GJ > 競馬ニュース > 「結果を残して海外に」社台ファーム期待の大物が武豊でデビュー!? 前評判に違わぬ新種牡馬「第二のサンデーサイレンス」へ世界的良血馬がスタンバイ
NEW

「結果を残して海外に」社台ファーム期待の大物が武豊でデビュー!? 前評判に違わぬ新種牡馬「第二のサンデーサイレンス」へ世界的良血馬がスタンバイ

【この記事のキーワード】, ,

「結果を残して海外に」社台ファーム期待の大物が武豊でデビュー!? 前評判に違わぬ新種牡馬「第二のサンデーサイレンス」へ世界的良血馬がスタンバイの画像1

 10日、東京5Rに行われた2歳新馬戦は2番人気ゴンバデカーブースが優勝。これにより今年早くも2頭目の新馬勝ち上がりとなったのが、新種牡馬ブリックスアンドモルタルだ。

 同馬は現役時代、米国で13戦11勝の成績。2019年にはブリーダーズCターフ(G1)など芝のG1を5勝し、エクリプス賞・年度代表馬、最優秀芝牡馬にも選出された名馬である。

 社台ファームの吉田照哉代表が現役時から種牡馬としての権利を獲得していたため、引退するとすぐに社台スタリオンステーションにスタッドイン。種付け価格600万円で3年連続150頭前後の繁殖牝馬と交配を行っている。

「初年度産駒の中には、今年の日本ダービー(G1)を制したタスティエーラの妹スパルティートや、同3着ハーツコンチェルトの弟ソウルアンドジャズなど、話題を集めるだろう馬が数多くスタンバイしています」(競馬誌ライター)

 先週テラメリタが産駒初出走初勝利を挙げた際、吉田代表は「(父は)古馬になってから走った。2歳からこれだけ走るなら相当レベルが高い」と話すなど、ブリックスアンドモルタルの種牡馬としてのポテンシャルを高く評価した。

 牧場関係者の間では「サンデーサイレンスの再来」とも言われているが、デビューした3頭のうち2頭が勝ち上がるなど、早くも期待に違わぬ能力を示したといっていいだろう。今後は、本家サンデーサイレンスのように日本の競馬に革命を起こす存在になるかもしれない。

 そんなブリックスアンドモルタル産駒の中でも今年、特に注目しておきたい1頭がいる。カルデア(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)である。

 なぜかというと、YouTube『テレビ東京 競馬チャンネル』が今年3月に投稿した動画内において、社台ファームが今年期待する2歳馬の1頭として、今年の皐月賞馬ソールオリエンスの弟や、昨年の菊花賞馬アスクビクターモアの妹と並んで同馬が取り上げられているからだ。

 仏オークスなどG1・3勝を挙げた名牝サラフィナを母に持つカルデアについて、同牧場のスタッフは「日本で成績が出せれば、次の視野は海外になってくる」と話すなど、すでに世界進出も見据えるほどの期待をかけている様子だ。

 また社台ファームの東礼治郎場長も「奥がありそう。スタッフに聞くと、走り方もしっかりしているし、性格も穏やかとのこと。中距離路線が良さそうですね」と『POGの王道2023-2024年度版』(双葉社)の中で大物感溢れるコメントを残している。

 ここ2年のクラシックホースの兄弟と併せて紹介された上、中距離向きとのコメント、さらにはここ10年で日本ダービー3勝を誇る友道厩舎に入厩――。このブリックスアンドモルタル産駒が歩む道が世代のエリート街道であることに疑いの余地はないだろう。

「結果を残して海外に」社台ファーム期待の大物が武豊でデビュー!? 前評判に違わぬ新種牡馬「第二のサンデーサイレンス」へ世界的良血馬がスタンバイの画像2
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

「カルデアは一口馬主クラブのインゼルレーシングにおいて、総額6000万円で募集されています。デビュー戦は同クラブと関係が強い武豊騎手を背に迎えることも十分考えられるのではないでしょうか」(同)

 果たして新種牡馬ブリックスアンドモルタルは、初年度からサンデーサイレンスのようにクラシックホースを輩出することになるのか。楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「結果を残して海外に」社台ファーム期待の大物が武豊でデビュー!? 前評判に違わぬ新種牡馬「第二のサンデーサイレンス」へ世界的良血馬がスタンバイのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声
  2. 某厩舎の忘年会で阪神JF勝負情報が漏洩?「アスコリピチェーノやコラソンビートには負けない」勝利に自信を見せる意外な穴馬
  3. 有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方
  4. 【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるか
  5. 川田将雅、福永祐一も認める「大器晩成」、4連勝中ディープインパクト産駒がついに復帰!「G1挑戦」の妹に繋げたいバトン
  6. 武豊が「告白」宝塚記念(G1)キタサンブラック大敗劇で「最大の敗因」とされるサトノクラウンの”荒技”の影響……凱旋門賞消滅への思いと「雪辱の秋」へ<2>
  7. 川田将雅「香港遠征」で一足先にプレゼント? リバティアイランド級不在でも…「重賞13連敗」の正念場で掴んだ絶好のチャンス
  8. ドウデュース×武豊で有馬記念(G1)!?  【香港マイル】獲得賞金「イクイノックス超え」の最強マイラーが出走!世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【阪神ジュベナイルF】史上初となる母仔&姉妹制覇! ビワハイジ、ブエナビスタに次ぐ快挙を成し遂げたジョワドヴィーヴル【東大式必勝馬券予想】
  10. 何故、セラフィックコールの「豪脚」は不発に終わったのか…元JRA安藤勝己氏が指摘する「弱点」が意外に深刻なワケ