GJ > 競馬ニュース > 名伯楽に奇妙な縁あり? 史上初のダービー連覇トレーナーを後押しする要素とは
NEW

名伯楽に奇妙な縁あり? 史上初のダービー連覇トレーナーを後押しする要素とは

【この記事のキーワード】, ,

名伯楽に奇妙な縁あり? 史上初のダービー連覇トレーナーを後押しする要素とはの画像1

 6日に京都競馬場で行われた京都新聞杯(G2)で「東上最終便」に飛び乗ったのは1番人気のサトノグランツ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だった。

 直前に雨が降り始めた京都新聞杯は、1000m通過が63.8秒という超がつくスローペースで進んだ。サトノグランツは折り合いを欠かず「自分の競馬に徹しながら、最後はよくつかまえてくれました」と話した川田将雅騎手に鼓舞されながら、上がり3ハロン33秒3の瞬発力で、クビ差勝利。4着までタイム差なしという大接戦から抜け出し、3連勝。滑り込みで夢の舞台への切符を掴んだ。

 サトノグランツを管理する友道調教師は「きっちり勝ってくれて、一戦ごとに力をつけています。これからもまだまだ良くなると思います」とサトノグランツを労い、ダービーへの自信をのぞかせた。

 もし、サトノグランツで日本ダービー(G1)に挑むのであれば、友道調教師は昨年の公言通り、前人未到のダービー連覇に挑戦することになる。

 友道調教師は、最多のダービー3勝を誇る名伯楽だ。2016年にマカヒキで初めてダービーを制覇し、その後2018年にワグネリアン、そして2022年にはドウデュースで勝利を収めている。現役のどの調教師よりもダービーの勝ち方を熟知していると言えるだろう。去年、ドウデュースで優勝した時には、「ダービーを連覇した調教師は過去にいない。来年も勝ちたいね」と、偉業に強い意識を持っていることが窺えた。
 
 偉業達成の準備が整うように、過去の条件や、不思議な“縁”が後押ししている。

史上初のダービー連覇トレーナーを後押しする要素とは

 まず、今年の皐月賞(G1)が、2018年と酷似しているのだ。エポカドーロが勝った2018年の皐月賞も、稍重と道悪傾向にある中、逃げ馬が飛ばしていき、ハイペースの後半持久戦となった。その結果、日本ダービーでは瞬発力の問われる戦いとなり、皐月賞7着のワグネリアンが、エポカドーロを逆転。ダービーの栄冠を手にしている。

 今年も2018年と同じくハイペースの後半持久戦となり、ソールオリエンスが勝利したが、瞬発力が問われる東京競馬場・芝2400mという舞台ならば、京都新聞杯で上がり3ハロン33.3秒を叩き出したこの馬の末脚は脅威になるはずだ。

 さらに不思議な縁か、サトノグランツの父は、友道調教師が初めてダービー制覇を果たした2016年の2着馬サトノダイヤモンドである。7年前にハナ差敗れた屈辱を、それを阻止した友道調教師×川田騎手のコンビで晴らしに行く。そんな舞台も整った。

サトノグランツが4連勝で父越えを果たし、友道調教師が初の日本ダービー連覇の偉業を達成できるのだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

名伯楽に奇妙な縁あり? 史上初のダービー連覇トレーナーを後押しする要素とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス