GJ > 競馬ニュース > 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
NEW

武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン

【この記事のキーワード】, ,
武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドインの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 24日の阪神5Rに行われた芝2000mの未勝利戦。ここで初勝利を飾ったのが、G1・7勝の名馬キタサンブラックを半兄に持つ良血シュガークン(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)だ。

 手綱を取ったのは兄の主戦でもあり、2着だった前走のデビュー戦でも騎乗した武豊騎手。スタートを決めて道中は5番手付近に付けると、4コーナーで外から進出し直線入り口で早くも先頭に立つ盤石のレース運び。ゴール前はほとんど流す余裕を見せながら2着に1馬身1/4差をつけた。

 単勝1.9倍の人気に応える完勝ぶりに武豊騎手も、「2戦目で馬もよくなっていたし、距離が延びてレースもしやすかった。能力はかなりあると思います」と太鼓判を押したのだから、この先が非常に楽しみである。

「阪神の芝2000mで好位から横綱相撲で押し切ったこともあり、一瞬でしたが兄キタサンブラックの大阪杯(G1)での走りも彷彿とさせましたよ。父はブラックタイドからドゥラメンテに替わっていますが、兄と同じようにこの厩舎のハードトレーニングをこなせれば、これからの出世も期待できそうです」(競馬誌ライター)

 まだ初勝利を挙げたばかりで春クラシックに間に合うかは微妙なところだが、兄は2015年の菊花賞(G1)を制しており、父ドゥラメンテもここ3年で2頭の菊花賞馬を送り出している。シュガークンも秋のラスト一冠に駒を進めることができれば面白い存在になりそうだ。

ドゥラメンテの後継種牡馬候補としても期待?

 また、シュガークンには早くも一部ファンからドゥラメンテの後継種牡馬候補として期待する声も上がっているようだ。

 昨年の三冠牝馬リバティアイランドや一昨年の二冠牝馬スターズオンアース、G1・3勝のタイトルホルダーなどを送り出し、昨年はリーディングサイヤーに輝いたドゥラメンテだが、ご存じの通り2021年8月に早逝。そのため今年デビューの2歳馬が早くもラストクロップとなる。

武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 現在のところ後継種牡馬はタイトルホルダー1頭のみ。ドゥレッツァやシャンパンカラーも今後スタッドインすると思われるが、シュガークンも残り少なくなったドゥラメンテ産駒の1頭である上、キタサンブラックの弟という魅力的な血統背景であることから、ファンから種牡馬入りを熱望されるのも頷けそうである。

「本馬の3つ上の兄であり、キタサンブラックの全弟となるネクサスハートは、現役時代は中央で5戦未勝利でしたが種牡馬入りを果たしています。

シュガークンも世界最強馬イクイノックスを輩出したキタサンブラックの半弟という血統的魅力を秘めており、また貴重なドゥラメンテの血を引く1頭であることを考えると、実績にかかわらず関係者がすでに種牡馬入りを検討していたとしても不思議ではありません」(同)

 この先スタッドインするにせよしないにせよ、現役時代の競走実績があるにこしたことはない。引き続きシュガークンと武豊騎手のコンビに注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドインのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬