GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…
NEW

【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?

【この記事のキーワード】, ,
【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?の画像1
浜中俊騎手 撮影:Ruriko.I

4番人気メイショウタバル、まさかのシンガリ大惨敗…

 牡馬クラシック1冠目の皐月賞(G1)は2番人気ジャスティンミラノが勝利。デビュー3連勝で無敗の戴冠となった上、勝ちタイム1分57秒1はレコードのおまけ付きだった。

 騎乗した戸崎圭太騎手はレース後「今日もパワーアップしていましたし、またさらにダービーに向けていい状態になってくると思います」と、さらなる上積みに期待。次の日本ダービー(G1)ではダントツの人気も考えられそうだ。

 一方で、4番人気と上位候補の一角に支持されたものの、シンガリ17着と大惨敗を喫したのがメイショウタバル(牡3歳、栗東・石橋守厩舎)と浜中俊騎手のコンビである。

 同馬は前走の毎日杯(G3)を逃げて6馬身差の圧勝。阪神・芝1800mの同レースで勝ちタイムの1分46秒0は、後のダービー馬シャフリヤールに次ぐ歴代2位タイとG1勝ちへの機運が高まっていた。

 しかし、レースでは五分のスタートを切って前走と同様にハナを奪ったが、1000m通過は57秒5の超ハイペース。この日の中山は前残りのレースも目立っていたが、さすがに速すぎたようで最後の直線を向いたところでほとんど余力が残っておらず、最後はシンガリまで沈んだ。

「前半1000m通過57秒5は皐月賞で史上最速。これまで最も速かったのはコパノリチャードがハナを切った2013年の58秒0でしたが、それを一気に0秒5も上回ったのですから、さすがにオーバーペースと言わざるを得ませんでした」(競馬誌ライター)

 レース後、騎乗した浜中騎手は「リズム良く運ぼうと思いましたが、掛かってしまいました」と、4番人気を大きく裏切ってしまった理由を述べていた。

 どうやら返し馬までは落ち着いていたようだが、スタート直前に落とし穴が潜んでいたようだ。

ゲート入りに手間取る姿は父ゴールドシップを彷彿…

 通常であれば後入れとなる偶数の2番ゼッケンだったが、一番先にゲートへ誘導されたように、もともとゲートに課題があったメイショウタバル。さらにゲート入りが始まろうとしたところで、ダノンデサイルの馬体検査のために中断されるアクシデントも重なった。

 その後ファンファーレが鳴り、仕切り直しのゲートインとなったが、浜中騎手が「ゲート入りに手間取った時に、テンションが上がってしまいました」と振り返った通り、冷静さを欠いたメイショウタバルがゴネる仕草を見せる。

 振り返って見れば、この時点でほぼメイショウタバルの皐月賞は終わっていたのかもしれない。

「メイショウタバルの父ゴールドシップも現役時代にはさんざん枠入りを嫌がる仕草をみせるなど、ゲート難の馬として知られていました。メイショウタバルはスタート寸前のところまできて、父の難しい面を露呈してしまったといえるかもしれませんね」(同)

 その後、メイショウタバルはスタートこそ無難に出たものの、道中はうまく折り合えずに半ば暴走気味のペースで逃げると、最後の直線で急失速してしまったのは先述の通りである。

 毎日杯を圧勝した際には、皐月賞の有力候補と目されていたメイショウタバルだったが、果たしてうまく立て直して巻き返しは叶うだろうか。スタンド前発走となる日本ダービーには、小さくない課題を持って挑むことになりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も