GJ > 競馬ニュース > 注目新種牡馬の産駒「超有名女優」を彷彿で話題に? オーナーは武豊と幸英明を背にJRAデビューを迎えた新鋭
NEW

注目新種牡馬の産駒「超有名女優」を彷彿で話題に? オーナーは武豊と幸英明を背にJRAデビューを迎えた新鋭

【この記事のキーワード】, ,

注目新種牡馬の産駒「超有名女優」を彷彿で話題に? オーナーは武豊と幸英明を背にJRAデビューを迎えた新鋭の画像1

 いよいよ幕を開けた今年の2歳新馬戦。注目を集めている新種牡馬の1頭がニューイヤーズデイだ。

 アメリカ生まれの同馬は現役時代の2013年、ブリーダーズCジュヴェナイル(G1)を優勝。しかしその後、故障を発症してしまったことにより、わずか3戦で競走生活にピリオドを打つこととなった。

 ケンタッキー州で種牡馬入りをすると、2世代目の産駒マキシマムセキュリティが2019年のエクリプス賞・最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得。2020年度から日本の社台スタリオンステーションにおいて種付け生活をスタートさせている。

 同ステーションの関係者は、ニューイヤーズデイについて「(同馬の)父ストリートクライはマキャヴェリアン系の種牡馬。大物を輩出する種牡馬として地位を確立しています。この馬からも大物が誕生してくると思っています」と期待を寄せている。近いうちに第二のマキシマムセキュリティのような超大物も現れるかもしれない。

 そんなニューイヤーズデイ産駒のトップバッターとして4日、阪神5Rの2歳新馬戦(芝1400m)に幸英明騎手とのコンビで出走したのがノリピー(牝2歳、栗東・西園翔太厩舎)だ。

注目新種牡馬の産駒「超有名女優」を彷彿で話題に?

 同馬の母トランプクイーンは、2009年の皐月賞(G1)を勝ったアンライバルドの全妹という良血。また近親には他にもダービー馬のフサイチコンコルドや皐月賞馬ヴィクトリーなど活躍馬が多くいる、名門バレークイーンの一族である。

 管理する西園翔師も「完成度が高くて新馬向き」と、“いきなり”を思わせるコメントを残していた。それだけに種牡馬ニューイヤーズデイの産駒初出走初勝利も期待されたが、レースでは8頭立ての6着に敗れている。

「前半は好位2番手につけるなど、いいスピードを見せてくれたノリピーですが、ラストの瞬発力勝負で後れを取ってしまいましたね。やや一本調子な印象を受けましたので、どちらかというとダートの方が向いているかもしれません」(競馬誌ライター)

 なお「ノリピー」という馬名が女優・酒井法子のニックネームと同じだからだろう、SNSやネットの掲示板には「まさか酒井法子が名付け親か?」「オーナーがのりピーのファンなのかな」などのコメントが一部のファンから寄せられるなど話題となったようだ。

 ただ、どうやらこれは同馬を所有する中谷典生オーナーの愛称から取られたようで、同オーナーが所有する馬はすべて名前に「ノリ」が入っている。ちなみに中谷氏はノリピーがJRA馬主としての初出走であり、この日は東京5Rの新馬戦でも武豊騎手を背にガジュノリがデビューしている(8着)。

「地方・金沢競馬には、実際に酒井法子さんが命名した2歳牝馬『スターマンモス』が所属しており、すでに能力検査に合格しています。

もしもこの先、ノリピーとスターマンモスが対決することとなれば、ちょっとした話題になることは間違いないでしょう」(同)

 新種牡馬ニューイヤーズデイ産駒と中谷オーナーの所有馬、そしてスターマンモスのこれからの活躍に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

注目新種牡馬の産駒「超有名女優」を彷彿で話題に? オーナーは武豊と幸英明を背にJRAデビューを迎えた新鋭のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」