GJ > 競馬ニュース > 【高松宮記念】浜中俊「41連敗」でナムラクレアの悲願達成はお預け…上がり最速33秒2も勝負どころで痛恨ロス、負かした2頭がG1初制覇の厳しい現実
NEW

【高松宮記念】浜中俊「41連敗」でナムラクレアの悲願達成はお預け…上がり最速33秒2も勝負どころで痛恨ロス、負かした2頭がG1初制覇の厳しい現実

【この記事のキーワード】, ,
【高松宮記念】浜中俊「41連敗」でナムラクレアの悲願達成はお預け…上がり最速33秒2も勝負どころで痛恨ロス、負かした2頭がG1初制覇の厳しい現実の画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

 混戦模様だった今年の高松宮記念を制したのは、坂井瑠星騎手が騎乗した6番人気の伏兵マッドクール。坂井騎手もこれで5勝目のJRA・G1タイトルを手にした。先月は無敗の快進撃を続けるフォーエバーヤングとのコンビでサウジダービー(G3)も制覇。今最も勢いのある若武者といえるだろう。

 昨秋のスプリンターズS(G1)は、ママコチャのハナ差2着。レースを振り返った坂井騎手も「去年の秋に悔しい思いをしたので、ここでリベンジすることができて、本当に嬉しいです」と感無量だった。

 勝利騎手インタビューで「一番理想的なポジション」「直線も内ラチ沿いギリギリを攻めていって、思い通りのレース」と話していた通り、完璧なエスコートでパートナーを勝利へ導いた。

快進撃続く坂井騎手と浜中騎手の不運

【高松宮記念】浜中俊「41連敗」でナムラクレアの悲願達成はお預け…上がり最速33秒2も勝負どころで痛恨ロス、負かした2頭がG1初制覇の厳しい現実の画像2
浜中俊騎手 撮影:Ruriko.I

 そんな坂井騎手に対し、あと一歩のところで悲願のタイトルを取り逃がしたのが、アタマ差の2着に敗れたナムラクレアに騎乗した浜中俊騎手である。

「思い切って内を突いていきましたが、あと一歩のところでした。常に一生懸命走ってくれる馬で、結果を出すことが出来ず、悔しい思いで一杯です」

 浜中騎手に悔いが残ったのも当然だ。道中は内にピッタリつける中団から末脚勝負。最後の直線でも33秒2の鬼脚を伸ばして脚色は完全に上回った。だが、非情にも勝ち馬は先にゴールしており、掲示板にはアタマの文字が表示された。

 2022年の秋華賞(G1)で初G1勝利を挙げた坂井騎手が順調にG1タイトルを重ねているのに対し、浜中騎手は19年の日本ダービー(G1)を最後にJRAのG1レースは、これで41連敗。気が付けば5年近くも勝利の女神にソッポを向かれている状況だ。

 ただ、高松宮記念のナムラクレアに関しては、浜中騎手のツキのなさも気になった。勝負ごとにタラレバは禁物だが、結果的に勿体ないシーンもあった。

「この日伸びていた内ラチ沿いピッタリにつけた進路取りはさすがだったと思います。中途半端に外を回さないで腹を決めた好判断だったでしょう。惜しむらくは最後の直線で一度態勢を立て直したことです。

粘り込みを図るマッドクールを追撃した際、右鞭の入ったナムラクレアは左に寄れていたんです。そこからまた右に移動して追い掛けたのですが、また右鞭を入れて内に寄れてしまいました。そこからまた右に移動したようにジグザグ走行のようになったんです」(競馬記者)

 浜中騎手も命懸けで騎乗しているため、一瞬の判断を求められるタイミングだが、まっすぐ走らせることができていたらと感じられるシーンだったかもしれない。

 また、浜中騎手だけでなくナムラクレアも厳しい現実に向かうこととなった。中京開催だった昨年のシルクロードS(G3)を快勝した本馬だが、このレースの2着が昨年の高松宮記念を優勝したファストフォースであり、3着が今年優勝のマッドクールだったのだ。

 後の高松宮記念馬2頭を昨年のシルクロードSで退けながら、自身はまたしても栄冠に手が届かなかった。G1を勝てるだけの力があることは証明しているだけに、悲願達成は浜中騎手の手腕にかかっているといえそうなナムラクレア。次のG1で今度こそリベンジを成功させてほしいものである。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【高松宮記念】浜中俊「41連敗」でナムラクレアの悲願達成はお預け…上がり最速33秒2も勝負どころで痛恨ロス、負かした2頭がG1初制覇の厳しい現実のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配