GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「G1完全制覇」リーチの武豊に接近も!? 「素晴らしい弾けっぷり」「G1でもやれる」横山武史も大絶賛の超強力パートナーと高松宮記念へ
NEW

C.ルメール「G1完全制覇」リーチの武豊に接近も!? 「素晴らしい弾けっぷり」「G1でもやれる」横山武史も大絶賛の超強力パートナーと高松宮記念へ

C.ルメール「G1完全制覇」リーチの武豊に接近も!? 「素晴らしい弾けっぷり」「G1でもやれる」横山武史も大絶賛の超強力パートナーと高松宮記念への画像1
トウシンマカオ 撮影:Ruriko.I

 2日のオーシャンS(G3)を快勝したトウシンマカオ(牡5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)がC.ルメール騎手との新コンビで24日の高松宮記念(G1)に向かうことが分かった。

 前走はもともと菅原明良騎手が騎乗する予定だったが、急性虫垂炎のため急遽、横山武史騎手に乗り替わり。本番ではどちらのジョッキーが跨るのか注目も集まったが、白羽の矢が立ったのは目下全国リーディングジョッキーであるルメール騎手だった。

 同馬にはこれまで一度も騎乗した経験がないだけに、意外な人選だったかもしれない。ただトウシンマカオを管理する高柳瑞厩舎の代表馬スターズオンアースの主戦を務めていることを考えると、あながちありえない選択肢でもなかったか。

 なおトウシンマカオについては横山武騎手がオーシャンSのレース後、「素晴らしい弾けっぷりでした。能力はG1でもやれると思います」と勝ちっぷりを絶賛し、「次はさらに良くなるのではないでしょうか」と本番へ向けた上積みにも太鼓判を押していた。

 テン乗りにはなるものの最強ともいえるパートナーを獲得したのだから、高松宮記念では最有力馬の1頭となるに違いない。

C.ルメール「G1完全制覇」リーチの武豊に接近も!?

C.ルメール「G1完全制覇」リーチの武豊に接近も!? 「素晴らしい弾けっぷり」「G1でもやれる」横山武史も大絶賛の超強力パートナーと高松宮記念への画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 そんなトウシンマカオに騎乗することになったルメール騎手は、ここまでJRAに24あるG1レースのうち高松宮記念、大阪杯(G1)、朝日杯フューチュリティS(G1)を除くレースをすでに制している。

 仮に今回トウシンマカオと高松宮記念を勝つとG1完全制覇まで残りあと2つとなり、ホープフルS(G1)でリーチをかけている武豊騎手に急接近することとなる。

 ルメール騎手が高松宮記念と大阪杯を残しているのは、毎年のように参戦しているドバイワールドカップデーと開催時期が重なるからだろう。実際に高松宮記念には過去、2016年と19年の2回しか騎乗した経験がない。

 ただ今年はドバイが高松宮記念の翌週に開催されるため騎乗可能となった。そのぶん時期が重なることとなる大阪杯の制覇は来年以降に持ち越しとなりそうなわけだが、それでも場合によってはレジェンドよりも早期のコンプリートも見えてくるかもしれない。

「JRA・G1完全制覇は武豊騎手も『全部そろえたいという気持ちはある』と話すなど、間違いなく意識している記録。2021年にリーチをかけてからやや足踏みしていますが、今年の高松宮記念の結果次第では先を越されまいかと焦りも生じてくるかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 まだ手にしたことのG1タイトルだけに、トウシンマカオの手綱を取るルメール騎手にとっても気合の入る一戦になるだろう。順調にレース当日を迎えてくれることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「G1完全制覇」リーチの武豊に接近も!? 「素晴らしい弾けっぷり」「G1でもやれる」横山武史も大絶賛の超強力パートナーと高松宮記念へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?