GJ > 競馬ニュース > 藤沢和雄厩舎解散の崖っぷちからの覚醒! 13年目で146勝の“落ちこぼれジョッキー”杉原誠人が挑むG1獲り
NEW

藤沢和雄厩舎解散の崖っぷちからの覚醒! 13年目で146勝の“落ちこぼれジョッキー”杉原誠人が挑むG1獲り

【この記事のキーワード】, ,
藤沢和雄厩舎解散の崖っぷちからの覚醒! 13年目で146勝の落ちこぼれジョッキー杉原誠人が挑むG1獲りの画像1
キタウイング 撮影:Ruriko.I

 昨年の阪神ジュベナイルF(G1)で2歳女王に輝いたリバティアイランドに注目が集まっている今年の桜花賞(G1)だが、実績面で負けていないのが出走メンバー唯一の重賞2勝馬キタウイング(牝3歳、美浦・小島茂之厩舎)である。

 ただ、リバティアイランドにはリーディングの川田将雅騎手が騎乗する一方、キタウイングに騎乗する杉原誠人騎手はキャリア13年目にして今回が4度目のG1挑戦。両馬の「鞍上」には大きな差があると言わざるを得ない。

 しかし、ここ最近の杉原騎手はJRA歴代2位の1570勝を誇る藤沢和雄厩舎のDNAが覚醒した感さえある充実ぶりだ。

 名門・藤沢厩舎の所属騎手として2011年にデビューした杉原騎手だったが、ここまで通算146勝という成績が示す通り鳴かず飛ばずだった。さらには藤沢厩舎が2022年2月末をもって解散。特に目立った活躍がない杉原騎手は、いよいよ崖っぷちに追い込まれたと思われた。

藤沢和雄厩舎解散の崖っぷちからの覚醒!

 しかし、5か月後のアイビスサマーダッシュ(G3)でデビュー12年目にして初重賞制覇。さらには今年になってキタウイングとフェアリーS(G3)勝利と、まるで別人のように活躍しているから驚きだ。

 特にフェアリーSでは、最内から鮮やかに抜け出す好騎乗。抜群のコース取りを見せた杉原騎手の騎乗には、ファンからもSNSなどで「これは神騎乗」「杉原上手い!」と称賛の声が上がった。

 そして、この騎乗は師匠である藤沢元調教師の教えが活かされたレースでもあったようだ。

藤沢和雄厩舎解散の崖っぷちからの覚醒! 13年目で146勝の落ちこぼれジョッキー杉原誠人が挑むG1獲りの画像2
杉原誠人騎手 撮影:Ruriko.I

「『外を回すな』とは常々言われてきました。レースで外を回れば確実にロスがある。しかし内を回れば仮に前が開かずに脚を余したとしてもダメージが少ない」

 昨年『netkeiba.com』に掲載された藤沢調教師の引退特集に登場した杉原騎手は、そう師匠の教えを語っている。詳細は本インタビューをご覧いただきたいが、フェアリーSの勝利は、まさに“藤沢流”を体現したようなレースぶりだった。

 続く前走のチューリップ賞(G2)では、前が残るレース展開で7着に終わるが、後方に待機して上がり3ハロン33.5秒の鋭い末脚を見せた。すでに賞金面は問題なく、勝ち馬と0.3秒の着差は、悲観する結果ではないだろう。

 キタウイングは現在栗東で滞在して調整中で、1週前追い切りには杉原騎手が駆けつけ騎乗している。栗東坂路を4ハロン52.9秒、ラスト1ハロン12.2秒の時計で駆け上がり「まだ良くなる余地があります」と本番に向けて小さくはない手応えを掴んでいるようだ。

 桜花賞には前述したリバティアイランドの他にもシンザン記念(G3)の勝ち馬ライトクオンタム、クイーンC(G3)の覇者ハーパーなどが立ちはだかり、有力馬の牙城を崩すのは至難の業である。

 一筋縄ではいかない有力馬が揃うが、師匠から教わった騎乗技術を活かして競馬ファンがアッと驚く活躍に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

藤沢和雄厩舎解散の崖っぷちからの覚醒! 13年目で146勝の“落ちこぼれジョッキー”杉原誠人が挑むG1獲りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安