GJ > 競馬ニュース > 何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
富田暁騎手

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇…「申し訳ありません」“三冠”逃した消極的な男が雪辱を胸に開眼

ライター「A」:セントウルS(G2)は、テイエムスパーダが逃げ切り勝ち。鞍上の富田騎手はJRA重賞初勝利を挙げました。

デスク「Y」:おめでとうございます~。苦労人がようやく勝利を掴んだんだねぇ。ここから飛躍してほしいよ。そういや、セントウルSの由来ってなんなの?

ライター「A」:セントウルはギリシャ神話に出てくるケンタウロスの英語訳のようですね。

デスク「Y」:あーーー。上半身は人間で下半身は馬の幻獣か。映画『ハリー・ポッター』で見たわ。なるほど、ケンタウロスね。

ライター「A」:騎手と競走馬、人馬一体となって頑張ってほしい、なんて願いもかかっているのかもしれませんね。

デスク「Y」:おっ、なんか上手いこと言ってんなぁ。よし……。テイエムスパーダと富田騎手はスプリンターズS(G1)でのコンビ続行も決まったみたい。そこでもケンタウロスの名前が由来となったセントウルSで見せた人馬一体となる完璧な走りを見せてほしいですね!(ドヤァ)

ライター「A」:コメント泥棒め……。

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3
撮影:Ruriko.I

今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦…今年4月に「謎のフリー転向」を遂げた競馬界のサラブレッドの裏事情

ライター「A」:2年目の大久保友雅騎手が試練を迎えています。

デスク「Y」:昨年のデビュー初年度は3勝で、今年はまだ0勝。ちょっと厳しいねぇ。

ライター「A」:しかも4月には所属していた池添学厩舎から突如フリーに。この原因は素行不良にあるのではないかとも言われています。

デスク「Y」:きっつー。マジできっつー。今回は阪神タイガースが18年ぶりにセ・リーグ制覇したから、それにかこつけてなにかしら馬鹿騒ぎしようと思ったけども、これじゃあ無理やね。

ライター「A」:話題が違い過ぎますよ。大体、競馬と野球をどうやってつなげようと思っていたんだか……。

デスク「Y」:いやいや、繋がっているもんよ。実はグレード制導入後、阪神タイガースがセ・リーグを制覇した年には三冠馬が誕生しているのよ。だから、リバティアイランドの三冠に向けてすごい追い風! リバティアイランドも“A.R.E.”に向けて視界良好!! 的な? ねぇ、今からでもいいから関係者に話を聞いて記事を作ってくれない?

ライター「A」:秋華賞(G1)はまだ1カ月先だからちょっと早いですね。しかもここで話しちゃったから、もう記事にするのは難しいんじゃないですか?

デスク「Y」:ウッソ! 今のナシナシ~。ほ~ら、この声を聞いた君たちはすべてを忘れる~~~、はい、1・2・3!!

ライター「A」:エセ催眠術師みたいなことしないでください!

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像4
池添謙一騎手

池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落……かつてC.ルメールも皮肉った「不運」が3連勝で桜花賞(G1)に挑んだ逸材を襲う

ライター「A」:トーセンローリエが外枠ばかりに入っているため、池添謙一×オルフェーヴルの悲劇を思い出した人も多かったようです。

デスク「Y」:2012年だっけ? あの年は本当に外外ばっかりだったよね。阪神大賞典(G2)の大逸走も大外枠じゃなかったら、起こんなかったんじゃないの? 

ライター「A」:そんなこともありましたねぇ。記憶にも記録にも残る活躍で、一時代を築き上げたオルフェーヴル。主戦だった池添騎手は今年も会いに行ったようです。はい、ドン!






この投稿をInstagramで見る

池添謙一(@kenchan.0723)がシェアした投稿

デスク「Y」:池添騎手、めっちゃ腰が引けているね。まぁ『狙われていました』ってコメントしているし、現役中もいろいろとやられていたから当然なんだろうけども。

ライター「A」:詳しくは『netkeiba.com』の『謙聞録』を御覧くださいませ~。

デスク「Y」:ん? やいやい! いつから『netkeiba.com』の回しもんになりやがった!! 他媒体を薦めるんじゃなくて、『GJ』を推さんかい!!

ライター「A」:だって、『GJ』はオルフェーヴルも池添騎手も出てくれない弱小媒体でギャラも安いし……。有名な騎手とか競走馬に会って、もっとお金をもらいたいなぁ。あんまり扱いが悪いようだったらFA宣言しちゃおうかなぁ~。

デスク「Y」:ちょっ、待て、待て、待てぇ。……裏で話そう。

ライター「A」:これから大事なお話をすることになったので、今回はここらでお開き。バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇… 今村聖奈、角田大河ら活躍の裏で2年目「0勝」の大苦戦 池添謙一「イジメですね」オルフェーヴルでも現役最強の座が陥落【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは