GJ > 競馬ニュース > 名門所属の良血馬がデビュー戦「5馬身差」ノーステッキ圧勝劇! 出世レースを無敗で制したクラシック候補に続く「超新星」現る
NEW

名門所属の良血馬がデビュー戦「5馬身差」ノーステッキ圧勝劇! 出世レースを無敗で制したクラシック候補に続く「超新星」現る

【この記事のキーワード】, ,
名門所属の良血馬がデビュー戦「5馬身差」ノーステッキ圧勝劇! 出世レースを無敗で制したクラシック候補に続く「超新星」現るの画像1
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 3日、阪神4Rに行われた3歳未勝利(芝1600m)は、これが初出走だった3番人気ジュンヴァンケット(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)と岩田望来騎手のコンビが5馬身差の圧勝を決めた。

 キズナ産駒の同馬は母ピクシーホロウという血統。この名前にピンときたファンも多そうだが2021年スプリンターズS(G1)の覇者で昨年末をもって引退、種牡馬入りしたピクシーナイトの半弟だ。21年のセレクトセールにおいて1億1000万円(税込)という高値で取引された期待の良血馬である。

 昨年11月にゲート試験に合格したが、管理する友道調教師いわく「まだ緩さがある」とのことで放牧に出された。既走馬相手のデビュー戦となったことから、この血統でも3番手評価だったことも無理はなかったか。

 レースでは15頭立ての中団後ろを追走。外目で先行勢を見ながら終始スムーズなレース運びで最後の直線を向いた。

 鞍上のゴーサインが出るとすぐに反応し、まさに矢のような伸びで先行各馬を一気に飲み込んだ。岩田望騎手は最後までノーステッキだったが、それでもライバルたちを5馬身以上も置き去りにしてしまった。

「ここは前走2着のミッキースターダムやリチャードバローズなどのいる骨っぽいメンバー構成でしたが、初出走でこれだけ差をつけたジュンヴァンケットは力がワンランク以上抜けていたみたいですね。

上がり3ハロンもメンバー唯一の33秒台となる33秒4だった上、2位のそれを0秒8も上回ったのだから文句なしです。初陣こそやや遅れましたが、これは楽しみな馬が現れましたよ」(競馬誌ライター)

ジャスティンミラノに続く「超新星」現る

 インパクト大の走りでデビュー勝ちを決めたジュンヴァンケットにはレース後、SNSやネット掲示板でも「ひさびさに度肝を抜かれる勝ちっぷりだった」「強すぎワロタ」「すでに重賞級なのでは」「ピクシーナイトに続く活躍を期待」といった称賛の声が多数寄せられた。

 また所属する友道厩舎は同じキズナ産駒のジャスティンミラノがデビュー2連勝で出世レースの共同通信杯(G3)を制し、一気に牡馬クラシックの主役候補に躍り出ているが、3歳世代にまた新たな超新星が誕生したといえそうだ。

「半兄ピクシーナイトはマイル以下の重賞2勝、同じく半兄のフェーングロッテンもラジオNIKKEI賞(G3)制覇と1800m以下で実績が目立っていますが、ジュンヴァンケットに関しては初戦を見る限りだと距離延長にも対応できそうな印象を持ちました。

日本ダービー(G1)3勝を誇る名トレーナー・友道調教師がこの先どのような舵を取るか非常に楽しみですね」(同)

「道中もスムーズでしたしラストは見ての通り弾けてくれました。血統的にも期待している馬ですからこれからが楽しみです」

 レースで騎乗した岩田望騎手も将来性を高く評価したジュンヴァンケットの走り。遅れてきた大器の次戦に引き続き注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

名門所属の良血馬がデビュー戦「5馬身差」ノーステッキ圧勝劇! 出世レースを無敗で制したクラシック候補に続く「超新星」現るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感