GJ > 競馬ニュース > 「単勝5万5430円」も…日本ダービー(G1)高額配当の歴史!
NEW

かつては「単勝5万5430円」も…日本ダービー(G1)高額配当の歴史! 12番人気ロジャーバローズの衝撃から5年、その結末やいかに

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
東京競馬場

 26日に迫ってきた競馬の祭典・日本ダービー(G1)。普段は競馬をしなくても「この日だけは馬券を買う!」という方も多いだろう。
 
 日本ダービーといえばディープインパクトやオルフェーヴル、コントレイルなど歴史に残る名馬が人気を集め、強い競馬をして勝つのも醍醐味である。しかしその一方で、穴党競馬ファンであれば一度は日本ダービーでの万馬券や高配当的中を夢見たことがあるだろう。

 日本ダービーは過去30年間での平均単勝配当は958円、馬連で万馬券になったのは5回のみ。実力通りで決まる事が多い、穴党泣かせのレースである。
 
 そこで「比較的堅い」決着となる日本ダービーで過去にどんな波乱があったのか。「日本ダービーの高額配当史」を辿ってみたい。

日本ダービーの高額配当史 

 近年で荒れた日本ダービーとして思い出されるのが、ロジャーバローズが勝った2019年だろう。同馬は道中2番手から直線で先頭に立ち、12番人気ながら見事1着でゴールした。単勝配当は9310円で、それまでJRAの最高記録であった1954年ゴールデンウエーブの6620円を大きく塗り替えた。しかし2着は3番人気、3着は2番人気であったため、3連単は19万9060円とそこまで荒れた結果ではなかった。

 3連単の最高配当は5番人気ワグネリアンが勝利し、3着に16番人気のコズミックフォースが入った2018年で285万6300円、2位は2007年で1着は3番人気ウオッカ、2着に14番人気のアサクサキングスが入り215万5760円の大波乱となった。

過去には単勝5万5430円も!?

 単勝の最高配当は先述したロジャーバローズとなるが、日本中央競馬会が発足する以前の記録を含めれば、1949年にタチカゼが勝利して単勝5万5430円を付けたことがある。なんと23頭立ての19番人気であった。ちなみに複勝は9230円で、この両配当は八大競走史上最高配当として今なお破られていない。

 今年のダービーは皐月賞(G1)をレコードタイムで制したジャスティンミラノにコントレイル以来となる無敗の二冠制覇の期待がかかる。当日は抜けた人気なることも予想されるが、その分、同馬を外した予想を組み立てれば高配当も望めるだろう。

 ここ4年は堅い決着が続いている日本ダービーだが、今年の行く末はいかに。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

かつては「単勝5万5430円」も…日本ダービー(G1)高額配当の歴史! 12番人気ロジャーバローズの衝撃から5年、その結末やいかにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り