GJ > 競馬ニュース > 武豊とC.ルメールの「カッコ良過ぎる」タップダンスも話題! 意外にも地味な関西と派手な関東? 秋の活躍が期待される注目騎手たちの髪色事情
NEW

武豊とC.ルメールの「カッコ良過ぎる」タップダンスも話題! 意外にも地味な関西と派手な関東? 秋の活躍が期待される注目騎手たちの髪色事情

【この記事のキーワード】, ,
武豊とC.ルメールの「カッコ良過ぎる」タップダンスも話題! 意外にも地味な関西と派手な関東? 秋の活躍が期待される注目騎手たちの髪色事情の画像1
撮影:Ruriko.I

 新規の競馬ファン獲得に貢献している大ヒットコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)の新CMが24日、YouTubeの『ぱかチューブっ!』公式アカウントで公開された。

 ウマ娘 2.5周年記念CM「It’s Show Time」篇と題されたCMには、武豊騎手とC.ルメール騎手が登場。タキシード姿の2人が煌びやかなセットをバックに見事なタップダンスを披露した。普段は勝負服に身を包んだトップジョッキーたちの普段は見られない表情やカッコ良過ぎるダンスが注目を集めている。

 スラリとした長身でモデルのようなレジェンドと、自身のアパレルブランドを展開するフランス人の名手は、競馬界を代表するファッションリーダーといえる存在。それぞれが主戦騎手を務めるドウデュースとイクイノックスによる秋の直接対決も非常に楽しみだ。

 爽やかでスタイリッシュな2人のCMが話題になった一方で、その他のジョッキーたちの髪色もファンの間で注目を集めることがある。

秋の活躍が期待される注目騎手たちの髪色事情

 最近は若い世代が増えたとはいえ、馬主や調教師は年配の方が圧倒的に多く、黒髪の好青年が好まれる側面もあるが、関東の戸崎圭太騎手が金髪にしていたことは、関係者ファンの間でちょっとした注目を集めた。

「ようやく見慣れてきましたが、戸崎騎手の金髪には驚きました。地方競馬出身で武骨な印象があるだけに少し意外な気もします。最初は周囲からも『戸崎はどうしたんだ?誰かに変な影響でも受けたのか?』なんて心配の声もありましたが、今は多様性の時代なので黙認している感じですね。ただ、周りが少し鈍感なだけで以前から少し茶髪にしたり、メッシュっぽい感じにしたりと身だしなみには気を使っていたので急に変わったという訳ではないんです。

それと同時期くらいに三浦皇成騎手もシルバーアッシュになっていました。地味な印象の強い関東の騎手としては、そういうアピールのやり方もありだと思います。しっかりと結果を出せば、外見についてとやかく言われることはないですし、注目を集める意味でも全然いいと思います。少し前には石川裕紀人騎手もコムドットのような髪型、髪色にしていましたし、存在を覚えてもらうには効果的かもしれませんね」(競馬記者)

 これに対し、賑やかなイメージのある関西の騎手の方が落ち着いている印象があるのは少し意外な感じだ。

「トップに君臨する川田将雅騎手が黒髪、短髪といった清潔な感じなので、もしかしたら川田騎手が怖くて、若手が一線を越えるのに躊躇しているのかもしれません(笑)。とはいえ、その川田騎手も若い頃はロン毛や茶髪にしていた時期もありますし、若手がどういう髪型や色にしようと気にも留めないでしょうね。

川田騎手と同期の藤岡佑介騎手なんかは、若い頃にブラックジャックのような前髪だけ白のメッシュを急に入れたことがあって周囲を驚かせましたが、どうやら不評だったらしくて1週間くらいで元に戻したなんてこともありました」(同)

 また、関西では斎藤新騎手や鮫島克駿騎手などは、髪型や髪色をちょくちょく変えていた時期もあったが、最近はやや落ち着いてきた感じ。現在の若い世代のトレンドが黒髪なので染めないという若手もいるが、年齢を重ねてからよりは今のうちに楽しんでおかないと、肝心の髪の毛が薄くなってからでは遅いなんてこともありそうだ。

 いずれにしても結果を残しさえすれば、外見が少々変わろうとも問題はない。それが気分転換やリフレッシュに繋がって好成績を残せればいい。

 ただ、一部の騎手のように夜遊びで関係者に迷惑を掛けたり、ハメを外すようなことには気をつけて欲しいものである。

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

武豊とC.ルメールの「カッコ良過ぎる」タップダンスも話題! 意外にも地味な関西と派手な関東? 秋の活躍が期待される注目騎手たちの髪色事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安