GJ > 麻雀ニュース > 多井隆晴『多井熱』  > 5ページ目
NEW

多井隆晴が『多井熱』で語る麻雀界の真実。最強プロが見た「地獄」本当に怖いのは……プロ2000人全員「勘違い」と襲来するブーム終焉の時

【この記事のキーワード】, ,

多井:いろいろ考えてますよ。バラエティー番組への出演とかもそれですし、今僕は竹書房さんが主催してる『高校女子オープン』の解説をしていますけど、大学生の大会も作りたいですね。

実は大学の麻雀サークルは、そのままでは学校側の許可が降りなくて「室内遊戯部」って名乗っているところが多いんですよ。そのイメージを変えるためにも健全な大学生の麻雀大会を作って、例えば「大学麻雀選手権」みたいなものを『AbemaTV』で放送してみたいですね。

他にも家に企画書がいっぱいありますよ。全国の老人ホームに麻雀セットをプレゼントして順番に回っていこうかなとか、あと県や市町村と提携して「麻雀のアカデミー」も作りたいですね。

――確かに麻雀界には、将棋界の奨励会のような育成機関がない。

多井:麻雀プロって、プロなのに麻雀の練習をしないんですよ。全部、試合じゃないですか。将棋界みたいにプロ同士が集まって研究会をし始めたのも、ここ数年ですね。昔はまったくなかった。そういうのはこの先、絶対に必要になると思いますね。

――トークを活かしてYouTuberになれば。

多井:実は藤田社長が3年半くらい前、僕に初めて会った時に「多井さんはYouTuberになった方がいいですよ」って言われたんですよ。

当時はまだYouTuberなんて全然なかったですし、ほとんど誰も食いついてない時代。僕も何のことかわからなかったんで気にしてなかったんですけど、今はホント後悔してるんですよ(笑)。今からでも遅くないですよって言われるんですけどね。
(文=浅井宗次郎)

多井隆晴が『多井熱』で語る麻雀界の真実。最強プロが見た「地獄」本当に怖いのは......プロ2000人全員「勘違い」と襲来するブーム終焉の時の画像6

・多井隆晴(おおい たかはる)
東京都出身。麻雀プロ団体RMU(リアル・マージャン・ユニット)代表。キャッチフレーズは「最速最強」。日本プロ麻雀連盟所属としてプロデビュー後、新人賞を獲得。その後、王位のタイトルを獲得するなど連盟を代表するプロとなったが、独立しRMUを設立。藤田晋 invitational RTDリーグ初代王者、麻雀日本シリーズ連覇など、獲得タイトルは数知れず。名実ともに麻雀界のトップに君臨する。

多井隆晴が『多井熱』で語る麻雀界の真実。最強プロが見た「地獄」本当に怖いのは……プロ2000人全員「勘違い」と襲来するブーム終焉の時のページです。GJは、麻雀、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  2. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  3. 今、明かされるMリーグ2020白鳥翔・松本吉弘・日向藍子、それぞれの「涙」の理由。多井隆晴「5連闘」轟沈で、まさかの号泣終幕から2ヵ月【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー後編】
  4. Mリーグ「新生」KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎を渋谷ABEMAS白鳥翔が直撃! 「あのロゴ、やっべええ!!」魔法少女が憧れる最強の「情報発信力」【Mリーグ場外対談】
  5. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. JRA菊花賞(G1)大本命ヴェロックスに勝利なし!? 渋谷ABEMAS多井隆晴VS松本吉弘が三連単「ガチ万馬券」トークバトル!
  8. 麻雀Mリーグ「影の立役者」小林未沙&松嶋桃が降臨!! 麻雀界「名実況者」の”ホンネ”に迫る!!
  9. JRAオークス(G1)黒沢咲「超強気の場外ホームラン狙い」で大万馬券ゲット!? Mリーグを震撼させた「強気のヴィーナス」が競馬界に初登場!
  10. 8月だョ!渋谷ABEMAS全員集合!! 「新加入」日向藍子登場に、キャプテン多井「Mリーグ開幕戦行ってみる?」【渋谷ABEMASインタビュー】
  11. Mリーグ多井隆晴「どうやったら彼女できんの?」を白鳥翔がメッタ斬り!? 「とりあえず○○をやめなさい!」【渋谷ABEMAS対談インタビュー】