GJ > 競馬ニュース > 「59キロ」の日経新春杯勝利から1年…スルーセブンシーズも活躍で待望される「ドリームジャーニー後継」は7歳でも健在?
NEW

「59キロ」の日経新春杯勝利から1年…スルーセブンシーズも活躍で待望される「ドリームジャーニー後継」は7歳でも健在?

「59キロ」の日経新春杯勝利から1年…スルーセブンシーズも活躍で待望される「ドリームジャーニー後継」は7歳でも健在?の画像1
ヴェルトライゼンデ 撮影:Ruriko.I

 14日、京都競馬場で行われるハンデ重賞の日経新春杯(G2)は、実力拮抗で抜けた馬がいない混戦模様。トップハンデは斤量58kgのヒンドゥタイムズ、次点で57.5kgのサトノグランツとディアスティマが続く。最軽量の53kgまで5kg差がついているだけに、レース結果にも影響がありそうだ。

 そんな日経新春杯を昨年勝ったのが、ヴェルトライゼンデ(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。トップハンデの斤量59kgを背負ったが、ジャパンC(G1)3着、日本ダービー(G1)3着の実績馬には問題なかったか。その実力を示す印象的な結果だった。

 本馬はこの勝利をステップに、次走はG1初勝利を目指して大阪杯(G1)に転戦したが、9着と大敗。さらに屈腱炎が再発してしまい、全治9ヶ月の診断を受けて休養している。

 昨年の宝塚記念(G1)や凱旋門賞(G1)で健闘したスルーセブンシーズの活躍を受けて、同じくドリームジャーニーを父に持つ彼の名前を思い出すファンも多かっただろう。「種牡馬入りして、なんとか血を残してほしい」というファンの声も聞かれた。

 というのも、ドリームジャーニーの産駒は数少なく、スルーセブンシーズを含む2018年生まれは全14頭、ヴェルトライゼンデを含む2017年産に至っては3頭しかいない。この少数から重賞馬を輩出しただけに、1頭にかかる期待は大きくなる。

 また、ドリームジャーニーは種牡馬登録こそ続けているが、事故による骨折も経験したためか、近年は種付けは行われていない。父の直系をつなぐ意味でも、牡馬の稼ぎ頭にして兄弟にも重賞馬がいるヴェルトライゼンデには、より大きな期待が寄せられるのだろう。

「ドリームジャーニー後継」は7歳でも健在?

 7歳で屈腱炎となると「引退」の二文字も思い浮かぶが、まだ希望はある。ドリームジャーニー産駒には、大ベテランのトゥラヴェスーラ(牡9歳、栗東・高橋康之厩舎)もいる。前走の京阪杯(G3)でもハナ差4着と健闘した同馬は、初の重賞勝利に向けて、次走はシルクロードS(G3)を予定している。

 祖父にあたるステイゴールドの血筋は、孫の代でも息の長い活躍が目立つ。祖父がG1初勝利を飾ったのは7歳時の香港ヴァーズ(G1)なので、7歳のヴェルトライゼンデにもまだG1勝ちのチャンスは残されている。
 
 また、不治の病とも言われる屈腱炎の再発は重いが、以前は1年4ヶ月の休養明けながら鳴尾記念(G3)で重賞を勝利。「JRA史上最長間隔での平地重賞V」を果たした実績もある。

 昨年4月に全治9ヶ月と発表され、現在は年が明けて1月、もうじき続報があるかもしれない。念願のG1制覇を目指すヴェルトライゼンデの復活を待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「59キロ」の日経新春杯勝利から1年…スルーセブンシーズも活躍で待望される「ドリームジャーニー後継」は7歳でも健在?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」