NEW

今村聖奈「単勝1.3倍」撃沈で5年ぶり珍記録!? 歴史的高配当に「おいしすぎる」の声

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈「単勝1.3倍」撃沈で5年ぶり珍記録!? 歴史的高配当に「おいしすぎる」の声の画像1
今村聖奈騎手

 21日の小倉競馬場では、ちょっとした珍記録が生まれた。

 キッカケとなったのは、3Rの3歳未勝利戦だ。このレースは、今村聖奈騎手のカンフーダンスが単勝1.3倍の断然人気。近2走でいずれも2着しており、大方のファンはこの馬の初勝利に大きな期待を寄せていた。

 しかし、結果はまさかの6着。道中4番手から差し切りを狙っていたカンフーダンスだが、最後の直線ではこれといった見せ場もなく、勝利はおろか3着内に入ることも出来なかった。

 ただし、その一方で結果的に高配当が生まれたのも事実だ。2番人気→3番人気→4番人気の決着だったが、単勝1.3倍の大本命馬が飛んだことで3連複は9500円、3連単も2万7410円がついた。上位人気同士の組み合わせながら、的中したファンにとっては願ってもない高配当だったかもしれない。

歴史的高配当に「おいしすぎる」の声

 特に、「複勝」の配当は驚くべきものだった。

 カンフーダンス以外は順当な決着に収まったとはいえ、3番人気で2着したクリーデンスの複勝が1160円、4番人気で3着したコスモジョセフの複勝が1220円もついたのだ。通常のレースなら、二桁人気馬が飛び込んできたような異例の高配当である。

 2番人気で勝利したメタマックスの複勝が400円だったことを考えると、2番人気と3番人気以下の間でオッズに相当な開きがあったといえる。3番人気や4番人気の複勝を買っていた人からすれば、これ以上ないような最高の結末だっただろう。これにはレース後、ネットの掲示板やSNS等で「レア配当」「複勝おいしすぎる」など、一部のファンから高配当を羨む声が上がっていた。

 ちなみに、単勝3番人気以内の上位人気馬で複勝配当が1000円を超えたのは、2018年の鹿野山特別(2勝クラス)で3番人気ロードプレミアム(2着)が記録した1010円以来5年ぶり。その際も、単勝1.4倍に推されたブラックプラチナムが4着に敗れたことで、高配当に繋がっている。

 また有名な例だと、同年の若葉S(OP)が挙がる。

 当時は前年のホープフルS(G1)を制したタイムフライヤーが、単勝1.2倍の断然人気に推されながら、まさかの5着。単勝3番人気で2着に入ったダブルシャープの複勝配当が1020円ついたこともあった。

 2018年こそ年2回あったが、過去5年でも今回を含めて3回だけという珍事。カンフーダンスで敗れた今村騎手にとっては残念な結果となってしまったが、複勝で思わぬ高配当を手にしたファンにとっては、ちょっとした自慢できるレースになったのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今村聖奈「単勝1.3倍」撃沈で5年ぶり珍記録!? 歴史的高配当に「おいしすぎる」の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  6. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. たった一度G3ではなく「重賞」として格付けなしのダートで開催された共同通信杯を勝った怪物とは
  9. 京都記念(G2)武豊×ドウデュースに一抹の不安…マカヒキ、ワグネリアンも屈した「負のジンクス」とは
  10. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”