GJ > 競馬ニュース > 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り!
NEW

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像1

春のマイルG1へ向けた重要な前哨戦

 今回は安田記念(G1)やヴィクトリアマイル(G1)など、春のマイルG1へ向けた重要な前哨戦となるマイラーズC(G2)を予想していく。

 まずは先週の振り返り。アーリントンC(G3)は辛うじて◎チャンネルトンネルが3着に入ったものの、1着、2着は大ハズレ。皐月賞(G1)は○ジャスティンミラノ、▲コスモキュランダが1着、2着はいいとして、3着が自信満々で切ったジャンタルマンタル。しかも、距離不安どころか直線、ゴールちょっと前まで先頭で押し切ろうとしていた。3着に終わったのをどう見るのかはさておき、予想的には救いがない。

 予想に戻ろう。

 まずはいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
東京新聞杯 5頭
中山記念、洛陽S(L、OP) 各3頭
マイルCS、阪神C、阪急杯、六甲S(L、OP) 各2頭
香港マイル、アメリカジョッキークラブC、金鯱賞、スワンS、京都金杯、オーシャンS、中日新聞杯、ダービー卿チャレンジT 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 1頭
条件特別(3勝クラス) 1頭
となっている。東京新聞杯(G3)からの転戦が多いが、レース間隔がちょうどいいので、無理なく使えることから好走例が多いのだろう。AJCC(G2)や金鯱賞(G2)をはじめ、中距離からの転戦で好走した例もあるが、基本的には1400m~1800m戦から臨んでいる。G2戦でG1馬の出走もあるレースだけに条件戦からの挑戦は苦戦を強いられている。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-3-2-2
2番人気 2-1-2-5
3番人気 2-1-1-6
4~6番人気 2-4-2-22
7~9番人気 1-1-2-26
10番人気以下 0-0-1-49
となっている。1番人気はほぼ鉄板だが、2番人気と3番人気が今ひとつ冴えない。近5年に絞っても1番人気4頭に対して、2番人気と3番人気は2頭ずつと明らかに劣っている。過去10年で上位人気がすべて飛んだ年はなく、必ず1頭は来ている。また、10番人気以下のような極端な人気薄が来る可能性は低い。せいぜい来ても7番人気あたりまで。近5年では9番人気が来ている例もあるが、それほど手広く検討する必要はなさそうだ。

 

信頼度抜群の1番人気…今年はこの馬か?

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像2
ソウルラッシュ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は逆らわず14番ソウルラッシュとする。

 前走の香港マイル(G1)に関しては、勝ったのが香港最強馬だっただけに相手が悪かった。とはいえ、直線外から伸びて4着を確保しているあたりは地力のあるところを見せたと言えるだろう。このレースには3年連続で出走となり、一昨年は勝利、昨年は3着と馬券圏内を外していない好相性のレースである。

 陣営からは「遠征帰りから久々を感じさせない動きを見せ、いい状態で向かえそう」とのこと。「スタートで後手を踏むことがあるので、それだけ気をつけたいところ。57kgの斤量も大きい。良い形で次へ向かえれば」と自信のあるところをのぞかせている。

 その安田記念とはすこぶる相性が悪く、結果を残せていないのだが、前哨戦のこのレースや京都に戻ったマイルCS(G1)では見せ場も作っている。鉄砲も利くタイプなので、ここは陣営のコメントも含めて逆らわずに◎を打ちたい。

きさらぎ賞馬の復活に期待

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像3
フリームファクシ 撮影:Ruriko.I

「○」は人気薄の15番フリームファクシを挙げる。

 昨春の段階では3連勝できさらぎ賞(G3)を制し、一躍クラシック候補生に名乗りを上げたものの、本番の皐月賞、日本ダービー(G1)ともに凡走。秋は菊花賞(G1)をスキップして古馬と当たったがやはり凡走。2走前の京都金杯(G3)では5着と掲示板は確保したが、前走は二ケタ着順とトンネルを抜け出せない感がある。

 だが、陣営は「近走は折り合いを欠いたり、外枠だったりと不運が重なった」と外的な要因であると主張。「中間の調教も良く、能力的にはもっと走れる馬」と馬の実力自体を評価した上で「マイルは合っているので、スムーズに折り合えば一変してもおかしくない」と戦績とは裏腹に強いコメントが出ている。

 確かに皐月賞以降の成績を見てしまうと買いにくい馬ではあるが、2走前の掲示板と前走11着に大敗しながらも、走破タイム自体は1分32秒8といいタイムが出ている。着順の割に着差も0秒7差と1秒以内に収まっている上に、上がりも33秒台と陣営の言うように噛み合えば、能力を発揮する下地はある。

 ローテーション的にも唯一の東京新聞杯からの転戦で、データ的にも申し分ない。それほど荒れるレースではないが、一発を期待して敢えての○である。

名手・武豊騎手とのコンビで大変身!?

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像4
トランキリテ 撮影:Ruriko.I

「▲」は上位人気の一角が予想される8番トランキリテを推す。

 5歳馬で20戦とそれなりに使われているが、勝ち鞍は4つとなかなか寂しい。ダートでデビューしてしばらくダート戦を使われていたのだが、それが災いしたのか1勝クラスの脱出に6戦、2勝クラスは割とすんなり脱けたが、3勝クラスは7戦を要し、大いに出世が遅れた。

 陣営は「ここに来て馬に芯が入ってきた。それが好結果につながっていると思う」と馬の変わり身に触れ、「武豊騎手と手が合っているのもあるだろうが、脚質的に展開の助けは必要。できれば少し時計のかかる馬場になれば」と少々弱気なコメントだ。

 しかし、7戦もかかった3勝クラスを脱出させたのは武豊騎手で、続く前走のリステッドでも重賞連対馬を相手にタイム差なしの2着に好走している。この2戦と、それより前の18戦では別馬のようにすら映る。

 確かに当日は降雨の予報は出ているのだが、馬場状態を変えるほどではないと見て、今回は敢えて触れなかった。だが、高速決着になったとしても、前走はマイルで1分32秒6、上がりも最速の33秒4をマークしており、十分良馬場でも戦えるポテンシャルはあると見ている。勝ち負けまではなかったとしても3着内なら十分にあり得る。


「△」は穴馬2頭の13番セッションと、大外17番エエヤンとする。

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像5
セッション 撮影:Ruriko.I

 セッションは前走のダービー卿CT(G3)の予想では◎を打ったが、結果は7着。これに関して陣営は「難しい展開になって、最後は余力がなくなってしまった」と振り返っている。

 とはいえ、4走前の3勝クラスではマイルで1分31秒台の好タイムで勝利、3走前は最速ではなかったものの、上がり32秒8の鬼脚を披露している。馬場はいいに越したことはなさそうだが、多少渋っても問題はなさそうだ。

「在厩で調整をしており、動きも目立っているので、使った上積みは見込める。直線が平坦な京都で見直したい」と陣営もコメントしているように、タイムは並みだったが京都金杯の2着があるだけに、前走の結果だけで切るのは早い。

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像6
エエヤン 撮影:Ruriko.I

 エエヤンはそのダービー卿CTで、約1年ぶりに馬券圏内に入る好走を見せた。NHKマイルC(G1)以降、掲示板すらなかっただけに、突如の復活で馬の調子が上がっていることがうかがわれる。

 陣営も「馬のリズムに合わせた競馬で逃げたが、いい結果が出て今後の刺激にもなる」と前走を高評価。「最後まで集中した走りができれば、再び上位に食い込める」と強気なコメントが出ている。

 昨春は3連勝で重賞制覇しているだけに、ポテンシャル自体は高い馬。ただ、強いて言うなら持ち時計が今ひとつで、時計勝負になったり上がり勝負になった場合は太刀打ちできない可能性が高い。押さえまでとする。

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負の画像7
セリフォス 撮影:Ruriko.I

 今回唯一のG1馬となる3番セリフォスに関しては、切りとしたい。どうも陣営のコメントが冴えず「体つきなど休み明け感があるのは否めない」と勝負気配が薄い。もちろん、一昨年のマイルCSを制しているだけに、地力だけで3着内に食い込むことも考えられるのだが、鉄砲駆けするタイプでもなく、狙うなら叩かれた次走だろう。ここは見送る。

 ということで、今回は2強の1頭、14番ソウルラッシュを押さえたので、これを軸に8番、13番、15番、17番へ流しの三連複6点勝負とする。フリームファクシが激走すると大万馬券も見えてくる組み合わせなのだが、果たして。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も