GJ > 競馬ニュース > マーメイドSで馬券期待値の高い伏兵馬!?
NEW

マーメイドSも宝塚記念も夏競馬は名物編集長のこの3頭で勝負!モレイラ騎手やルメール騎手の裏事情、「本命キラーAI」の馬券期待値の高い伏兵馬も必見!

【この記事のキーワード】,
福永祐一厩舎の初重賞制覇がかかるマーメイドSの最新情報や必見データをチェック
福永祐一厩舎の初重賞制覇がかかるマーメイドSの最新情報や必見データをチェック

■競馬の楽しみ方が変わる!

 2024年上半期の競馬は、150万馬券のフェブラリーS(G1)に衝撃を受け、日本ダービー(G1)の横山典弘騎手とダノンデサイルの勝利に感動と大きな盛り上がりを見せた。この競馬を盛り上げたものにさまざまな競馬メディアがあるが、最近は非常に多くの情報が飛び交い、ファンも何を参考にすべきか苦労した面も少なくなかったのではなかろうか。

 レースの情報がスポーツ紙や競馬専門紙のみだった以前と異なり、ネット社会の今は多くの競馬情報がインターネット上に溢れている。現代の競馬ファンにとって重要なのは、そんなインターネット上の競馬サイトをどれだけ活用できるかだ。

 もちろんインターネット上には、無料サイトも有料サイトも山ほどある。だが有料サイトでも価値が低いものもあり、ファンにはコンテンツを見極める眼が必要。そんな中、全国数十万人の競馬ファンが毎週必ず利用するという完全無料の競馬もりあげサイトがある。それが全コンテンツ完全無料の「うまスクエア」だ。

 うまスクエアは初心者でもベテランでも、すべてのファンにとって必ずプラスになるサイト。競馬をもりあげるさまざまなコンテンツがほぼ毎日更新されており、ファンは飽きることなく競馬を楽しむことができる。

 今年の春競馬もたいへんな盛り上がりだったが、現在開催中の夏競馬、そして来週末に行われる宝塚記念(G1)に向けても必見のコンテンツがある。ここではそんなファン必見、うまスクエア注目のコンテンツを紹介していこう。

 来週末に行われる宝塚記念を前に、今週末には牝馬限定のハンデ重賞マーメイドS(G3)が行われるが、このマーメイドSは10年連続で万馬券が飛び出す難解なレース。そんなレースを攻略するのに大きな武器となるのが、人気急上昇中の【うまスクエア編集長の厳選情報・この3頭で勝負だ!】

 うまスクエアが誇る名物編集長は、競馬歴半世紀という大ベテラン。その経験と知識で選ばれた珠玉の3頭を余すところなく公開するのが、この人気コンテンツ。春のG1レースでも上位好走馬を軒並み推奨しており、今後も目が離せない必見のコンテンツといえよう。マーメイドSに出走を予定している福永祐一厩舎のエーデルブルーメがどんな評価になるか、非常に興味深い。

 さらに何やら怪しいタイトルの【本命キラー3】もオススメ。『とにかく穴馬しか興味がない』という競馬ファンにうってつけのコンテンツ。穴馬券こそ競馬の真髄とする馬券狂が編み出した【 本命キラーAI 】が、毎週行われる重賞レースで馬券期待値が高い伏兵馬を推奨。葵ステークス(G3)ではピューロマジック(8番人気1着)、ペアポルックス(7番人気2着)を推奨しており、穴党を歓喜させた。

波乱となった葵Sで上位2頭を推奨!こんな情報が欲しかった。
波乱となった葵Sで上位2頭を推奨!こんな情報が欲しかった。

 続いては定番中の定番である【重賞完全攻略ファイル】。誰もが気になる重賞レースのデータ、実績、追い切りなど、あらゆる角度から買える穴馬、危ない人気馬をピックアップしてくれる便利なコンテンツだ。予想に行き詰まったとき、あるいは本命馬に悩んだとき、このコンテンツを参考にするといい。ヴィクトリアマイル(G1)では14番人気で勝利したテンハッピーローズをピックアップしており、あの高額万馬券を手にしたファンもいたという。

 次に予想以外の要素で競馬を楽しみたい、競馬の奥深さを知りたいというファン必読なのが、東西トレセンの裏ネタを公開する【馬券情報・最前線(美浦編・栗東編)】。ご存じのように日本中央競馬会(JRA)は美浦トレセンと栗東トレセンで競走馬が管理されており、ほとんどの情報はそこから発信される。多くの競馬ファンはスポーツ紙や競馬専門紙の情報を参考にしているが、それがすべてではないのは当然のこと。つまり一般的なマスコミには掲載されない関係者の本音や裏事情を公開するのが、この【馬券情報・最前線】なのである。

メルマガ限定情報も盛りだくさん。競馬の楽しみ方がガラリ一変するだろう
メルマガ限定情報も盛りだくさん。競馬の楽しみ方がガラリ一変するだろう

 例えば日本ダービーでモレイラ騎手が皐月賞(G1)2着のコスモキュランダではなく、プリンシパルSの勝ち馬ダノンエアズロックに騎乗した背景。ヴィクトリアマイルでルメール騎手がフィアスプライドに騎乗した裏事情など。これらの裏ネタを毎週無料で楽しむことができるのだから、ファンにとっては最高のサイトといえるだろう。

 他にも元メジャーリーガー・プロ野球選手であり、ジャパンC(G1)を勝ったシュヴァルグランや、ドバイターフ(G1)を勝利したヴィブロスのオーナーとしても知られる大魔神こと佐々木主浩さんの予想コラム【大リーグボール22号】、血統理論×ペース解析により、穴の単複1点勝負を提唱する境和樹氏の【穴馬券ネオメソッド】など、うまスクエアならではの必見コンテンツが満載。これらがすべて無料なのだから、これを利用しない手はない。

 うまスクエアを利用すれば、競馬がもっともっと楽しくなるのは間違いない。これから競馬をより深く楽しんでいくためにも、今週からうまスクエアをしっかり活用していこう。

CLICK→【全ての競馬情報・データが完全無料!是非お試し下さい!】うまスクエア

※本稿はPR記事です。

マーメイドSも宝塚記念も夏競馬は名物編集長のこの3頭で勝負!モレイラ騎手やルメール騎手の裏事情、「本命キラーAI」の馬券期待値の高い伏兵馬も必見!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に