GJ > 競馬ニュース > 横山典弘騎手「コンビ解消」の古豪と再タッグ!
NEW

横山典弘クラシック直前「コンビ解消」の古豪と再タッグ! ダノンデサイル彷彿の伏兵評価、早くもJRA記録更新の可能性

【この記事のキーワード】, ,
横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I
横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I

 ダノンデサイルの優勝で幕を下ろした今年の日本ダービー(G1)。9番人気、単勝46.6倍の戴冠だけでも十分なインパクトだったが、騎乗した横山典弘騎手は56歳3ヶ月4日でJRA・G1の最年長勝利記録を更新した。

 一冠目の皐月賞(G1)はスタート直前に同騎手が異変を察知、競走除外となったが「あの決断は間違っていなかった」と、ダービーの勝利インタビューで大ベテランは見送って正解だったと再確認。今年のダービーも後世まで語り継がれる名レースとなった。

 そんな56歳で3度目のダービー制覇を果たした横山典騎手は、今週末に開催される安田記念(G1)にも参戦を予定している。コンビを組むのは古豪ステラヴェローチェ(牡6歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

3年4ヶ月ぶりのコンビ復活!

ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 人馬は2020年のサウジアラビアロイヤルC(G3)で初コンビを組み1着。続く朝日杯フューチュリティS(G1)は出遅れるも、上がり最速タイとなる33秒5の末脚で2着を確保。翌年のクラシックで活躍が大いに期待されていた。

 しかし、3歳初戦の共同通信杯(G3)を1番人気で5着に敗れたのをきっかけに、陣営は本番の皐月賞には吉田隼人騎手との新コンビで臨むと発表。横山典騎手はお役御免となってしまったのだが、今回は実に3年4ヶ月ぶりの再コンビとなる。

 しかもこの間、ステラヴェローチェも2022年3月のドバイシーマクラシック(G1)を最後に約1年7ヶ月もの長期休養を余儀なくされていた。ただ今年初戦となった大阪城S(L)で約2年5ヶ月ぶりに勝利して復活の雄叫びを上げると、続く大阪杯(G1)でもベラジオオペラから0秒1差の4着に好走。不死鳥のように蘇ってきた。

 そんなタイミングでダービーを勝ったばかりの横山典騎手とコンビが復活するのも何かの縁だろう。東京芝1600mはG1を通算7勝と抜群の実績を誇る同騎手の得意条件。ステラヴェローチェ陣営にとっては初のビッグタイトル獲得の機運が高まってきたといっていいかもしれない。

 ちなみに『netkeiba.com』で公開されている安田記念の単勝予想オッズで、ステラヴェローチェは27日時点で9番人気。また、偶然にもダービーを制したダノンデサイルも先述の通り9番人気だった。

「先日発生した台風1号の影響もあってか、東京競馬場周辺はこれから週末にかけてぐずついた天気が続く予報も出ています。ただステラヴェローチェは4年前、極悪の不良馬場で行われたサウジアラビアRCを快勝。安田記念が雨の影響を受けて道悪で開催されることになっても、むしろプラスとなりそうです」(競馬誌ライター)

 日本ダービーからわずか1週間。横山典騎手が再び最年長G1勝利記録を更新する可能性もありそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山典弘クラシック直前「コンビ解消」の古豪と再タッグ! ダノンデサイル彷彿の伏兵評価、早くもJRA記録更新の可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着