GJ > 競馬ニュース > イクイノックスを「唯一」差し切った兄の豪脚を彷彿!「才能に驚いた」名手も絶賛の走りでマイル女王「後輩」が来春に名乗り
NEW

イクイノックスを「唯一」差し切った兄の豪脚を彷彿!「才能に驚いた」名手も絶賛の走りでマイル女王「後輩」が来春に名乗り

イクイノックスを「唯一」差し切った兄の豪脚を彷彿!「才能に驚いた」名手も絶賛の走りでマイル女王「後輩」が来春に名乗りの画像1
B.ムルザバエフ騎手 撮影:Ruriko.I

 10日、阪神4Rに行われた牝馬限定の2歳新馬戦(芝1600m)は、5番人気チルカーノ(牝2歳、栗東・高野友和厩舎)とB.ムルザバエフ騎手のコンビが直線で差し切って優勝した。

「才能に驚いています」

 調教でチルカーノに跨った際には、あまり手応えを感じなかったというムルザバエフ騎手。ただ、同馬が競馬に行って見せた変わり身には、ドイツの名手も思わず称賛の言葉を残した。

 17頭で争われたレース。チルカーノはムルザバエフ騎手が「スタート後の密集に驚いて、位置取りは後ろになりました」と振り返った通り、後方からレースを進めることとなる。

 3コーナーから外に持ち出すと、徐々に進出を開始。ただ前半の1000m通過が63秒0のスローペースだったこともあり、4コーナーでは馬群がほぼひとかたまりに。チルカーノは外々を回されて最後の直線を迎えた。

 ペースを考えると先行勢がかなり脚を残していたことは想像に難くなかったが、チルカーノは馬場の真ん中から豪脚を披露。メンバー最速タイとなる上がり3ハロン33秒4の末脚を繰り出し、先行各馬をまとめて差し切ってみせた。

「ラストの直線で見せた末脚は、このメンバーの中ではワンランク上のものでしたね。スケール感のあるフットワークで、ムルザバエフ騎手がレース後に称賛を与えたことにも納得です。

管理する高野調教師は戦前『まだ芯が入っていない感じがする』と話していたことから、これからの伸びしろにも相当期待できそうですよ」(競馬誌ライター)

イクイノックスを「唯一」差し切った兄の豪脚を彷彿!

 初陣を飾ったチルカーノは父ハービンジャー、母がG1で3着2回のアロマティコ。半兄には皐月賞馬ジオグリフがいる良血だ。今回のゴール前でチルカーノが見せた末脚は、昨年の皐月賞(G1)でイクイノックスを差し切ったジオグリフの豪脚を彷彿とさせるものもあった。

 ちなみにこの皐月賞は、後に国内外でG1・6連勝を達成し、先日現役引退を発表したイクイノックスがキャリアで唯一、後ろの馬に差されて黒星を喫したレースにもなっている。

「高野厩舎が管理するハービンジャー産駒の牝馬といえば、ナミュールも思い出されますね。今秋、富士S(G2)とマイルCS(G1)を連勝しマイル女王に輝いた同馬ですが、昨年の牝馬三冠レースでは皆勤したものの10着、3着、2着と戴冠にはもう一歩届きませんでした」(同)

「急かさなければ、距離はもう少し延びても良さそうです」

 レース後、ムルザバエフ騎手はチルカーノの将来性についてもコメントを残した。次走は現時点で未定とのことだが、順調に行けば抜群の末脚を武器に、来春の牝馬クラシック路線で面白い存在となりそうだ。厩舎の先輩ナミュールが叶わなかった牝馬三冠レースのタイトル奪取にも期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

イクイノックスを「唯一」差し切った兄の豪脚を彷彿!「才能に驚いた」名手も絶賛の走りでマイル女王「後輩」が来春に名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か