GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】王者レモンポップ不在でも「G1馬6頭」の豪華メンバー集結!? 「レベル低下」囁かれる頂上決戦に救世主登場あるか
NEW

【フェブラリーS】王者レモンポップ不在でも「G1馬6頭」の豪華メンバー集結!? 「レベル低下」囁かれる頂上決戦に救世主登場あるか

【フェブラリーS】王者レモンポップ不在でも「G1馬6頭」の豪華メンバー集結!? 「レベル低下」囁かれる頂上決戦に救世主登場あるかの画像1

 24日に行われるサウジC(G1)は、昨年パンサラッサが優勝し1着賞金1000万ドル(約13億5000万円)を獲得した世界最高峰のダート戦。今年も“国内2強”と目されるレモンポップやウシュバテソーロなど、錚々たるメンバーが揃う予定だ。

 サウジCが充実する一方で「メンバー手薄」を嘆かれるのがフェブラリーS(G1)。由緒ある国内のダート王決定戦ながら、1着賞金が1億2000万円ということで、同じ時期に開催されるサウジCには賞金面で大差をつけられている。

 そんなフェブラリーSの開催も18日に迫ったが、想定メンバーを見ると決して手薄とは言えなくなってきた。ダートG1馬ではキングズソードを筆頭に、地方からはミックファイアとイグナイターが参戦予定。他にも昨年2着のレッドルゼルなど実績馬の名前がある。

 2022年に芝のホープフルS(G1)を制したドゥラエレーデも、昨年チャンピオンズC(G1)と東京大賞典(G1)で連続3着に好走したことで、今やダートの有力馬として参戦予定。さらにはダート初参戦の芝G1馬シャンパンカラーも出走を検討している。彼らが揃えばG1馬6頭、他の実績馬も含めて見応えのある一戦になるだろう。

 しかし、砂で実績十分のキングズソード、レッドルゼル、ドゥラエレーデを除くと、他のG1馬は“挑戦者”と言える立場かもしれない。芝路線や地方からの挑戦は実るのだろうか。

初ダート&地方からの挑戦組はやや苦戦も

 先述の通り、シャンパンカラーはダート未経験。フェブラリーSの歴史上、初ダートで出走した馬の最高着順は3着。2001年のトゥザヴィクトリーが記録したが、その他の馬は2000年のキングヘイローが13着、2013年のカレンブラックヒルが15着など厳しい結果に終わった。

 昨今はウシュバテソーロやアイコンテーラーなど、芝→ダートの路線変更は功を奏しているが、やはり「いきなりG1」では難しいようだ。NHKマイル(G1)覇者であり、フェブラリーSと同じ東京競馬場で実績はあるが、好走を見せられるか。

 また、地方馬としてはメイセイオペラ以来、25年ぶりのフェブラリーS制覇が期待される昨年の南関東三冠馬ミックファイアは、前走の東京大賞典で中央馬に大敗。今回も骨のあるメンバーが集まりそうだが、果たして巻き返しは叶うだろうか。

 その点では、同じ地方馬でも前走、中央勢を抑えてJBCスプリント(G1)を制したイグナイターには魅力を感じる。2走前は1600mの南部杯(G1)を使い、1着のレモンポップにこそ大差をつけられたが、ここでも他の中央勢を上回る2着に食い込み、存在感を発揮した。

 同馬にとっては、2021年のユニコーンS(G3)以来となる東京コース。当時は12着に敗れたが、成長を遂げた今なら勝負になるか。鞍上には今年早くも重賞2勝と波に乗る西村淳也騎手を迎えるのも心強い。

 いずれにせよ、戦前の予想とは打って変わってダート王決定戦に相応しいメンバーが揃いそうな今年のフェブラリーS。制するのは中央ダートの実績馬か、別路線からの挑戦組か……その注目度は密かに高まりつつある。「レベル低下」が囁かれる頂上決戦に救世主は登場するだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フェブラリーS】王者レモンポップ不在でも「G1馬6頭」の豪華メンバー集結!? 「レベル低下」囁かれる頂上決戦に救世主登場あるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に