GJ > 競馬ニュース > 桜花賞(G1)2歳女王アスコリピチェーノに暗雲!? 落馬復帰の北村宏司「炎の4番勝負」まさかの最下位スタート…
NEW

桜花賞(G1)2歳女王アスコリピチェーノに暗雲!? 落馬復帰の北村宏司「炎の4番勝負」まさかの最下位スタート…

【この記事のキーワード】, ,
桜花賞(G1)2歳女王アスコリピチェーノに暗雲!? 落馬復帰の北村宏司「炎の4番勝負」まさかの最下位スタート…の画像1
ヒップホップソウル 撮影:Ruriko.I

 9日、中山競馬場で行われた中山牝馬S(G3)は、5番人気のコンクシェルが勝利。期待されたヒップホップソウル(牝4歳、美浦・木村哲也厩舎)は、2番人気に推されながらも、まさかの最下位16着に終わってしまった。

 フラワーC(G3)、紫苑S(G2)と中山の重賞で2度の2着があるヒップホップソウルにとって今回は絶好の舞台に思われたが、好位につけたものの3コーナーで早々に後退……。ほぼ見せ場なしという敗戦に、鞍上の北村宏司騎手も「バテたというよりは、脚を取られたという感じの負け方でした」とお手上げの様子だった。

 だが、下を向いている場合ではない。何故なら、この43歳の大ベテランにとって復権を懸けた「4番勝負」は、まだ幕を開けたばかりだからだ。

 昨年、度重なる落馬負傷を乗り越え、新潟2歳S(G3)で約5年ぶりの重賞制覇を飾った北村宏騎手。全国の競馬ファンに復活を印象付けると、その翌週にも新潟記念(G3)を勝利。12月には阪神ジュベナイルF(G1)を勝ち、キタサンブラックの菊花賞(G1)以来、約8年ぶりのG1制覇を果たした。

 まさに「北村宏司、ここにあり」を告げた2023年だったが、今年の年明けにまたも落馬負傷……。右鎖骨骨折を乗り越えて戦列に復帰したのが、この日だった。

「ここまで計画通りにきている」と本人が話している通り、中山牝馬Sこそ残念な結果に終わったが、5Rで2着するなど健在ぶりをアピール。身体に問題がない以上、求められるのは「結果」に他ならない。復帰早々になるが、ここから1か月間は北村宏騎手の今後を占う上でも非常に大事な期間になるはずだ。

 ヒップホップソウルの中山牝馬Sに続く「4番勝負」第2戦は、16日のファルコンS(G3)に出走するシュトラウス(牡3歳、美浦・武井亮厩舎)だ。

 昨秋、出世レースとして有名な東京スポーツ杯2歳S(G2)を勝ったシュトラウス。しかしT.マーカンド騎手とコンビを組んだ前走の朝日杯フューチュリティS(G1)ではスタートで遅れながらも、ハナを切るチグハグなレースで10着に大敗。2番人気を裏切ってしまった。当然、これが本来の走りでないことは明らかで、テン乗りになる北村宏騎手の手腕が問われる。

桜花賞(G1)2歳女王アスコリピチェーノに暗雲!? 落馬復帰の北村宏司「炎の4番勝負」まさかの最下位スタート…の画像2
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 続く「4番勝負」第3戦は、2歳女王アスコリピチェーノ(牝3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)と挑む桜花賞(G1)だ。

 初コンビを組んだ昨夏の新潟2歳Sで勝利を挙げると、2歳女王決定戦となる阪神JFも勝利。アスコリピチェーノは、北村宏騎手にとっても復活の象徴といえる存在だ。桜花賞にはぶっつけ本番となるが、落馬負傷でどの道乗ることができなかった北村宏騎手にとっては不幸中の幸いといえるだろう。「4番勝負」の中でも、最も大事な一戦になる。

 桜花賞の翌週に行われるアーリントンC(G3)には、ポッドテオ(牡3歳、美浦・畠山吉宏厩舎)と参戦する。これが「4番勝負」の第4戦だ。

 通算8戦2勝と目立った戦績ではないが、3着以内率100%という堅実派。相手なりに走る本来の能力を発揮できれば、NHKマイルC(G1)の優先出走権も見えてくる。場合によっては、すでにシュトラウスとのコンビでNHKマイルC参戦ということになっているかもしれないが、こちらも捨てがたい好素材だ。

 これまでの実績や昨年の復活が示す通り、本来の実力さえ発揮できればトップジョッキーにも引けを取らない北村宏騎手。離脱の影響で今年まだ1勝止まりと存在感が消えかかっているだけに、春の大舞台で猛アピールしたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

桜花賞(G1)2歳女王アスコリピチェーノに暗雲!? 落馬復帰の北村宏司「炎の4番勝負」まさかの最下位スタート…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感