GJ > 競馬ニュース > 武豊「G1完全制覇」の大偉業に現実味…ドゥラメンテ産駒ガイアメンテに続きまた1頭、「キタサンブラック2世」の評価も再上昇
NEW

武豊「G1完全制覇」の大偉業に現実味…ドゥラメンテ産駒ガイアメンテに続きまた1頭、「キタサンブラック2世」の評価も再上昇

【この記事のキーワード】, ,
武豊「G1完全制覇」の大偉業に現実味…ドゥラメンテ産駒ガイアメンテに続きまた1頭、「キタサンブラック2世」の評価も再上昇の画像1
松岡正海騎手 撮影:Ruriko.I

 20日、札幌競馬場で行われたクローバー賞(OP)は、連闘で挑んだコスモディナー(牝2、美浦・伊藤伸一厩舎)が2着カイコウに1馬身半差で快勝した。

 レースはテラメリタにC.ルメール騎手、ノヴァエクスプレスにJ.モレイラ騎手、ドナベティに武豊騎手といったトップジョッキーの騎乗馬が3強を形成し、コスモディナーは少し離された4番人気。本馬は前走で完敗を喫していたこともあり、新馬勝ちを決めていた無敗のライバルたちが未知の魅力で上回ったということだろう。

 しかし、結果的には中団から早めに進出して抜け出す完勝。ここでは一枚力が上だったことを証明した。鞍上の松岡正海騎手も「スパートは早めになったけど、長くいい脚を使うからね。距離短縮が良かったのかな」と振り返っている。

「キタサンブラック2世」の評価も再上昇

 強敵の揃った一戦を制したことにより、暮れの阪神ジュベナイルF(G1)への出走も視野に入るコスモディナーだが、その同馬をコスモス賞(OP)で6馬身も置き去りにしたのが、エコロヴァルツ(牡2、栗東・牧浦充徳厩舎)だ。

 先行抜け出して圧勝したブラックタイド産駒は、一部のファンから早くも“キタサンブラック2世”と期待されているクラシック候補である。

 オッズ的に2強の一騎打ちと目されたコスモス賞だったが、桁違いの走りでコスモディナーを子供扱いにして大楽勝。これだけなら相手が弱かったという見方をされても仕方ないものの、負かした相手が次走で評判馬相手に快勝したのだから、相対的に「本当に強かった」ことが証明された。

 8頭立てで行われた芝1800mのレースを3コーナーから先頭に立つ強気な競馬。手応えに余裕を残したままラスト2ハロンを11秒7-11秒8で駆け抜け、上がり3ハロンのタイムもメンバー最速と申し分ない内容だった。

武豊「G1完全制覇」の大偉業に現実味…ドゥラメンテ産駒ガイアメンテに続きまた1頭、「キタサンブラック2世」の評価も再上昇の画像2
武豊騎手

 また、主戦を任されている武豊騎手にとっても、いよいよJRA・G1のコンプリートが現実味を帯びてくる。

 数多くのG1レースを制してきたレジェンドだが、長年相性の悪かった朝日杯フューチュリティS(G1)は、2年前にドウデュースとのコンビで待望の勝ち星を手に入れた。となると、未勝利のホープフルS(G1)を勝てば完全制覇の偉業を成し遂げられる。

 百戦錬磨のレジェンドも「そりゃ、あと1つとなったら全部そろえたいという気持ちはあるし、年に1回しかチャンスはない」と意識するレース。このタイミングに底知れない魅力を持つエコロヴァルツと出会えたことは大きな意味を持つ。

 ただ、これだけで終わらないのが武豊騎手。8月の新馬戦を快勝したガイアメンテもクラシック候補と評価されている逸材だが、こちらもお手馬の1頭だ。前人未到の大記録達成を見据えた期待馬2頭の存在は、実りの秋を予感させる。残されたラスト1ピースを埋めてくれるのは、はたしてどちらだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「G1完全制覇」の大偉業に現実味…ドゥラメンテ産駒ガイアメンテに続きまた1頭、「キタサンブラック2世」の評価も再上昇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安