GJ > 競馬ニュース > 武豊も称賛した「第二のキタサンブラック」の評価がうなぎのぼり! 負かした相手がまたもオープン勝ち…暮れのG1でも好勝負必至か
NEW

武豊も称賛した「第二のキタサンブラック」の評価がうなぎのぼり! 負かした相手がまたもオープン勝ち…暮れのG1でも好勝負必至か

【この記事のキーワード】, ,
武豊も称賛した「第二のキタサンブラック」の評価がうなぎのぼり! 負かした相手がまたもオープン勝ち…暮れのG1でも好勝負必至かの画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 28日、京都8Rに行われた芝1800mの萩S(L)は、ルシフェル(牝2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)と川田将雅騎手のコンビが優勝。単勝1.8倍の圧倒的人気に応えて、未勝利からの2連勝を飾った。

 レースは1頭が競走除外となり、6頭の少頭数で争われた。ルシフェルは道中、後方で末脚を温存。最後の直線に入り馬群を割って脚を伸ばすと、ラスト100mで逃げ馬を交わしてゴール。最後は2着に1馬身半差をつけている。

 レース後の川田騎手は「いろいろな面が徐々に成長してくれれば」と、将来性に期待するコメント。今後は放牧に出されるようだが、3戦2勝2着1回とほぼパーフェクトな成績だけに、来年は牝馬クラシック戦線で楽しみな1頭となることは間違いない。

 この結果、現在放牧中であるにもかかわらず、さらに評価を上げた馬がいる。それがエコロヴァルツ(牡2歳、栗東・牧浦充徳厩舎)だ。

武豊も称賛した「第二のキタサンブラック」の評価がうなぎのぼり! 負かした相手がまたもオープン勝ち…暮れのG1でも好勝負必至かの画像2
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 同馬はG1・7勝のキタサンブラックと同じブラックタイド産駒で、ここまで2戦2勝。前走のコスモス賞(OP)では後続に6馬身差というぶっちぎりの競馬で圧勝した。コンビを組んだ武豊騎手も「能力が高い」と称賛したため、この時点でも十分にクラシック有力候補の1頭であった。

 ただ、エコロヴァルツがここから戦わずして、さらに評価を上げていく姿を想像できたファンは、まだそれほど多くはなかっただろう。

 というのもコスモス賞で2着に退けたコスモディナーが次走、クローバー賞(OP)を1馬身半差で快勝。コスモス賞のメンバーレベルが低くはなかったことを証明する形となり、エコロヴァルツの実力をより裏付ける結果にもなった。

 そして、エコロヴァルツがデビュー戦で土をつけていた相手がルシフェルである。

 当日は1番人気こそルシフェルに譲ったものの、レースではエコロヴァルツが1馬身3/4差をつけて勝利。それも最後の直線は鞍上のM.デムーロ騎手がターフビジョンを確認するなど、余裕綽々(しゃくしゃく)での完勝だった。

 デビュー2戦で退けた2頭がその後、立て続けにオープン勝ちを決めてしまったのだから、エコロヴァルツの評価がうなぎのぼりとなるのも当然だといえよう。

 SNSやネットの掲示板にも、ルシフェルが萩Sを勝利した結果を受けて「エコロヴァルツは怪物級なのでは」「来年のダービー最有力候補だろ」「(父が同じブラックタイドのため)本当に第二のキタサンブラックかも」といったエコロヴァルツを称賛するコメントが寄せられている。

暮れのG1でも好勝負必至か

「エコロヴァルツは次走がまだ明確には決まっていないみたいですが、暮れの朝日杯フューチュリティS(G1)かホープフルS(G1)を目指していることはほぼ間違いないと思います。コスモディナーとルシフェルに完勝しているのですから、どちらに出てきたとしても主役級の1頭となることは確実でしょうね。

また初戦はデムーロ騎手、2戦目は武豊騎手が手綱を取っていましたが、次はどちらの騎手が騎乗するのか、あるいはまた別のジョッキーが跨がることになるのかも注目を集めそうです」(競馬誌ライター)

 負かした相手がこれだけ出世しているのだから、エコロヴァルツが次のレースでどれだけの走りを見せてくれるのか、楽しみとなったファンも増えたに違いない。またルシフェルなどと再戦の機会が訪れれば、そのときは関心を集めそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊も称賛した「第二のキタサンブラック」の評価がうなぎのぼり! 負かした相手がまたもオープン勝ち…暮れのG1でも好勝負必至かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは