GJ > 競馬ニュース > 【桜花賞】「主役不在」は牡馬に限らず牝馬も同様?アスコリピチェーノ、ボンドガールに不安材料…不作のトライアル組よりも期待したいのは
NEW

【桜花賞】「主役不在」は牡馬に限らず牝馬も同様?アスコリピチェーノ、ボンドガールに不安材料…不作のトライアル組よりも期待したいのは

【桜花賞】「主役不在」は牡馬に限らず牝馬も同様?アスコリピチェーノ、ボンドガールに不安材料…不作のトライアル組よりも期待したいのはの画像1
撮影:Ruriko.I

 春の訪れを予感させる3月半ばに差し掛かり、今週末の土曜中山では牝馬限定重賞のフラワーC(G3)、日曜中山では最後の皐月賞トライアルとなるスプリングS(G2)が行われる。

 中央競馬は24日の高松宮記念(G1)を皮切りに4週連続でG1レースが開催。後半の2週には桜花賞と皐月賞が含まれている。徐々に気温が上昇して暖かくなるとともに、春のG1シーズンを心待ちにする競馬ファンのボルテージも上がっていく。

 しかし、今年のクラシック戦線が例年に比して今ひとつ盛り上がりを欠く理由に、昨年のリバティアイランドのようなスター候補が不在であることも一因である。

 そう思わせられるのは、今年の3歳重賞で1番人気馬が裏切り続けていることも無関係ではない。ここまでの皐月賞(桜花賞)トライアルや主要なステップで9つの重賞が行われたものの2勝7敗。レースが行われるたびに勝ち馬の名前は目まぐるしく変わっている。当然ながらこれは牡馬牝馬ともに同様だ。

レガレイラの不在で牝馬クラシックの混戦に拍車

 牡馬クラシックにおいて、昨年のホープフルS(G1)を快勝したレガレイラの皐月賞(G1)への出走が話題を集めているものの、例年なら主役級の扱いを受けるはずの本馬が桜花賞(G1)に出走しないため、2番手3番手の馬が複数揃っている状況となっている。

 勿論、3戦無敗で阪神ジュベナイルF(G1)を制したアスコリピチェーノが有力候補であることは間違いないのだが、本馬は距離延長に不安のあるダイワメジャー産駒だ。

 同産駒は2017年にレーヌミノルが桜花賞馬に輝いたとはいえ、距離が800m延びるオークス(G1)で13着に大敗。その他にも断然人気で16年の桜花賞を4着に敗れたメジャーエンブレムや20年に無敗の三冠馬デアリングタクトの2着に敗れたレシステンシアもいたように、相性がいい舞台とも言い難い。

 また、トライアル組がパッとしない現状だけに、阪神JFを回避したボンドガールにも期待したいところだが、こちらもアスコリピチェーノと同じダイワメジャー産駒。そうなると俄然注目を増すのは、昨年のアルテミスS(G3)を快勝したチェルヴィニアだろう。

「アルテミスSは過去にリバティアイランド、リスグラシュー、ラッキーライラック、ソダシらを輩出した出世レースですからね。底力を問われる東京のマイル戦が舞台となるだけに勝ち馬には評価が必要です。

昨年優勝したチェルヴィニアは、距離の不安がなさそうなところで他馬をリードしています。母チェッキーノは現役時代にオークスでシンハライトと接戦の2着。桜花賞を勝つようなら二冠も夢ではありません」(競馬記者)

 そんなチェルヴィニアにとって頼りになるのが、主戦のC.ルメール騎手と木村哲也調教師のコンビである。桜花賞には直行するようだが、世界最強馬イクイノックスを育てた2人だけに休み明けでも心配は無用だろう。

 結局のところ、実際にレースが終わってみないことには分からないものの、皐月賞のレガレイラ同様に、桜花賞もトライアルを使わなかった組に魅力的な馬が揃った印象。群雄割拠の様相を呈している今年のクラシックで天下取りに名乗りを上げるのはどの馬か。例年以上に難解な年となりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【桜花賞】「主役不在」は牡馬に限らず牝馬も同様?アスコリピチェーノ、ボンドガールに不安材料…不作のトライアル組よりも期待したいのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感