GJ > 競馬ニュース > 【金鯱賞】現4歳世代の最後の希望ドゥレッツァも不安だらけ?ソールオリエンス、タスティエーラが見せた「最弱世代」の評価を覆せるか?
NEW

【金鯱賞】現4歳世代の最後の希望ドゥレッツァも不安だらけ?ソールオリエンス、タスティエーラが見せた「最弱世代」の評価を覆せるか?

【この記事のキーワード】, ,
【金鯱賞】現4歳世代の最後の希望ドゥレッツァも不安だらけ?ソールオリエンス、タスティエーラが見せた「最弱世代」の評価を覆せるか?の画像1
ドゥレッツァは菊花賞で皐月賞馬と日本ダービー馬を圧倒したが、ここでの扱いは微妙

■現4歳世代の評価を決定する一戦になるか

 今週末に行われる金鯱賞(G2)最大のポイントは、1番人気が確実な昨年の菊花賞(G1)馬ドゥレッツァの取捨選択だ。この馬をどう扱うかで、馬券の内容そのものが大きく変わるだろう。

 だがその菊花賞で破った皐月賞(G1)馬ソールオリエンス、日本ダービー(G1)馬タスティエーラといった同世代のクラシック馬が、その後の有馬記念(G1)で見せ場もなく大敗したことで、現4歳世代の評価は今一つ。ファンの間では「最弱世代」と呼ばれるほどだ。

 その低評価を覆す存在として、ファンから“最後の希望”と期待されるドゥレッツァは、金鯱賞をステップに天皇賞・春(G1)を目指すが、前哨戦となる金鯱賞の扱いが微妙なのは間違いない。そこで競馬の達人が集結した「マスターズ」に、ドゥレッツァの最新情報や不安要素、さらに金鯱賞で買うべき馬に関して話を聞いた。

 マスターズによれば、今回のドゥレッツァには多くの不安要素があるという。まずは斤量の59kg。同馬はこれまで57kgまでしか経験がなく、この2kg増は未知の世界。そして久々の2000mも懸念されるところ。6戦5勝で唯一負けたのが2000m戦であり、勝利したレースでも2着との差はわずかだった。さらに結果が出ていない現4歳世代もネック。今年の1800m以上のG2戦では全敗となっており、中山記念(G2)はエルトンバローズとソールオリエンス、京都記念(G2)はベラジオオペラ、日経新春杯(G2)もサヴォーナとサトノグランツ、アメリカジョッキークラブC(G2)はショウナンバシットと、すべて敗退。さらにドゥレッツァは菊花賞の疲れで有馬記念を回避したように、もともと体質が強くない。ゆえに天皇賞・春を前に、ここで反動の出るような仕上げでは出走しないという。つまり状態は菊花賞に及ばず、馬体にも余裕があるとのことで、そこにヤマニンサルバムやエアサージュ、ノッキングポイントなど他馬が付け入る隙があるようだ。

【金鯱賞】現4歳世代の最後の希望ドゥレッツァも不安だらけ?ソールオリエンス、タスティエーラが見せた「最弱世代」の評価を覆せるか?の画像2
競馬界を動かすのは馬主、調教師、騎手の三者であり、その情報の価値は大きい

 ではどの馬を買えばいいのか、当然のことながらマスターズはすでにその答えに辿り着いている。マスターズは競馬界の達人と呼ばれる競馬関係者が集結したプロ集団。特に現代競馬を動かす【馬主・調教師・騎手】の三大情報を完璧にカバーしており、

【出走させる馬主の思惑】

【管理する調教師の狙い】

【レースに挑む騎手の作戦】

 を各方面からの情報をもとに徹底的に把握し、達人の視点で分析して結論を導き出している。その実績は昨年の万馬券的中数239本、最高配当50万8770円(九州スポーツ杯)という成績で証明。金鯱賞は過去7年で5勝、昨年は勝利したプログノーシスを本命に、馬連1250円を2点目で的中させたほか、3連複4420円、3連単1万4340円の万馬券も仕留めている。今年も勢いはそのままに万馬券を連発し、2本の10万馬券を的中させたほか、重賞でもきさらぎ賞(G3)の3連単4万9730円などを的中。まさに文句なしの実力だ。

【金鯱賞】現4歳世代の最後の希望ドゥレッツァも不安だらけ?ソールオリエンス、タスティエーラが見せた「最弱世代」の評価を覆せるか?の画像3
16番人気1着グラストンベリーの激走を見抜いた衝撃の50万馬券(九州スポーツ杯)

 そのマスターズは今週末の金鯱賞にも絶大な自信を見せており、ドゥレッツァを上回る勝負馬、さらにマスコミでは把握できない強力な穴馬の存在も確認済み。昨年に続く万馬券的中に大きな手応えを感じているようだ。

 これほどの内容であれば、誰もがその情報で金鯱賞を勝負したいと考えるはず。するとマスターズは

【馬主・調教師・騎手情報によって絞り込まれた金鯱賞の馬連3点勝負】

 を無料で公開すると発表。この情報があれば、ドゥレッツァの取捨選択だけでなく、金鯱賞で何を買うべきか迷うことはない。レースが終わって後悔することのないように、必ずやマスターズが提供する金鯱賞の無料情報をしっかりチェックしておこう。

CLICK→特別無料公開!【金鯱賞「馬連3点勝負買い目!」】マスターズ

※本稿はPR記事です。

【金鯱賞】現4歳世代の最後の希望ドゥレッツァも不安だらけ?ソールオリエンス、タスティエーラが見せた「最弱世代」の評価を覆せるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?