GJ > 競馬ニュース > 【京成杯】C.ルメール×国枝栄厩舎が「ダービー予約」の破棄から再挑戦!悲願の牡馬クラシック制覇に向け、三冠牝馬アパパネの仔が試金石の一戦
NEW

【京成杯】C.ルメール×国枝栄厩舎が「ダービー予約」の破棄から再挑戦!悲願の牡馬クラシック制覇に向け、三冠牝馬アパパネの仔が試金石の一戦

【京成杯】C.ルメール×国枝栄厩舎が「ダービー予約」の破棄から再挑戦!悲願の牡馬クラシック制覇に向け、三冠牝馬アパパネの仔が試金石の一戦の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 14日、中山競馬場では3歳世代のクラシックを占う重要なステップ、京成杯(G3)が行われる。

 本番と同じ中山の芝2000mを舞台に争うこのレースからは、昨年優勝したソールオリエンスが皐月賞(G1)を優勝。今年の出走馬にも将来性豊かな素質馬たちが集まった。

三冠牝馬アパパネの仔が試金石の一戦

 中でも注目したいのは、C.ルメール騎手と関東の名門が送り込むバードウォッチャー(牡3、美浦・国枝栄厩舎)だ。父はディープインパクトの全兄ブラックタイド、母はアパパネと、血統的にも三冠馬と縁のある良血馬といえるだろう。

 まだ1勝馬の身ではあるが、11月東京の芝1800mを制したデビュー戦の勝ち方はなかなかだった。

 勝ちタイムの1分50秒3は目立たないものの、12頭立てのレースを最後の直線で後方から上がり3ハロン33秒5の末脚を披露して差し切り勝ち。前半1000m通過が63秒3の超スローだったことを思えば秀逸である。手綱を取ったルメール騎手が、レース後のコメントで「ポテンシャルが高いです」と上々の評価を与えたのも好材料だ。

 そして、本馬を管理する国枝調教師にも力が入る理由がある。

 牝馬三冠に輝いたアーモンドアイやアパパネらの名牝を育てた名伯楽ながら、不思議なことに牡馬のクラシックとは縁がない人物。こちらについては師もたびたび「ダービーを獲りたい」と公言しており、競馬サークルの七不思議と囁かれているほどなのだが、調教師の定年は残念ながら70歳。今年で69歳を迎える師に残されたチャンスは少ない。

 その一方で、ルメール騎手と国枝調教師のコンビで知られたダービー馬候補として思い出されるのは、3年前の冬に大きな注目を集めたコマンドラインの存在。本馬はデビュー前から身体能力の高さを絶賛され、噂に違わぬ走りでデビュー戦と2戦目のサウジアラビアロイヤルC(G3)を連勝した。超大物候補の追い切りに跨ったルメール騎手の口から「ダービーを予約しておきます」という言葉が出たのだから、その期待のほどは相当に大きかっただろう。

「無傷の3連勝を期待されたホープフルS(G1)を1番人気で12着に惨敗してから別馬のように伸び悩んでしまいましたね。翌年3月の毎日杯(G3)も5番人気で8着に凡走。なんとかダービーと名のつくレースに出走したものの、ジャパンダートダービー(G1)という不本意なオチもつきました。

同レースで14着に敗れると、その後もルメール騎手が鞍上に戻ったキャピタルS(L)で最下位に惨敗。去勢後に1年の休みを挟んで出走したアンドロメダS(L)も見せ場もない14着に敗れ、先日には障害試験を合格したという情報が出ていましたね。新天地で巻き返しの期待される馬です」(競馬記者)

 過去にそんな経緯のあったルメール騎手と国枝厩舎だが、もしバードウォッチャーが試金石となる京成杯であっさり勝利を収めるようなら、クラシックでのコンビ継続もあるはずだ。既にルメール騎手には、牡馬を相手に昨年のホープフルSを制したレガレイラもおり、本馬は皐月賞を目標にしているが、名手の心を迷わすくらいの激走に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【京成杯】C.ルメール×国枝栄厩舎が「ダービー予約」の破棄から再挑戦!悲願の牡馬クラシック制覇に向け、三冠牝馬アパパネの仔が試金石の一戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」