GJ > 競馬ニュース > 【日経賞(G2)予想】少頭数、道悪の可能性アリで厳選3頭の3連複1点で勝負!
NEW

【日経賞(G2)予想】少頭数、道悪の可能性アリで厳選3頭の3連複1点で勝負!

【この記事のキーワード】, ,

【日経賞(G2)予想】少頭数、道悪の可能性アリで厳選3頭の3連複1点で勝負!の画像1

 今回は先週の阪神大賞典(G2)と並ぶ、天皇賞・春(G1)の重要前哨戦となる伝統の長距離重賞、日経賞(G2)を予想していく。

 先週の振り返り。まずフラワーC(G3)だが「△」カンティアーモが辛うじて3着に来たものの、1着、2着はノーマーク。直線では「◎」エルフストラックが粘ったのだが、後ろから差されて僅差の5着になってしまった。惜しい競馬だった。

 一方の阪神大賞典(G2)は「○」→「△」→「△」で久しぶりの的中。予想通りテーオーロイヤルが勝ったので、「◎」ディープボンドは沈んでしまった。ワープスピードが6番人気と思ったより人気がなかったものの、残りは上位人気だったため配当は手堅いもの。予想でも書いたが、とにかく的中させることができて何よりだった。

 予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。

有馬記念 11頭
アメリカジョッキークラブC 6頭
日経新春杯 4頭
ステイヤーズS 2頭
菊花賞、ジャパンC、中山記念、中山金杯、小倉大賞典 各1頭
条件特別(3勝クラス) 2頭

 となっている。

 阪神大賞典と同じく、有力馬がここを始動戦に天皇賞・春へ臨むケースが多いせいか、前走有馬記念(G1)が最多。前走重賞組が圧倒的で、かつG2以上が大半。条件戦からの臨戦でも好走例はあるが、割引きで考えていいだろう。

 続いて人気順の成績を見ていく。

1番人気 3-3-0-4
2番人気 2-1-2-5
3番人気 2-0-1-7
4~6番人気 3-3-5-19
7~9番人気 0-2-2-26
10番人気以下 0-1-0-44

 となっている。

 受ける印象に比べると上位人気が信用しにくい。とは言え、近5年に絞ると1番人気、2番人気はともに4頭来ているので、近年の傾向としては手堅く決まっている。極端な人気薄もほとんど出番がなく、中穴クラスが上位人気の好走に割って入るイメージ。近5年では20年の9番人気がもっとも人気薄だったので、手を広げてもそのあたりまでだろう。

 そして、天候が少々怪しい。当日は開催スタート時点では曇りか雨が降っても小雨程度になりそうなのだが、このレースの時間帯前後に本降りになりそうな予報になっている。先週の阪神大賞典でも雨予報がなかったにもかかわらず、雨が降ってレースは稍重で行われた。その逆で雨が降らず、良馬場のままで開催される可能性もゼロではないが、重馬場適性は一応念頭に置いておきたい。

【日経賞(G2)予想】少頭数、道悪の可能性アリで厳選3頭の3連複1点で勝負!の画像2
ボッケリーニ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は9番ボッケリーニとする。

 このレースは昨年、一昨年と走ってどちらも2着と好走している。昨年春はこのレースのあと、鳴尾記念(G3)を勝って重賞3勝目を挙げたが、宝塚記念(G1)で凡走。その後、今年初戦の前走AJCC(G2)まで重賞3連続2着ともう一歩勝ちきれないレースが続いている。

 この馬は「鬼」レベルの重馬場巧者、加えて中山巧者でもある。道悪は7走して1度4着があるだけで、残りはすべて連対。中山も5走して有馬記念で大敗している以外はすべて馬券圏内とどちらも良績が残っている。

 2着が3回も続いている上、このレースも2年連続2着。そろそろ1着が欲しいところだろう。このメンバーで、また道悪が考えられるのであれば人気になっても本命を外すことはできない。

「○」も10番クロミナンスを挙げる。

 2走前の3勝クラスを勝ってオープン入りし、前走は初オープン・初重賞でいきなり3着に好走し、超遅咲きながら実力の一端を見せた。

 関東馬だけに主戦場が中山と東京になるのは当然だが、中山は4走して2勝3着1回と好相性。また、鬼レベルではないが、こちらも道悪が不得手ではなく、前走も不良馬場での好走である。

 というところもあって、この馬も人気するのは仕方ないだろうが、ローテーション的にも好走例が多いだけに、このレースで再度の好走は十分考えられる。

「▲」も6番シュトルーヴェを推す。

 5歳馬ながらキャリアわずか10戦、そして新馬戦と続く未勝利戦、2走前の3レースを除いてすべて連対している堅実派である。

 前走3勝クラスを勝って晴れてオープン入りしたわけだが、初オープン・初重賞のレースにここを選んだのは陣営もなかなか強気ではないだろうか。この馬は出遅れグセがあって後ろからの競馬になりがちなのだが、それでも上がり33秒台の脚があるので、直線で巻き返すことができてきた。

 このレースは長距離戦ながら、意外に前残りしやすいレース。今回のメンバーはハナを主張したい馬がいないので、一団となってレースが流れる可能性がある。そうであれば中団後ろから追い込んで馬券圏内は十分考えられる。

 不安点は少なくないが、長距離実績もあり、上位人気に割って入るならこの馬と考えて押さえてみたい。

 ということで、今回は頭数も少ないので、この6番、9番、10番の3頭で3連複1点勝負としたい。いずれも一ケタ人気になる可能性があるので、配当は期待できないが少なくともトリガミだけはないはずだ。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【日経賞(G2)予想】少頭数、道悪の可能性アリで厳選3頭の3連複1点で勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?