GJ > 競馬ニュース > 永島まなみ「武豊撃破」で春クラシック参戦も!? スウィープフィート継続騎乗決定、「三冠牝馬」輩出の出世レースに挑戦
NEW

永島まなみ「武豊撃破」で春クラシック参戦も!? スウィープフィート継続騎乗決定、「三冠牝馬」輩出の出世レースに挑戦

永島まなみ「武豊撃破」で春クラシック参戦も!? スウィープフィート継続騎乗決定、「三冠牝馬」輩出の出世レースに挑戦の画像1
永島まなみ騎手

「今日は私の技術不足です」

 昨年12月に行われた阪神ジュベナイルF(G1)。レース後にそうコメントを残したのが、ここが念願のG1初騎乗だった当時3年目の永島まなみ騎手だ。

 コンビを組んだのはデビュー戦から手綱を取り続けるお手馬スウィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)。昨年暮れのホープフルS(G1)を制したレガレイラと同じスワーヴリチャード産駒であり、祖母にG1・3勝スイープトウショウがいる血統馬だ。

 その祖母と同じく末脚を武器にしている本馬は、レースでも大駆けが期待されたが、スタートのタイミングが合わず出遅れ……。最後方からの競馬を余儀なくされることとなり、4コーナーも大外。最後の直線に入っても右にモタれるシーンが見られるなど、やや不完全燃焼の7着に終わった。

 ただ9番人気という評価を上回る着順には来ており、1番人気だった4着のサフィラとは、わずか0秒2差。この時点でコンビ継続は未確定だったものの、永島騎手は冒頭のコメントの他に「すごくいい馬なので、見合った技術が身につけられるよう精進したいです」と前向きな言葉も残していた。

 それから約2ヶ月。スウィープフィートが3日のエルフィンS(L)で今年初戦を迎える。鞍上は引き続き永島騎手に決まった。

 前走後に軽くリフレッシュされたスウィープフィートは、阪神JFで出遅れたこともあり、中間はゲート練習も含めて追い切りを重ねたとのこと。先月24日の栗東坂路では4ハロンの自己ベストとなる51秒7をマークしたことからも、順調に来ていると見て間違いなさそう。

 管理する庄野調教師は「ここで何とか賞金を加算しながら、桜花賞(G1)へ向けて、あるいはその先のオークス(G1)へ向けて、順調に過ごしていければいいと思っています」と、春の牝馬二冠を見据えている。

永島まなみ「武豊撃破」で春クラシック参戦も!? スウィープフィート継続騎乗決定、「三冠牝馬」輩出の出世レースに挑戦
デアリングタクト

 ちなみにエルフィンSといえば、三冠牝馬のデアリングタクトに桜花賞馬マルセリーナ、秋華賞(G1)を勝ったレッドディザイアとエアメサイアも優勝している出世レース。スウィープフィートもここで結果を出せばビッグタイトルがぐっと近づいて来るに違いない。

最大のライバルは武豊騎手&エリカエスティームか

「引き続き永島騎手がパートナーとして選ばれたということは、陣営もこのコンビで春の大舞台に向かおうとしているかもしれません。まだ1勝馬のため、エルフィンSでの賞金加算が必須となりそうなだけに、ここは永島騎手の腕の見せどころでしょうね。

ちなみに同レースでは武豊騎手とエリカエスティームのコンビが最大のライバル候補となってきそうです」(競馬誌ライター)

 武豊騎手が騎乗するエリカエスティームは、初戦こそ後にサウジアラビアロイヤルC(G3)を制するゴンバデカーブースの4着に敗れたが、それ以来の一戦となった前走の未勝利を完勝。1日現在、『netkeiba.com』で公開されているエルフィンSの単勝予想オッズでも1番人気に推されている素質馬だ。

 永島騎手とスウィープフィートのコンビは4番人気想定だが、ライバルが昇級初戦なのに対し、こちらはG1に出走した経験とキャリアの面では勝っているといえる。果たして強敵を撃破して春のクラシックに駒を進めることができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

永島まなみ「武豊撃破」で春クラシック参戦も!? スウィープフィート継続騎乗決定、「三冠牝馬」輩出の出世レースに挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」