GJ > 競馬ニュース > レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声
NEW

レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声

【この記事のキーワード】, ,
レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声の画像1
レモンポップ 撮影:Ruriko.I

 先週日曜のチャンピオンズC(G1)は、ハナを奪ったレモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎)が2着ウィルソンテソーロに1馬身1/4差で優勝。レース前は初の1800m、大外枠が不安視されたが、終わってみればまったくの杞憂だった。

 同馬はフェブラリーS、南部杯に続き、今年G1・3勝目。来年も現役を続行することが関係者からすでに発表されている。主戦の坂井瑠星騎手とともに、今後もダート路線を引っ張っていく存在となるだろう。

 また2着には、道中後方で脚を溜めていた12番人気の大穴ウィルソンテソーロ(牡4歳、美浦・小手川準厩舎)が、上がり最速となる36秒6の末脚で突っ込んだ。

 前走のJBCクラシック(G1)は5着に敗れた同馬だが、ダート戦ではここまで重賞3勝を含む9戦7勝とまだ底を見せていなかった。結果論にはなってしまうが、単勝92.0倍はさすがに軽視されすぎだったかもしれない。

 超人気薄の激走について、元JRA騎手の安藤勝己氏が「原が冷静に脚をタメた」とSNSで評価した通り、ウィルソンテソーロと初コンビを組んだ23歳の若武者・原優介騎手の手綱さばきも見事だった。何はともあれ、今年のチャンピオンズCは迫力満点のゴール前だった。

「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声

レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声の画像2
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 この結果を受けて、間接的に称賛を受けることとなったのが戸崎圭太騎手だ。

 チャンピオンズCに騎乗馬はおらず、当日は裏開催となった中山で騎乗していた戸崎騎手。ただ同騎手がチャンピオンズCの勝ち馬レモンポップの元主戦だったことは、多くのファンが知るところだ。

 同馬には8回騎乗して7勝を挙げ、今年1月の根岸S(G3)を制している。戸崎騎手は今年のフェブラリーSにもう1頭のお手馬ドライスタウトとともに参戦したため、レモンポップの手綱は坂井騎手に譲ることとなったが、乗り替わりとなるまでの成績を見ても分かる通り、ほぼパーフェクトに乗りこなしていた。

 またレモンポップだけでなく、ウィルソンテソーロも戸崎騎手の元お手馬である。

 同馬と戸崎騎手はデビュー2戦目からタッグ。最初の2戦こそ芝のレースで敗れたが、初ダートとなった未勝利戦を大差で圧勝。そこから一気の4連勝で、ウィルソンテソーロをオープン馬まで導いている。

 ダートでレモンポップとウィルソンテソーロに騎乗した際、戸崎騎手は2頭合わせて「12戦11勝」という凄まじい好成績を残していた。つまり戸崎騎手はダートの全レースで賞金加算を成功させるなど、2頭の出世に大いに貢献していたのである。

 そのためチャンピオンズCの後、SNSやネット掲示板には「戸崎騎手の存在抜きで、2頭のワンツーはなかったかもしれんな」「ここまで出世したのは戸崎騎手のおかげ」「レモンポップとウィルソンテソーロは戸崎が育てた」など、元主戦を称賛する声が上がっていた。

「ダートに転向後はウィルソンテソーロをほぼ完璧に乗りこなしていた戸崎騎手でしたが、他のお手馬との兼ね合いや、同馬が小手川厩舎に転厩したこともあり、コンビ続投とはならなかったようですね。

ちなみにウィルソンテソーロを以前管理していたのが、奇しくもレモンポップを手掛ける田中博厩舎です。そういった意味で今年のチャンピオンズCは、戸崎騎手と田中博厩舎に縁のある2頭のワンツーフィニッシュという結果にもなりました」(競馬誌ライター)

 ちなみに先述の通り、元お手馬がG1でワンツーを決めた裏の中山で、戸崎騎手は準メインとメインを連勝。1日3勝を挙げる大活躍を見せた。

 その後のレモンポップとウィルソンテソーロの活躍を見ると、ちょっとしたすれ違いのような形でコンビ解消となったものの、この路線は他にもドライスタウトやオメガギネスなど、前途有望なお手馬が揃っている。来年はこれらの馬とともにビッグレースを制し、戸崎騎手が直接称賛を受けることに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に