GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子「101連敗」女性騎手で唯一白星なし…「能力がある馬だと思う」絶好のチャンスも馬券圏外に
NEW

藤田菜七子「101連敗」女性騎手で唯一白星なし…「能力がある馬だと思う」絶好のチャンスも馬券圏外に

【この記事のキーワード】, ,

藤田菜七子「101連敗」女性騎手で唯一白星なし…「能力がある馬だと思う」絶好のチャンスも馬券圏外にの画像1

 先週土曜に行われた小倉7Rの4歳以上1勝クラス。7番人気ブーバーで逃げ切り勝ちを決め、2024年の初白星を飾ったのがデビュー2年目の河原田菜々騎手だ。

 テン乗りで伏兵を優勝に導く会心の騎乗に同騎手は「ゲートが良かったですし、すんなりと先手を取れました。道中も楽に運ばせてもらえましたからね」と、レース後に“してやったり”のコメントを残した。

 ルーキーイヤーの昨年は13勝をマークした河原田騎手。この白星をきっかけに今年さらなる活躍に期待したいところだ。

藤田菜七子「101連敗」女性騎手で唯一白星なし…「能力がある馬だと思う」絶好のチャンスも馬券圏外にの画像2
藤田菜七子騎手

 これにより、昨年12月から怪我で休養に入っている古川奈穂騎手を除くと、JRAの女性騎手で今年唯一の白星なしとなってしまったのが藤田菜七子騎手である。

 今年の女性騎手は、2年目の小林美駒騎手がここまで5勝を挙げて絶好調。永島まなみ騎手もそれに続く4勝をマークしており、今村聖奈騎手もすでに白星をゲットしている。またスポット参戦している女性外国人騎手のR.キング騎手も重賞2勝を挙げる快進撃、先述の通り河原田騎手も初白星を飾ったが、女性騎手ブームのパイオニア的存在である藤田騎手だけがここまで波に乗れていない。

 ただし、藤田騎手にも決してチャンスがなかったわけではない。特に先週日曜の小倉6Rで騎乗したコスモララバイ(牝3歳、栗東・吉田直弘厩舎)は2番人気という高い評価を集めていた。

絶好のチャンスと思われたコスモララバイだが…

 藤田騎手はコスモララバイと前走で初コンビを組むと、最後の直線で同馬の末脚を引き出し僅差の3着に好走。継続騎乗となった今回は『スポーツ報知』の取材に「(前走で)特徴をつかんだので、これを頭に入れて乗り方を工夫します。能力がある馬だと思います」と手応え十分のコメントをしていたことから、ここで初白星を期待したファンも多かったことだろう。

 レースでは1枠2番からスタートし、道中は4番手付近を追走。最後の直線では内目に進路を取ったがもうひとつ伸びを欠き、最後は馬券圏内を外す4着に敗れてしまった。

「この週の小倉はインコースがやや荒れていたため、結果的には内枠がアダとなってしまいましたかね。前走のように外に出せていれば、また違った結果になっていたかもしれません」(競馬誌ライター)

 絶好のチャンスだと思われたコスモララバイでも敗れ、藤田騎手は先週も未勝利が確定。今年初白星がお預けとなったのもそうだが、実は昨年11月から3ヶ月以上も勝ち星から遠ざかっている。これで連敗記録は「101」まで伸びてしまった。

 24日には古川奈騎手が戦列復帰を予定しており、また来月には藤田騎手の姿を見てジョッキーという職業に憧れたという後輩女性騎手の大江原比呂騎手もデビューする。慕ってくれる後輩のため、また連敗ストップのためにも今週末の奮起に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

藤田菜七子「101連敗」女性騎手で唯一白星なし…「能力がある馬だと思う」絶好のチャンスも馬券圏外にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”