GJ > 競馬ニュース > 【オーシャンS(G3)】トウシンマカオ「右回りの1200mはベストも…」キミワクイーン「輸送時間の短い中山は好材料」栗東・美浦からマル秘情報到着! 高松宮記念(G1)に弾みをつけるのは
NEW

【オーシャンS(G3)】トウシンマカオ「右回りの1200mはベストも…」キミワクイーン「輸送時間の短い中山は好材料」栗東・美浦からマル秘情報到着! 高松宮記念(G1)に弾みをつけるのは

【オーシャンS(G3)】トウシンマカオ「右回りの1200mはベストも…」キミワクイーン「輸送時間の短い中山は好材料」栗東・美浦からマル秘情報到着! 高松宮記念(G1)に弾みをつけるのはの画像1
トウシンマカオ 撮影:Ruriko.I

 2日、中山競馬場ではオーシャンS(G3)が行われる。今年も高松宮記念(G1)を見据え、スピード自慢が激突することになっているが、そんな一戦を控えた各陣営の情報が編集部に届けられた。その一部を紹介していこう。

 早くからスプリント路線で才能を発揮してきたトウシンマカオ(牡5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)。

 昨年の夏は函館スプリントS、キーンランドCとふたつのG3競走で3着と結果を残した。だが、横山和生騎手と新たにコンビを結成し、飛躍が期待されたスワンS(G2)では果敢に逃げるも、1400mということもあってか脚が持たず9着に終わっていた。

 しかし、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ京阪杯(G3)では新コンビを組んだ菅原明良騎手と躍動。道中は控えて中団を進むと、4角で外を回り進出。大外から鋭い脚を発揮しライバルをごぼう抜きにして、見事に連覇を達成している。

「昨年の京阪杯後、放牧に出されて馬体を増やして帰厩したようです。稽古を見ると、追われるたびに動きが良くなっていますね。今回が初めての中山となりますが、トウシンマカオにとって、右回りの1200mはベストの条件ですので期待は十分。高柳瑞師も『雨が少し心配ですが、極端に馬場が悪くならなければ力は出せます』と自信をのぞかせていました」(美浦関係者・A)

 昨年の高松宮記念は5番人気に支持されたが、不良馬場での開催も影響し15着と大敗。今年、リベンジを果たすためにも前哨戦で結果を残したいところだろう。

【オーシャンS(G3)】トウシンマカオ「右回りの1200mはベストも…」キミワクイーン「輸送時間の短い中山は好材料」栗東・美浦からマル秘情報到着! 高松宮記念(G1)に弾みをつけるのはの画像2
キミワクイーン 撮影:Ruriko.I

 M.デムーロ騎手と再コンビを組むキミワクイーン(牝5歳、美浦・奥村武厩舎)はここでの復活を期待されている。

 昨年の函館SSで重賞初制覇。だが、その後はキーンランドC7着、スプリンターズS(G1)10着。2番人気と支持を集めた京阪杯も11着と大敗していた。

「前走は-10kgでの出走と体重も減りすぎていましたが、今回はパワーアップして戻ってきたそうです。十分に回復しているので、直前の追い切りの動きも悪くはありませんでしたよ。奥村武師は『輸送時間の短い中山はありがたい。好勝負も見込めます』と期待していましたよ」(美浦関係者・B)

 クイーンの復活なるか。

 ビッグシーザー(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)は重賞初勝利を狙う。

「前々走の京阪杯から坂井瑠星騎手とタッグを結成。そこでは内枠から逃げに打って出るも他馬が寄ってきた影響もあり、すんなりと進むことはできない厳しい展開になりました。それでも粘って5着に入っているので力があるところを見せています。

 そして臨んだ前走の淀短距離S(L)は完勝。坂井騎手もいい感触を掴んでいるようです。スタッフは『前進気勢も出てきていていい傾向にある。ここで賞金加算といきたいです』と声を弾ませていました」(栗東関係者・A)

 高松宮記念に向けて視界は良好?

 すでに今年重賞2勝をあげているR.キング騎手が騎乗するのはバルサムノート(牡4歳、栗東・高野友和厩舎)。

 前々走の浜松S(3勝クラス/1400m)を快勝してOP入り。前走の北九州短距離S(OP)で初のスプリント戦に挑むも4着だったが、2着3着とはタイム差なしのクビ差の惜敗。短距離適性を見せ始めている。

「前走でスプリント戦にしっかりと対応して、ポテンシャルの高さを見せています。これまで課題だった右にモタれる口向きも少しずつ改善されているようです。押さえるべき馬として覚えておいてもいいかもしれないです」(栗東関係者・B)

 春のスプリント王を見据える競走馬が集ったオーシャンS。発走は2日15時45分を予定している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【オーシャンS(G3)】トウシンマカオ「右回りの1200mはベストも…」キミワクイーン「輸送時間の短い中山は好材料」栗東・美浦からマル秘情報到着! 高松宮記念(G1)に弾みをつけるのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配