GJ > 競馬ニュース > 武豊の「クラシック候補」や重賞級の有望株も登場! 京成杯(G3)にも不気味な1頭がエントリー…億超え馬も控える注目オーナーに大ブレイクの予感
NEW

武豊の「クラシック候補」や重賞級の有望株も登場! 京成杯(G3)にも不気味な1頭がエントリー…億超え馬も控える注目オーナーに大ブレイクの予感

【この記事のキーワード】, ,
武豊の「クラシック候補」や重賞級の有望株も登場! 京成杯(G3)にも不気味な1頭がエントリー…億超え馬も控える注目オーナーに大ブレイクの予感の画像1
撮影:Ruriko.I

 8日に行われたシンザン記念(G3)。勝ったノーブルロジャーには0秒2差で及ばなかったが、好位から直線でしっかりと脚を伸ばして2着に入り、賞金加算を成功させたのがエコロブルーム(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)だ。

 過去の勝ち馬に三冠牝馬アーモンドアイやジェンティルドンナも名を連ねるこの出世レース。惜しくも1番人気に応えることはできなかったが、騎乗したC.ルメール騎手の評価は上々だ。レース後に「右回りが初めてで、最初のコーナーでは馬がびっくりしていた」「馬場が緩く、そうした馬場はあまり良くなさそう」と振り返っていたことを思えば、次走での勝ち負けを十分に期待できる走りだったのではないか。

 そういった逆境を跳ね返し、しっかりと連対を確保しただけに、ルメール騎手が「能力はあると思います」とコメントしたのも頷ける。血統的にも2021年のきさらぎ賞(G3)を勝ったラーゴムの半弟だけに、順調なら今春の重賞戦線で面白い存在になるだろう。

 また、エコロブルームと同じ「エコロ」の冠名を持つ期待馬といえば、エコロヴァルツ(牡3歳、栗東・牧浦充徳厩舎)も今春の牡馬クラシック路線で注目の1頭である。

 同馬は前走、武豊騎手とのコンビで昨年暮れの朝日杯フューチュリティS(G1)に出走。最後の直線で大外から追い込み届かず2着だったが、約4ヶ月の休み明け、初のマイル戦だったことを考えると、負けてなお強しといった内容だった。

武豊の「クラシック候補」や重賞級の有望株も登場! 京成杯(G3)にも不気味な1頭がエントリー…億超え馬も控える注目オーナーに大ブレイクの予感
エコロヴァルツ 撮影:Ruriko.I

 もともと新馬戦で後に萩S(L)を制するルシフェルに快勝しており、2戦目のコスモス賞(OP)も6馬身差で大楽勝。父が同じブラックタイドということもあってか、一部のファンからは「第二のキタサンブラック」とも囁かれているクラシック候補だ。

 そんなエコロヴァルツの今年初戦は、引き続き武豊騎手とのコンビで来月の共同通信杯(G3)を予定しているとのこと。近年の本レースを制覇したエフフォーリアや2着になったジオグリフが皐月賞(G1)を制しており、結果次第では春二冠の最有力候補となってもおかしくない。

京成杯(G3)にもエコロ軍団の不気味な1頭がエントリー

 上記2頭の重賞戦線での活躍もあり、ここにきて一気に注目度を増してきている「エコロ軍団」だが、14日に行われる京成杯(G3)にもエコロマーズ(牡3歳、栗東・牧浦充徳厩舎)がエントリーした。

 ここ2戦はマイル戦で連敗が続いており、当日は伏兵評価が予想される。ただ3走前の新馬戦は芝1800mで完勝しているため、今回は距離延長がプラスに働くことも大いに考えられる。そして何より冠名エコロがいま勢いに乗っているだけに、不気味な1頭としてレース当日を迎えることとなりそうだ。

「エコロ軍団のオーナーである原村正紀氏は、天然ジェルソープ『マリンピュアクリスタル』の販売などを手掛ける『株式会社エコロ・インターナショナル』の代表取締役社長。馬主としては2017年にJRAデビューした比較的新興のオーナーですが、ここのところ毎年のようにセレクトセールに参加して高額馬を購入していますね。

所有馬のエコロデュエルが昨年11月の京都ジャンプS(G3)を優勝し、馬主として初のJRA重賞制覇。今年の3歳世代は期待馬が複数スタンバイするなど、これからますますの活躍が期待される注目オーナーの1人です」(競馬誌ライター)

 実際に原村オーナーは2022年のセレクトセールにおいて、オールドタイムワルツの2022(牝・父エピファネイア)を税込み約1.6億円という高値で購入。「このあとは頂点を目指して頑張って欲しいと思います」と、落札後には同馬に対する期待を語っていた。

 同馬はエコログランと名付けられ、早ければ今夏にもデビューする予定だ。昨年のエコロヴァルツと同じように、エコログランも今年の暮れには2歳G1で有力候補となっているかもしれない。

 これからの競馬界で大ブレイクも予感させる、原村オーナー率いるエコロ軍団。まずは今週末の京成杯に出走予定であるエコロマーズの走りに注目してみたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊の「クラシック候補」や重賞級の有望株も登場! 京成杯(G3)にも不気味な1頭がエントリー…億超え馬も控える注目オーナーに大ブレイクの予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑