GJ > 競馬ニュース > 【川崎記念】B.ムルザバエフ、武豊騎乗の上位人気馬が総崩れ…「理由は分かりません」「左回りですかね」名手もクビかしげた大波乱の顛末
NEW

【川崎記念】B.ムルザバエフ、武豊騎乗の上位人気馬が総崩れ…「理由は分かりません」「左回りですかね」名手もクビかしげた大波乱の顛末

【この記事のキーワード】, ,

【川崎記念】B.ムルザバエフ、武豊騎乗の上位人気馬が総崩れ…「理由は分かりません」「左回りですかね」名手もクビかしげた大波乱の顛末の画像1

 3日、川崎競馬場で行われた川崎記念(G1)は、金沢競馬所属の吉原寛人騎手が騎乗した7番人気の伏兵ライトウォーリアが優勝。本馬にとってもこれが嬉しい初G1勝利となった。

 2着に5番人気グランブリッジ、3着に4番人気アイコンテーラーの入った3連単の払戻は24万6620円。上位人気に推された3頭すべてが馬券圏外に敗れ、7番人気→5番人気→4番人気で決着する大波乱となった。

吉原寛人とライトウォーリアが中央馬相手に逃げ切り勝ち

「手応えは全然違ったのですが、何とか4コーナーの出口まで踏ん張ってくれれば、ワンチャンスあるなと思って乗っていました。まくり切られずに4コーナーを回れたので、そこが良かったです」

 会心の勝利を吉原騎手がそう振り返ったように、大一番で訪れた千載一遇のチャンスをしっかりとモノにした。楽勝ではなかったものの、ゴール後にすぐガッツポーズが出たあたりは、勝利を確認していたのだろう。

 11頭立てのダート2100m戦で勝ちタイムは2分15秒5(重)。終わってみれば、先手を主張してハナを奪ったライトウォーリアと2番手に付けたアイコンテーラーが、最後の直線で叩き合う、いわゆる行ったままの展開となった。

【川崎記念】B.ムルザバエフ、武豊騎乗の上位人気馬が総崩れ…「理由は分かりません」「左回りですかね」名手もクビかしげた大波乱の顛末の画像2
武豊騎手のノットゥルノは不可解な敗戦

 直線入り口で並び掛けたアイコンテーラーの手応えもよかったが、再び盛り返したライトウォーリアが叩き合いを制して粘り切った。競り負けたアイコンテーラーをゴール寸前で交わして2着に追い上げたグランブリッジも勝ち馬とアタマ差。同タイムで入線した上位3頭が横一線に並ぶ大接戦だった。

 これに対し、上位人気に支持されたセラフィックコール、グロリアムンディ、ノットゥルノは、そろって馬券圏外に完敗。これといった見せ場も作れずに凡走してしまった。

 ペースが上がったタイミングで早々と脱落したグロリアムンディは、状態面なども含めて本来のデキになかった可能性も考えられるが、5着のセラフィックコールと6着のノットゥルノに関しては、前走を楽勝しての臨戦過程。上り調子で臨んだ一戦だっただけに少々気になる敗戦だ。

 セラフィックコールは重のダートも前走のダイオライト記念(G2)で苦にしていなかったはず。手綱を取ったB.ムルザバエフ騎手が「船橋と川崎で砂の質が違うのか、キックバックに反応していました」「前回ほどの反応がありませんでしたが、理由はわかりません」とコメントしたように、船橋競馬場との相性が関係したかもしれない。

 ノットゥルノは、前走の佐賀記念(G3)で問題にしなかったグランブリッジに逆転を許したものの、本馬については主戦の武豊騎手が「いつ走るのかがわかりにくいですね」とコメントした通り、気分屋なところのある馬。レジェンドも「左回りですかね」と思案していたが、確かにこれまでの好走は右回りばかりで左回りの好走歴はなかった。

 地方馬の川崎記念優勝は、2021年のカジノフォンテン以来3年ぶりではあるが、キャロットファーム所有でノーザンファーム生産のライトウォーリアは、川崎に移籍する前までは中央で走っていた馬。地方馬全体のレベルアップとは言い切れないものの、清々しい気持ちにさせられる見事な逃げ切り勝ちだったことは間違いない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【川崎記念】B.ムルザバエフ、武豊騎乗の上位人気馬が総崩れ…「理由は分かりません」「左回りですかね」名手もクビかしげた大波乱の顛末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  4. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光
  5. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  6. 羽田盃(G1)8頭立てに中央競馬と地方競馬の「温度差」浮彫り…3歳No.1フォーエバーヤング不在でも「敵前逃亡」続々、ダート革命に早くも失速の危機
  7. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  8. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  9. スキルヴィングの非業の死から1年…懸念される青葉賞(G2)の超高速化と歴代最速馬の悲劇
  10. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態