GJ > 競馬ニュース > 桃井はるこ「新・ダート三冠」を語る!
NEW

アキバの女王・桃井はるこ「新・ダート三冠」を語る! ついに始まった南関東三冠のJRA進出…10年来の1地方競馬ファンは「何」を思ったのか【特別インタビュー】

【この記事のキーワード】, ,
アキバの女王・桃井はるこが地方競馬への「愛」を語る
アキバの女王・桃井はるこが地方競馬への「愛」を語る

「芝とダートを両輪とする日本競馬の発展を目指し、地方競馬が主体となってダート競走の体系を整備します――」

 2022年11月、JRA(日本中央競馬会)とNAR(地方競馬全国協会)が手を取り合い、大々的に発表されたダート革命。その目玉となったのが、今年から創設された「ダート三冠競走」だ。

 羽田盃、東京ダービーといった従来の南関東三冠競走を、中央を始めとした他地区にも開放し、最終戦だったジャパンダートダービーはジャパンダートクラシックと名を変えた。

 このダート三冠新設は、多くの競馬ファンにとっても歓迎すべきものだった。中央競馬ではクラシックを筆頭に充実する3歳芝路線に対して、ダート路線のビッグレースの少なさが以前から問題視されていたからだ。

 そして今春の羽田盃をアマンテビアンコ、東京ダービーをラムジェットとJRA所属馬が制覇。世界を股にかけて活躍するフォーエバーヤングも、ダート三冠の最終戦ジャパンダートクラシックを見据え「ダート三冠競走」は初年度から、非常に興味深い局面を迎えようとしている。

 そういった意味では大成功だったといえる「ダート三冠競走」の創設。しかし、その一方でホームの南関東の所属馬、そして関係者は、突然やってきた“黒船”に優勝をさらわれた格好だ。

 競馬が弱肉強食の競争社会である以上、仕方のない面もあるものの開幕戦となった羽田盃には地方馬が4頭しか参戦せず、1973年以来史上最少タイの8頭立てという寂しいメンバーとなるなど、決してすべてが順風満帆だったというわけではない。

 果たして、新時代の幕開けと言えるダート革命は、これから地方競馬にどんな影響を与え、何を残すのか。そして、突然の革命に晒された地方競馬を愛するファンの思いは。

 オタク界きっての地方競馬ファンであるシンガーソングライターの桃井はるこさんに、1ファンとしての話をうかがってみた。

平日に!? しかも街中に競馬場!? 夜にもやってるじゃん!

――本日はよろしくお願いいたします! まずは、桃井さんと地方競馬との出会いを教えていただけますか?

桃井はるこさん(以下、桃井):よろしくお願いします! 競馬には前から興味があったんですけど、私の場合、土日はほとんどイベントとかライブで……。そんな中で知ったのが、地方競馬だったんです。「平日に!? しかも街中に競馬場!? 夜にもやってるじゃん!」って。だから、私が競馬を好きになったのは地方競馬のおかげなんですよね。

それで私が地方競馬にハマり始めた頃に、ハッピースプリントっていう(6連勝中の)凄く強い馬がいて。ちょうど10年前の東京ダービーですね、単勝1.1倍だったんですけど、応援してたらめちゃくちゃ強い勝ち方をしてくれて。「これ絶対、三冠馬になるじゃん!」って確信してました。

――最後の1冠、ジャパンダートダービーは南関だけでなく、JRAのトップクラスとの争いにもなります。

桃井:そうそう。当時の私はまだ競馬を始めて半年くらいだったので、それを知らなかったんですよ。レース当日は大井競馬場まで行って……。雨が降ってたので、東京ヤクルトスワローズの雨合羽を着て応援してました。

――ヤクルトの応援といえば、東京音頭に合わせて傘を振る。

桃井:私も傘、持ってましたよ。今だと、競馬場で傘をさして応援すると他のお客さんに迷惑なんですが、当時は人も今ほど多くなくて。

――G1開催(ジャパンダートダービー)の当日でも?

桃井:今みたいな満員ではなかったですね。そう思うと、やっぱり地方競馬もこの10年で随分変わったなあ。昔なんて、それこそいわゆる“競馬オヤジ”ばっかりでした。

――地方の競馬場だと、中央よりもさらに多かったですからね。

桃井:今じゃ、地方の競馬場も若い人がすごく多いし、『ウマ娘』(プリティーダービー、Cygames)とかのグッズ持ってる人も多い。大井競馬場も昔はコンクリートむき出しぽかったところとか、全部きれいになって花壇とかもありますしね。全部、我々地方競馬ファンのおかげですよ!(笑)。

――ここ10年で大きく変わったのは、中央競馬よりも地方競馬かもしれません。

桃井:そうなんですよ。それでハッピースプリントのジャパンダートダービーですけど、最後の直線で抜け出して「やったーー!」って思ったのも束の間、なんか1頭すごい勢いで突っ込んできて……。

――ハッピースプリントは惜しい2着でした。

桃井:「え? 誰だよ、カゼノコって!? ええええ!?」って感じで。めっちゃ応援してたからホント、ショックで……。それが、私がJRAとの出会いというか、その存在を強く意識した最初でしたね。

――地方競馬のファンの方にとっては、強いJRA勢の存在には複雑な感情があると思います。

桃井:やっぱり南関には南関の、それぞれの地方競馬には地方競馬のワールド・文化があって、なんか他の世界からやってきたみたいな馬に簡単に勝たれてしまうと、モヤモヤってなっちゃいますよね? まあ今じゃ、この間も『ウマ娘』の映画(ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉)も見てきましたし、中央競馬も大好きなんですけど(笑)。

――そんな桃井さんからすれば、今年から始まった「ダート革命」というか、南関の三冠競走の開放には、我々のような中央から競馬ファンになった人とは、一味違う感情があったと思います。

地方競馬がもっと成長していくためには「必要なこと」

桃井:最初、知った時には「ええ!?」ってなりましたね。私もハッピースプリントから(昨年の南関三冠馬)ミックファイアまで観てきた人間ですから、正直思うところもありました。けど冷静になると、やっぱりこれから地方競馬がもっと成長していくためには「必要なことなんじゃないかな」って考えるようになったんです。

ラムジェット
今年の東京ダービーを6馬身差で圧勝したJRA所属のラムジェット

――東京ダービーの馬券売上は、前年比232%だったそうです。そのお話を聞くと、中央にジャパンCができた時に似てるかもしれませんね。JRAが「世界に通じる馬づくり」のために最初に創設した国際レースがジャパンCでしたが、当時は外国馬にまったく歯が立たず。カツラギエースが日本勢として初勝利を挙げるまでに4年かかりました。

桃井:そうかも! 羽田盃も東京ダービーも中央の馬が勝ちましたけど、(羽田盃は)船橋のフロインフォッサルが3着、(東京ダービーは)高知のシンメデージーが4着。そこまで負けたわけじゃないんです。地方と中央の差はどんどんなくなっていってると思いますし、ハッピースプリントやミックファイアを超えるような地方馬がいつ出てきても不思議じゃないんじゃないかなあ。

――この春の川崎記念では川崎のライトウォーリアが、東京スプリントでは大井のジャスティンが中央馬を破っていますし、今や地方所属馬が当たり前のように交流重賞を勝つ時代ですからね。

桃井:今月(6月12日)の関東オークスでも、ミスカッレーラとグラインドアウトが地方馬として2、3着に頑張ってました。

――さすがにお詳しい(笑)。では最後に1地方競馬ファンとして、全国の競馬ファンに向けてメッセージをお願いできますか。

桃井:私を含め、地方競馬のファンの方の中には驚いた人もいたと思うんですけど、今回のことを機に地方競馬がさらにパワーアップしてくれたらなと思います。ただ私としては、それぞれの競馬場が培ってきた特色とか、ワールド・文化とかを失わないまま成長していってほしいなと思います!

――なんだか、アキバのオタク文化みたいですね(笑)。

桃井:そういうことです(笑)。


『アキバの女王・桃井はるこの最新情報はコチラ』

-告知-

●ライフワーク的トークライブ
「はるこの秘密」Vol.29『ぁぉぃちゃんも緊急参戦!90年代アイドルソングを語れ!』
7/14(日)新宿ロフトプラスワンにて開催!【スペシャルゲスト】水野あおい
イープラスにて前売りチケット発売中
https://eplus.jp/sf/detail/4103710001-P0030001

●7/7(日)吉祥寺STAR PINE’S CAFEにて開催の『SUIKA FES Vol.3 -LEGEND’S STAGE-』にゲスト出演
TiGETにて前売りチケット発売中
( https://tiget.net/events/322825

●7/26(金)赤羽ReNY alphaにて開催の『ユカフィン Birthday Live 2024』にゲスト出演
ZAIKOにて6/29(土)前売り一般チケット発売開始
( https://standup.zaiko.io/item/365027 )

●「モモーイ党せーけん放送」
毎月1回押上 WALLOP放送局にて公開生放送。
( https://www.wallop.tv/archives/discography/momoi )

●ライト・ゲージオンラインショップにてライブDVDやオフィシャルグッズが販売中。( http://rg-music.shop-pro.jp/ )

その他最新情報
桃井はるこ公式ホームページ http://rg-music.com/momoi/
桃井はるこX https://twitter.com/momoiktkr

桃井はるこ
桃井はるこさん

■桃井はるこ
シンガーソングライター、声優。2013年オルフェーヴルの引退レースに感動し、東京大賞典で競馬現地初観戦。中央、地方ともに好き。最強の思い出は2016年有馬記念フェスティバルで一列目を引き武豊騎手とルメール騎手の間の席で観覧したこと。落ち着いたら北海道の牧場にまたひとり旅に行きたいな。

浅井宗次郎

浅井宗次郎

1980年生まれ。大手スポーツ新聞社勤務を経て、フリーライターとして独立。コパノのDr.コパ、ニシノ・セイウンの西山茂行氏、DMMバヌーシーの野本巧事業統括、パチンコライターの木村魚拓、シンガーソングライターの桃井はるこ、Mリーガーの多井隆晴、萩原聖人、二階堂亜樹、佐々木寿人など競馬・麻雀を中心に著名人のインタビュー多数。おもな編集著書「全速力 多井隆晴(サイゾー出版)」(敬称略)

アキバの女王・桃井はるこ「新・ダート三冠」を語る! ついに始まった南関東三冠のJRA進出…10年来の1地方競馬ファンは「何」を思ったのか【特別インタビュー】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体