GJ > 競馬ニュース > 【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!
NEW

【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!

【この記事のキーワード】, ,
【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!の画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 リバティアイランドの相手探しが焦点となる今年のオークス(G1)。

 条件的には桜花賞(G1)よりも明らかにオークス向き。2400mの距離に対する未知な部分はあるものの、それはどの馬も同じ。ならば血統的にも、これまでの走りからもリバティアイランドが2着を外すとは考えにくい。状態に関しても中間の追い切りが抜群で、不安らしい不安は見当たらない。

 となれば、このオークスはリバティアイランドを軸に1点で勝負できるのではなかろうか。これは桜花賞、そしてトライアルのフローラS(G2)が終わった時に感じていたことであり、枠順の決定をもってさらに確信したことでもある。

 競馬において最も効果的な儲け方は、最少点数で的中させることだ。

 馬連なら当然1点。点数が8点や10点に増えればそれだけ資金が分散されるわけで、結果として的中した時の見返りは少ない。少点数で資金を集中して的中させることができるなら、それが最も理想的な買い方なのだ。

 今回のオークスはリバティアイランドという絶対的な軸馬がいるので、相手は1点に絞り込みやすい。そこでさまざまな情報やデータを徹底的にチェックし、オークスは馬連1点で一攫千金を狙うこととした。

 問題の相手だが、前走から見てみるとオークスで好走するのは、そのほとんどが桜花賞組。他にはフローラS、スイートピーS、フラワーC(G3)、忘れな草賞組もいるが、過去10年で桜花賞組が7勝と圧倒している。

 今年の桜花賞は上位組と下位組に差があり、7着以下からの巻き返しは困難と判断。リバティアイランドから0.6秒以内の2着コナコースト、3着ペリファーニア、4着ハーパー、5着ドゥアイズ、6着シンリョクカまでが最初の相手候補となる。

【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!の画像2
シンリョクカ 撮影:Ruriko.I

 ほとんどの馬にとって初体験となる2400mを考えると、オークスでハイペースになることは考えにくく、流れは落ち着きやすい。ただしフローラSがゴールデンハインドの逃げ切りだったことを考えると、各馬の仕掛けは早く、上がりの勝負が求められる展開になるだろう。その観点で考えれば、桜花賞で速い上がりを使った馬が上位の評価。唯一32秒台の豪脚を使ったリバティアイランドは別格だが、上記5頭で33秒台の脚を使ったのはシンリョクカしかいない。

 2着コナコーストは34秒5で、これは桜花賞出走馬18頭中12位。34秒1だった3着ペリファーニアと5着ドゥアイズは7位、4着ハーパーは9位となっている。この上がりで2着だったコナコーストは展開に恵まれた部分が大きく、オークスでは危険な人気馬になる可能性がある。それはハーパーも同様で、桜花賞よりオークス向きと陣営が語っているようにこの条件はプラスになるだろうが、現時点ではまだ力不足の感が強い。

 またコナコーストは今年4戦目で大きな上積みは考えにくく、ペリファーニアは新馬戦以外で2着以内に好走しておらず、鞍上の横山武史騎手が「2400mは長い」と話していることからも、善戦は見込めるものの2着は厳しいと判断。ドゥアイズはデビューから6戦して1度も33秒台の脚を使ったことがなく、速い上がりが求められる今回は厳しそう。

 桜花賞で全体3位となる33秒8の脚を使ったシンリョクカは、阪神ジュベナイルF(G1)で2着の実績があり、当初は桜花賞でも有力馬の一角であった。しかし賞金的に除外対象となってしまい、他馬が直前に回避したことでギリギリ出走できた経緯がある。

 もともと出走が確定していなかったことで桜花賞は目一杯の仕上げが出来ず、100%の状態ではなかった。一方、今回のオークスは当初から賞金的に出走が確定しており、しっかり乗り込むことができ前走以上の状態。さらに桜花賞が休み明けであったことを考えると、叩き2戦目の今回は大きな上積みが見込める。

 そして全馬に共通して言えることだが、東京コースの経験と実績も重要だ。

【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!の画像3
吉田豊騎手

 関西馬であれば輸送経験の有無は大きく、経験のない馬はマイナスであってプラスではない。その点でいえば関西圏でしか走っておらず初の関東遠征になるコナコースト、初の東京コースと左回りになるペリファーニアは不安が小さくない。

 一方でシンリョクカはもともと関東馬で輸送のリスクが小さく、東京コースでデビュー勝ちも決めている。追い切りに騎乗した吉田豊騎手も「府中に替わるのは絶対にいい」とコメントしており、このコース替わりは大幅にプラスだ。

 今回は吉田豊騎手に乗り替わりとなるが、シンリョクカのデビュー戦で騎乗しており、この乗り替わりに不安はない。何よりもメジロドーベルとスマイルトゥモローでオークスを2勝し、このレースの勝ち方を知っているのは大きい。

 シンリョクカには阪神ジュベナイルFのG1実績、輸送リスクがなく得意の東京コース、オークス実績のある吉田豊騎手、休み明け2戦目の上積みとプラス要素は多く、血統的にも父サトノダイヤモンドで母の父キングカメハメハならこの条件は歓迎。考えれば考えるほど、このオークスはリバティアイランドとシンリョクカで決着するように思える。

 自信をもって、このオークスは「リバティアイランドとシンリョクカの一点(5番-17番)」で勝負したい。

 なお来週の日本ダービー(G1)でも同様に1点勝負を予定している。現時点で本命はソールオリエンスではなく、決まればなかなかの配当が期待できそう。そしてオークスが的中すれば、その払戻を日本ダービーにつぎ込み、1点勝負で“帯封”の一攫千金を狙ってみたい。

【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!の画像4

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

【オークス1点勝負】武豊もルメールも消し! リバティアイランドと「あの馬」に突っ込む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁