのは多少気がかりではあるが、距離こそ違えど東京コースで重賞制覇しているだけに、人気になっていても押さえる必要はあろう。


 アヴェラーレの前走は京都金杯で、中団後ろ目につけて直線で追い込んできたが、届かず4着に終わった。

 明け6歳の牝馬だが、昨春にようやくオープン入り。オープン初戦の京王杯スプリングC(G2)で4着と気を吐くと、続く関屋記念(G3)で重賞初勝利。スワンS(G2)は出遅れて7着に沈んだが、前走で息を吹き返した感がある。

 陣営は前走で引退させるつもりだったようだが「不完全燃焼だったため続戦が決まった」とコメント。馬体の張りもカイ食いも良く「非常に良い状態」ということで「能力を出し切ればチャンスはあるはず」と強気である。

 戦績を見るに1400m戦よりマイルの方が良績があり、1400mでは多少短い。牝馬らしい切れ味のある馬で、上がり33秒台どころか32秒台すら繰り出し、破壊力抜群。大外枠がどう出るかという部分はあるが、東京は3勝を挙げている好相性の舞台であり、勝負気配濃厚かつ不人気で馬券妙味もあるので一発に期待して押さえたい。

 人気しそうな6番マスクトディーヴァと9番ウンブライルは切り。マスクトディーヴァの陣営から「秋華賞の状態には及ばない」「初のマイルで牡馬の強い面々と斤量差もほとんどない中で戦うので楽ではない」というコメントが出るなど、どちらの陣営も慎重な姿勢を崩さないだけに人気になるなら買いたくない。

 ということで、今回は7番、12番、13番、15番、16番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。マスクトディーヴァに一本被りする可能性があるので、飛んでしまえば一気に高配当も望めるはずだ。

【東京新聞杯(G3)予想】「心配コメント」連発のマスクトディーヴァは切り! 前走・京都金杯勢を中心に狙い撃ちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  4. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  5. 武豊×福永祐一厩舎、C.ルメール×木村哲也厩舎の期待馬が「直前回避」…競走馬が無事にデビュー戦までこぎ着けることの難しさ
  6. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  7. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  8. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは