GJ > 競馬ニュース > 武豊×キタサンブラック弟シュガークンがいよいよデビュー! あの「大人気スマホゲーム」と競馬に再び急接近の予感!?
NEW

武豊×キタサンブラック弟シュガークンがいよいよデビュー! あの「大人気スマホゲーム」と競馬に再び急接近の予感!?

【この記事のキーワード】, ,
武豊×キタサンブラック弟シュガークンがいよいよデビュー! あの「大人気スマホゲーム」と競馬に再び急接近の予感!?の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 現役時代にG1・7勝を挙げ、2020年に殿堂入りを果たしたキタサンブラック。G1レースの勝利後には北島三郎オーナーが競馬場で「まつり」を熱唱するなど社会現象にもなった。

 種牡馬入り後もイクイノックスを輩出するなど活躍を続けているキタサンブラックだが、同馬の弟となるシュガークン(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)が4日、京都5Rの新馬戦(芝1600m)でいよいよデビューを迎える。鞍上は兄の主戦も務めた武豊騎手だ。

 キタサンブラックはブラックタイド産駒だが、シュガークンは兄の現役時代のライバルだったドゥラメンテが父となる。21年に早逝したことで残り少なくなってきたドゥラメンテの仔としても期待を集めるだろう。

 もともと先週の東京・芝1800mで初陣を迎える予定だったものの除外。ただ厩舎スタッフは『スポーツ報知』の取材に「先週までのいい状態を維持できています」とコメントするなど、仕上がりに関しては自信を持っているようだ。

 先月31日の追い切りにはレジェンドが跨り、僚馬に1馬身ほど先着。操縦性が高くて引っかかる面が見られないのが評価できるポイントとのこと。兄キタサンブラックと同じくデビュー勝ちを期待されることは間違いない。

 そんな注目の新馬シュガークンだが、オーナーは北島氏ではなく辻子依旦氏の所有馬となる。

あの「大人気スマホゲーム」と競馬に再び急接近の予感!?

 辻子オーナーは2020年に持ち馬をJRAに初出走させた新興の馬主。一昨年5月にバトルキャットで初勝利を記録。現3勝クラスのヨリマルが代表馬の1頭といえるだろう。

 本業はスマートフォン向けゲームの開発などを手掛ける『ポノス株式会社』の代表取締役社長を務めている。「バトルキャット」の馬名から察したファンもいるかもしれないが、あの大人気スマホゲーム『にゃんこ大戦争』を配信している会社だ。

 キモかわにゃんこが日本全国を大暴れする、にゃんこ育成ゲームとして人気を博しているにゃんこ大戦争だが、『エヴァンゲリオン』や『初音ミク』など他の人気作品とたびたびコラボイベントを開催していることでも知られる。昨年の大晦日に開催された格闘技イベント『RIZIN.45』の冠スポンサーも務めたことも記憶に新しい。

「にゃんこ大戦争といえば2021年の秋にはJRAともコラボしており、秋のG1レースを盛り上げる施策としてスペシャルWEBサイト『にゃんこ大競走』が期間限定で公開されて話題を集めましたね。同サイトは同年暮れに有馬記念仕様となり再度公開もされました。

シュガークンの活躍次第では、再び競馬とにゃんこ大戦争が急接近してもおかしくなさそうです」(競馬誌ライター)

 北島氏が所有したキタサンブラックの弟ということもあり、シュガークンも活躍すればオーナーにスポットライトが当たっても不思議ではないだろう。まずはシュガークンの初戦の走りに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×キタサンブラック弟シュガークンがいよいよデビュー! あの「大人気スマホゲーム」と競馬に再び急接近の予感!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」