GJ > 競馬ニュース > 武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発、「馬に申し訳ない」人気を大きく下回る結果に騎手も謝罪…コンビ待望のタイトル制覇はまたも持ち越し
NEW

武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発、「馬に申し訳ない」人気を大きく下回る結果に騎手も謝罪…コンビ待望のタイトル制覇はまたも持ち越し

【この記事のキーワード】, ,

武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発、「馬に申し訳ない」人気を大きく下回る結果に騎手も謝罪…コンビ待望のタイトル制覇はまたも持ち越しの画像1

 28日に行われたフェブラリーS(G1)の前哨戦、根岸S(G3)は1番人気に応えたエンペラーワケアが、2着馬を2馬身半突き放す大楽勝。これでダート転向後は6戦5勝となり、初の重賞タイトルも難なく手中に収めた。

 前走からコンビを組む川田将雅騎手はレース後、「完勝だったと思います」とパートナーの走りを称賛。管理する杉山晴紀調教師は今後について「あまり無理をしたくないので、しっかりと様子を見たいと思います」と話すに留めたが、フェブラリーSに出走してくれば最有力候補の1頭に違いない。

 なお2着に6番人気アームズレインが好走し、3着に2番人気サンライズフレイムが入り、勝ち馬以外は小波乱の決着となった。

 そんな中、3番人気の支持を大きく裏切る13着と大敗したのが、タガノビューティー(牡7歳、栗東・西園正都厩舎)と石橋脩騎手のコンビである。

 豪快な追い込みを武器としている明け7歳の古豪は、昨年のかしわ記念(G1)で0秒1差の2着に入り、前走の武蔵野S(G3)でも出遅れを巻き返して2着に好走した実績の持ち主。有力視されたドライスタウトが回避したこともあり、人気の面では3番手の評価でも、実績的には断然の存在だったと言えるだろう。

 まだ重賞には手が届いていないが、武蔵野Sのレース後には主戦の石橋騎手が「この馬で重賞を勝ちたいと思っている」と決意を語っていたように、ここは結果の欲しい舞台だったに違いない。

 ちなみに根岸Sでは一昨年3着、昨年も0秒3差の4着と好走。近走の内容からも、人馬の重賞勝利を期待したファンも少なくなかったはずである。

 しかしスタートで2馬身ほど出遅れると、3~4コーナーでは最後方の位置取り。一応、後方追走はこの馬のスタイルでもあるのだが、最後の直線で大外に出されても自慢の末脚は炸裂せず、ほとんど見せ場を作れず馬群に沈んでしまった。

石橋脩騎手「馬に申し訳ないです」

武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発、「馬に申し訳ない」人気を大きく下回る結果に騎手も謝罪…コンビ待望のタイトル制覇はまたも持ち越しの画像2
石橋脩騎手

 期待に応えることができなかったタガノビューティーだが、石橋騎手はレース後「1400mを使うときはスタートをポコッと出る馬。最初の位置は良かったと思います」と振り返っており、出遅れと前半のポジションについては、ある程度想定内だったようだ。

 ただ「外目を上がって行きたかったのですが、3~4コーナーでペースが落ち着いて、動けませんでした」と、思いのほかスローになったことを敗因の1つに挙げ、「馬に申し訳ないです」と謝罪のコメントも残さざるを得なかった。

「武豊騎手とヘリオスのコンビがハナを奪った今年の根岸Sですが、前半600mの通過タイムは35秒8。これは1986年以降、ダート1400m以下のJRA重賞で最も遅いペースでした。

4角で6番手以内にいた馬たちが掲示板の5着までを占める前残り決着となっただけに、タガノビューティーにはツキもありませんでしたね。後ろから行くタイプは展開に左右されやすいため、今回の大敗で人気を落とすようなら、次走でもう一度狙ってみるのもありかもしれません」(競馬誌ライター)

 追い込み脚質の上に出遅れたタガノビューティーにとって、超スローペースと言えそうな今年の根岸Sは、相当不向きな展開だったと言えそうだが、同馬がマークした上がり3ハロンは3位タイの35秒4。仮に展開やペースを理由とするには、せめて上がり最速くらいはマークしておきたかったかもしれない。

 今年で明け7歳を迎え、今後の伸びしろも気になるところだが、次走以降での巻き返し、そして石橋騎手とのコンビで待望の重賞勝利は叶うだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊が演出した「最遅ペース」に末脚不発、「馬に申し訳ない」人気を大きく下回る結果に騎手も謝罪…コンビ待望のタイトル制覇はまたも持ち越しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」