GJ > 競馬ニュース > 「フェブラリーS不在」川田将雅が臨むビッグレースとは…「大物回避」続くダートG1に新たな難題?
NEW

「フェブラリーS不在」川田将雅が臨むビッグレースとは…「大物回避」続くダートG1に新たな難題?

「フェブラリーS不在」川田将雅が臨むビッグレースとは…「大物回避」続くダートG1に新たな難題? の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 18日に迫ったフェブラリーS(G1)は、ダート有力馬の「サウジC(G1)流出」でメンバーレベルを心配されたが、登録メンバーを見ればかなり揃った印象。地方所属や芝路線からのチャレンジも多く、面白い一戦に期待できそうだ。

 そんな出走予定馬に対して騎手の想定を見ると、今回は川田将雅騎手の名前がない。コンビで先月28日の根岸S(G3)を制したエンペラーワケアは回避を表明したが、今年もリーディング争いを繰り広げる名手なだけに、他陣営から騎乗依頼があっても不思議ではないだろう。

 しかし、昨年のフェブラリーSで2着に導いたレッドルゼルは、北村友一騎手が手綱を取る予定。原優介騎手の怪我で鞍上が空いたウィルソンテソーロも、川田騎手の手綱で地方重賞3勝を挙げているが、松山弘平騎手への乗り替わりが発表された。

「フェブラリーS不在」川田将雅が臨むビッグレースとは…「大物回避」続くダートG1に新たな難題? の画像2
サトノグランツ 撮影:Ruriko.I

 そんな川田騎手が向かう先はカタール、17日にアルライヤン競馬場で行われるロンジン・アミールトロフィー(G1・芝2400m)。このレースに出走する重賞2勝のサトノグランツに騎乗を予定している。

 日本では聞き慣れないレースだが、昨年に賞金増額が行われ、1着賞金は142万5000ドル(約2億円)に上るビッグレースである。昨年は香港G1馬のロシアンエンペラーが制したことで話題となった。

 その注目度は徐々に高まりつつあり、日本馬の出走が初となる今年は、登録段階で18頭の日本馬が名を連ねた。その中から正式に出走を予定しているのはサトノグランツに加えて、ノースブリッジ&岩田康誠騎手、ゼッフィーロ&J.モレイラ騎手。いずれも重賞勝利を経験したコンビだ。

 日本馬以外では、昨年覇者のロシアンエンペラーや、2022年のジャパンC(G1)にも出走したG1馬シムカミルも出走予定。なかなかレベルの高い一戦になるだろう。

今後の注目度次第ではフェブラリーSの騎手が手薄に?

 そんなアミールトロフィーに向かう日本人騎手は、今年は川田騎手と岩田康騎手の2名に留まる。しかし、今後も注目度が高まれば、時期が重なるフェブラリーSの「ジョッキー流出」も増加するかもしれない。

 同様の問題は、今年の大阪杯(G1)でも囁かれている。高額賞金で知られるドバイワールドカップデーと時期が重なるため、そちらへ向かう実績馬が多く、彼らに騎乗する日本のトップジョッキーたちも当然、国内では騎乗しないこととなる。

 昨年は高松宮記念(G1)とドバイの時期が重なり、川田騎手やC.ルメール騎手などが不在だった。その分、同レースは若手の団野大成騎手がG1初制覇を果たしたように、他の騎手にチャンスが回る機会でもある。

 今後はフェブラリーSでもその問題が生じる可能性はあるが、それはまた来年以降の話。まずは今年、アミールトロフィーがどれほどの盛り上がりを見せるか注目してみたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「フェブラリーS不在」川田将雅が臨むビッグレースとは…「大物回避」続くダートG1に新たな難題?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」