GJ > 競馬ニュース > 競馬には「人智を超えたこの世の秘密」が隠される? 皆が重い印を付けている穴馬はなぜ「来ない」のか【徒然なる神のくず競馬トーク】
NEW

競馬には「人智を超えたこの世の秘密」が隠される? 皆が重い印を付けている穴馬はなぜ「来ない」のか【徒然なる神のくず競馬トーク】

【この記事のキーワード】, ,

競馬には「人智を超えたこの世の秘密」が隠される? 皆が重い印を付けている穴馬はなぜ「来ない」のか【徒然なる神のくず競馬トーク】の画像1

「誰かと予想が被ることについて」

 競馬の予想をしていると、ほぼ必ず誰かと本命が被ることになります。誰しもあるでしょうが、私にも「あの人とは被りたくない!」という人が何人かいます。もちろん私と被りたくないという人もたくさんいるでしょうけど(笑)。

 まあ、基本的に誰と被っても嫌なものですが、何か「この人と被ると本当に来ないんだよなあ……」って人がいますよね? 思い込みも多分にあるとは思うんですけど。

 ただ、人気馬で被るのはこれはもう当たり前の事なので、そんなに気にする事はないと思います。しかし、穴で被るのは実に気分が悪いもので、これがまた本当に来ないんですよねえ(笑)。思い込みなのかなあ。

 同じように複数の予想家や、芸人、タレント、YouTuberがやけに推している穴馬も何故か来ませんよね。これが本当に不思議なんですよ。別に誰が本命にしていようが、レースの結果との因果関係なんかないはずなんですよ。

 逆に、例えば配信なんかで、その出演者の人達がなぜか軽視している人気馬はものすごく来るイメージです。これは一体何なのだろうか? マーフィーの法則的なものなのだろうか?それともそれはただのイメージで、実際は確率通りの結果なのだろうか?

 私はまずその辺を整理してほしい。イメージだけだというのならそれでいいのですが、「それはただのイメージです。ほら、こうして計算すると実際は確率通りでしょう?」と証明してほしいし、予想家の印の集まる穴馬が実際に本当に来ないものなら、その理由を科学的に証明してほしいんですよね。

 この辺には、何か人智を超えたこの世の秘密が隠されている気がするのです。人の思考が集まる事によって、馬やその周りの人達に何かしらの影響を与えて、レースの結果に影響を及ぼしているなんてこともあるのかもしれない。実に非科学的ですが。

 まあ、実際は穴馬なんてものは、そもそも10回に1回来れば上等で、皆の予想がたまたま被った時に(まずこの確率も低い)、更にその10回に1回が来る確率はめちゃくちゃ低いっていうだけだと思うんですけどねえ……。

 どちらにしろ、本当は私も予想は全員の予想を見てから、後出しジャンケン的に出したいんです。予想も後出しジャンケンの方が圧倒的に有利です。これもそれはそれでおかしな話なんですけどね(笑)。

 なぜか、やや皆の盲点になっている馬が来るんです! 皆がやや軽視している人気馬は来るんです! そして、皆が重い印を付けている穴馬は来ないのです! そういうものなのです! 堂々巡りですね(笑)。誰か統計を出してくれないかなあ。

 それでは皆さん、今週も頑張りましょう〜。

キャプテン渡辺

キャプテン渡辺

お笑い芸人。1975年10月20日生まれ、静岡県静岡市出身。A型。放送芸術学院卒業。2005年にお笑いトリオ・キラッキラーズを結成。現在はピン芸人として活躍中。土曜の競馬中継「ウイニング競馬」レギュラー。競馬予想術の粋を集めた自著「神の馬券術」が好評発売中

【YouTube】「くず競馬チャンネル」https://youtu.be/JfZ6Y2AQklo

Twitter:@captain1975

競馬には「人智を超えたこの世の秘密」が隠される? 皆が重い印を付けている穴馬はなぜ「来ない」のか【徒然なる神のくず競馬トーク】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】