GJ > 競馬ニュース > 武豊ヤマニンウルス「+46kg」に調教師「体はもっと増える」…右肩上がりの馬体重に心配の声も、クロノジェネシス厩舎の信頼と実績に期待
NEW

武豊ヤマニンウルス「+46kg」に調教師「体はもっと増える」…デビューから右肩上がりの馬体重に心配の声も、厩舎の信頼と実績に期待

【この記事のキーワード】, ,

武豊ヤマニンウルス「+46kg」に調教師「体はもっと増える」…デビューから右肩上がりの馬体重に心配の声も、厩舎の信頼と実績に期待の画像1

ダートの怪物ヤマニンウルスのもう1つの特徴

 14日、京都競馬場で行われた雅S(3勝クラス)は、1番人気のヤマニンウルス(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。主戦の武豊騎手がデビュー無敗の6連勝で2022年の米年度代表馬に輝いた名馬を引き合いに「和製フライトラインになってほしい」と期待をかけるダート界の超大物が、無敗の4連勝でオープン入りを決めた。

 怪物の底は、今回も見えなかった。13頭立て、ダート1800mのレースでスタートを決めたヤマニンウルスは、ハナを主張したレガーメペスカを行かせる“定位置”の2番手をキープ。デビューから3連勝を決めた必勝パターンに持ち込むと、4コーナーで早々に先頭に躍り出て、あっという間にセーフティリードを作ってしまった。

「今回も強かったですね。ゲートは普通ですが二の脚が速く、武豊騎手も楽に番手を取りに行っている印象です。2着馬との着差こそ4.3秒→1.0秒→0.6秒、そして今回が0.2秒とクラスが上がるごとに詰まっていますが、今回もゴール前で流したところに2着馬が追い上げてきただけで、着差以上に強い競馬でした。これまでレース間隔を空けて使っている馬なので、ダメージが少ない競馬になったのは良かったと思います。

これでデビューから4連勝。あの出脚の速さは今後も大きな武器になりますし、オープンクラスに上がっても楽しみです。武豊騎手の期待も相当大きいと思いますね」(競馬記者)

 数々の金字塔を打ち立てる芝だけでなく、カネヒキリやヴァーミリアン、コパノリッキーなど数多くのダート界のスターにも騎乗した武豊騎手。そんなレジェンドジョッキーがただならぬ期待を寄せていることが、このヤマニンウルスが秘めるスケールの大きさを物語っている。

右肩上がりの馬体重に心配の声も

 その一方で「大きさ」といえば、ヤマニンウルスがデビュー当初から「どんどん大きくなっている」ことはご存じだろうか。右肩上がりの馬体重は、一部のファンの間でも話題になっているようだ。

 一昨年の夏にデビューしたヤマニンウルスだが、536kgの馬体重は2番手に18kg差をつける断然トップだった。そんな大型馬が2戦目に+24kgの560kg、3戦目も+16kgで576kgと、どんどん馬体重を増加させているのだから驚きだ。

 4戦目となった雅Sでは+6kgに留まったが582kgと、デビュー戦からは46kgの増加。いよいよ600kgの大台も見えてきた。その上でさらにファンを驚かせたのが、レース快勝後の斉藤調教師による「太くはなかったし、体はもっと増えてくると思う」というコメントである。

「そのスケールだけでなく、馬体重もレースを重ねるごとにどんどん大きくなってますね……(笑)。ただ、ここまで大きくなると、その巨体を支える脚元がさらに心配になってきます。これまでレース間隔を空けて使われているヤマニンウルスですが、大型馬ゆえの調整の難しさもあるそうです。ただ、斉藤厩舎の活躍馬は大きく馬体を増やすことが特徴の1つでもあるだけに、楽しみでもあります」(別の記者)

武豊ヤマニンウルス「+46kg」に調教師「体はもっと増える」…デビューから右肩上がりの馬体重に心配の声も、厩舎の信頼と実績に期待の画像2
キャリアを通じて大きな成長を遂げたクロノジェネシス 撮影:Ruriko.I

 記者がそう語る通り、かつて斉藤厩舎の看板馬だったクロノジェネシスは、若い頃から世代トップクラスの活躍馬だったが、古馬になってからさらに大きく成長。2020年には牝馬ながらに宝塚記念(G1)や有馬記念(G1)で強豪牡馬の撃破に成功しており、JRAの特別賞に輝いている。

 そんな名牝もデビュー時は440kgだった馬体重が、引退レースでは478kgと大きく馬体を増やしながら成長した1頭だ。

 また、2022年のエリザベス女王杯(G1)を勝ち、昨年末に引退したジェラルディーナもデビュー時は440kgだったが、引退レースは466kgでの出走だった。無論、斉藤厩舎で活躍したすべての馬が大きく馬体を増やしたわけではないが、大型化が懸念されるヤマニンウルスにとっては頼もしい厩舎といえるだろう。

 レース後、武豊騎手が「今後が楽しみ」と改めて期待を寄せれば、斉藤調教師も「今回は、前走後のダメージがなかったので2か月(の間隔)で使えた。今後は様子を見て決めたい」と前を向く。今回もレースぶりに余裕があっただけに、あまり間隔を空けずに出走できるかもしれない。

 いずれにせよ、怪物が“名実ともに”どこまで大きく成長するのか楽しみだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊ヤマニンウルス「+46kg」に調教師「体はもっと増える」…デビューから右肩上がりの馬体重に心配の声も、厩舎の信頼と実績に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」