GJ > 競馬ニュース > 突如現れた「後継候補」サウスヴィグラス希望の光となるか
NEW

わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか

画像はイメージ
画像はイメージ

 現役時には無敗でクラシック三冠制覇含め、G1を7勝したディープインパクト。彼の名前を知らない人はいないだろう。種牡馬としても三冠馬コントレイルや牝馬三冠ジェンティルドンナを輩出、中央競馬の歴史を変えた一頭である。

 そんなディープインパクトが生まれた2002年、後に「地方競馬の歴史を変えた」とまで言われる1頭が走っていた。サウスヴィグラスである。

 サウスヴィグラスは父エンドスウィープ、母ダーケストスターという血統。アメリカで生まれ、1998年に東京競馬場でデビュー。2002年1月の根岸S(G3)で初重賞制覇。同年3月の黒船賞(G3)から破竹の勢いで重賞を6連勝し、翌年のJBCスプリント(G1)での勝利を最後に引退、種牡馬入りした。

 産駒は初年度から地方競馬を中心に勝ち星を量産。惜しくも2018年に亡くなったが、産駒勝ち上がり率約80%、産駒入着賞金総額歴代1位、地方競馬のリーディングサイアー8回など大成功を収め、地方競馬随一の大種牡馬となったのである。

 しかし、地方競馬に多大な貢献をしたサウスヴィグラスだが、実はその輝かしい産駒成績の裏に危機的な問題を抱えている。代表的な後継種牡馬がまだ出ていないのだ。

 高い勝ち上がり率を誇るサウスヴィグラス産駒であるが、一方で超大物と呼べる存在は見当たらない。現に重賞を勝った牡馬の産駒は22頭いるが、G1を勝った牡馬は2頭しかいなく、種牡馬入り出来るような馬の数自体が少ない。またサウスヴィグラス自身が18年に亡くなっているため、これ以上産駒が増えることもない。

突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか

 やや行き詰まりを感じるような状況だったが、一筋の光が差した。後継候補になるかもしれない1頭が現れたのである。

 その馬は名をステッペンウルフという。現役時は地方重賞の京浜盃を勝った馬で、今年新種牡馬としてデビューしたばかり。種牡馬にはなれたものの、現役時G1を4勝した新種牡馬ルヴァンスレーヴが初年度産駒149頭であるのに対し、ステッペンウルフは初年度産駒がわずか1頭だった。

 しかし今月15日、その唯一の産駒ゼロアワー(牝2歳、門別・佐々木国明厩舎)がデビュー戦で周囲の度肝を抜くパフォーマンスを見せた。スタートしてすぐ逃げの手を打つと、そのまま一切後続を寄せ付けず圧勝。2着のルヴァンスレーヴ産駒ソルジャーフィルドに8馬身の差をつけ、次元の違う勝ち方をしたのである。

 この勝ちっぷりはステッペンウルフの種牡馬生活にとって光が差すものであったことは間違いないだろう。この1勝を機に種付け数が増えればサウスヴィグラスの苦境を解消する大きな一歩となりえさえする。

 突如として現れた可能性の灯火は輝きを放つか、注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り