GJ > 競馬ニュース > 新ダート三冠初戦を桃井はるこがぶった斬り!?
NEW

【羽田盃】新ダート三冠初戦を桃井はるこがぶった斬り!? アマンテビアンコ✕川田将雅よりも推したいあの1頭は? モモーイの超!大穴でGJ 羽田盃2024

【羽田盃】新ダート三冠初戦を桃井はるこがぶった斬り!? アマンテビアンコ✕川田将雅よりも推したいあの1頭は? モモーイの超!大穴でGJ 羽田盃2024の画像1

 春のクラシックシーズンがやってきましたね! 私は先日、中山競馬場で皐月賞(G1)を観戦してきましたよ。G1レースの日に現地へ行くのは久しぶりだったのですが、地下道は改装され、歴代の皐月賞と有馬記念の優勝馬の写真が、以前より美しく大きく掲示されるようになっていましたし、客層もずいぶん変わり、明るいイメージになりましたね。イケてる感じの男女混合グループも、リュックに大量のウマ娘缶バッヂをつけたシングル客も、アクティブな若い人が増えたように思います。

 競馬場内はかなり混雑。メインレースの前のパドックに入るのは早々にあきらめてしまいました。ですが、ゴール板の前くらいのポジションはコロナ前の有馬記念の時よりは人と人の間隔があり、周囲のみなさんのマナーもよく、楽しく観戦できました。オールスタンディングのライブのような感じで、競馬ファンに囲まれるその熱気も含めて、大一番を体感する興奮は最高でしたよ。

 そういえば、ウェブで事前に調べたところ、皐月賞の日の入場券はQRコードのチケットを提示するシステムになっているということだったので、スマートフォンでスムーズに見せられるよう、事前に用意して行ったのですが……入場口の前に着くと「本日限定!その場でチケットサイトに新規登録するとクオカードをプレゼント!(←文言はニュアンスです)」というキャンペーンをやっていたので盛大にズッコケたのでした。該当した方はラッキーでしたね。次、またなにか機会があったら今度は恩恵にあずかりたいぞ。

桃井はるこ
仕事の合間にお散歩。オフト後楽園はウインズの上方の階にありますよ。

 さて、クラシックG1は中央の芝レースだけではありませんよ。去年までは地方ダート南関競馬の3歳戦として行われてきた羽田盃(大井1800m)が、今年から3歳ダート三冠競走のひとつとなり、他の地方所属馬、中央所属の馬も出走できるようになりました。

 グレードもS1からJpn1と変わったため、出場できるのは牡馬・牝馬となり(せん馬は不可能)、1着賞金も3500万円から5000万円にアップするなど大きく変わったんです。今回は、そんなリニューアル一発目の羽田盃を予想したいと思います! 8頭立てと少頭数となりましたが、簡単な決着にはならないんじゃないかと思いますよ。

 私の◎はハビレです。前走の京浜盃(Jpn2・大井1700m)では1.9倍の1番人気に推されながら3着。同レースは勝った荒山勝徳厩舎のサントノーレがJRA勢を含めた後続に7馬身差つけて圧勝したわけですが、その時のハビレの走りを映像で見てみると、コーナーで大きく膨れ、直線でも不利がありました。

 今回同じく出走するアンモシエラが2着と先着していますが、こちらは力を出し切っての2着のように見えます。さらに今回は坂井瑠星騎手から初騎乗の横山武史騎手への乗り替わり。ハビレのほうが今回は、高いパフォーマンスを発揮する伸びしろがあるように感じました。

 鞍上は大井所属で2023年南関東競馬リーディングジョッキー笹川翼騎手。前走に続いての乗り替わりですが、むしろこの場合はプラスと見ています。今まで出走したレースで3着内を外したことがないという安定感のある彼と、地元大井を知り尽くした笹川騎手のタッグならば勝利を掴むことができるのでは!?

 〇は、アマンテビアンコです。きっとこのレースの1番人気ですね。馬名はイタリア語で「白い+恋人」という意味。その美しさも強さも本物でしょう。

 去年6月のJRAでの2歳新馬戦では上記のハビレと対戦し勝っています。新馬戦はレベルが高いので、この1勝には価値があると思いますよ。その後カトレアS(OP・東京1600m)でも勝利。近親にブチコやソダシがいる同馬、母ユキチャンは2008年の関東オークス(Jpn2)勝利をはじめ地方ダートに良績のある超良血。

 実際に前哨戦の雲取賞(Jpn3)はスタートで躓きながらも2着でしたが、今回は逆転すると見る人も多いでしょうね。その時勝ったブルーサンと今回もワンツーだと考えるのが自然な予想なのかなとも思いましたが、同じ距離&コースとはいえ、パサパサなダートだった前回と(雨予報の)今回はちょっと条件が変わりそうなので、そうもいかないんじゃないか? と思っています。

 ▲は、フロインフォッサルです。前走の雲取賞では、前目にいた馬で決まった競走の中で唯一最後方から追い込んできて掲示板を確保しました。今回はティントレット、マッシャーブルム、そしてブルーサンと逃げたい馬が多くいるため、オーバーペースになればチャンスがあると見ています。地方所属馬が来るならこの馬じゃないかと思いますよ。

 羽田盃は、東京ダービー、ジャパンダートダービー(ジャパンダートクラシックに名称変更)と合わせて3冠レースと呼称され、3冠馬となれば8000万円のボーナスも支給されるそうです。地方競馬ファンとしてもなんとしても的中させて、馬券でも3冠を狙いたいっ! その初戦、ひっじょーに大事ですね!

(文=桃井はるこ)

桃井はるこ
ライブの控室で。6月にワンマンライブが決まりました! ぜひ遊びにきてね。

-告知-
●6/15(土)「Momoi Haruko Early Summer Live 2024 『Drops -ドロップ-』」開催!
会場:渋谷REX 昼夜2部制 オールスタンディング
5/4(土)10:00~カンフェティにて前売り一般チケット発売開始
https://www.confetti-web.com/momoi-haruko2406

●声優アイドルユニット、ピュアリーモンスターのニューシングル「Play Monster」の作詞を担当。
https://stand-up-project.jp/purelymonster/discography/?id=play-monster

●新番組「モモイバルクイズシティ」スタート!
ゲーム「サバイバルクイズシティ」ライブ広場にて
https://sqcgame.com/machikado

●「モモーイ党せーけん放送」
毎月1回押上 WALLOP放送局にて公開生放送。
https://www.wallop.tv/archives/discography/momoi

●ライト・ゲージオンラインショップにてライブDVDやオフィシャルグッズが販売中。
http://rg-music.shop-pro.jp/

その他最新情報
桃井はるこ公式ホームページ http://rg-music.com/momoi/
桃井はるこX https://twitter.com/momoiktkr

【羽田盃】新ダート三冠初戦を桃井はるこがぶった斬り!? アマンテビアンコ✕川田将雅よりも推したいあの1頭は? モモーイの超!大穴でGJ 羽田盃2024のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”