GJ > 競馬ニュース > 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
NEW

横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定

【この記事のキーワード】, ,
横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定の画像1
横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I

 世界最高峰の賞金を誇るサウジC(G1)が開催された先週末。国内では中山記念(G2)と阪急杯(G3)が行われ、前者は横山典弘騎手の騎乗したマテンロウスカイ、後者は松山弘平騎手の騎乗したウインマーベルが勝利した。

 過去5勝を挙げていた好相性のレースで7番人気の伏兵だったマテンロウスカイを勝利に導いた横山典騎手だが、中山記念6勝はもちろん現役最多。現在は関西を拠点にしているとはいえ、元々は関東の騎手だけに華麗な手綱捌きが光った。

 勝利騎手インタビューで「嬉しいですね。幹夫のところでオーナーが千代乃さんで、よかったです」と話していたように、マテンロウスカイを管理する松永幹夫調教師とは、師が現役騎手時代から続く親密な関係。同馬を所有する寺田千代乃オーナーもまた、横山典騎手に全幅の信頼を寄せる恩人でもある。23日に56歳のバースデーを迎えた大ベテランだが、まだまだトップジョッキーとして活躍に期待出来そうだ。

中山記念最多勝の大ベテランも気になるもう1頭のお手馬

 ただ、この日の横山典騎手には、阪急杯でも気になるお手馬がいた。

 その相手とは、6戦連続で手綱を任されていたサンライズロナウド(牡5、栗東・安田隆行厩舎)である。本馬を管理する安田隆師が3月に定年を迎えるため、両者がコンビを組めるのもあとわずか。横山典騎手としても体が2つ欲しい心境だっただろう。

 主戦騎手の不在を懸念されたものの、代打を任された古川吉洋騎手も期待に応える好騎乗を見せた。上位2頭は1番人気と3番人気の堅い決着に終わったが、9番人気のサンライズロナウドを3着に導いて波乱を演出した。

 その一方で、気性の粗さが災いしてまともな追い切りが困難な本馬をプール調教主体でしっかりと仕上げた厩舎の努力は特筆に値する。デビュー当初から前進気勢の強さと燃えやすい気性がネックとなり、サンライズロナウドは潜在能力の高さをレースで発揮できないこともあった。

 しかし、5歳春を迎えても去勢することなく、伸び伸びと走らせている厩舎の手腕は素晴らしい。

「阪急杯の追い切りでも“例のプール調教”でしたね。現在のスタイルになったのは、確か昨年7月の長久手特別(2勝クラス)頃だったと思います。横山典騎手とコンビを組んだのもこのレースからでしたね。乗り難しい馬だからこそ、厩舎も折り合いに定評のある名手を起用したのでしょう。それまで坂路で仕上げていたため、運動量に少々不安もありましたが隙のない仕上がり。初コンビで問題なく勝利を挙げました。

厩舎としても思い切った判断だったと思いますが、横山典騎手なら新たな一面を引き出してくれるのではないかという期待もあったはずです。距離短縮の進言も功を奏し、脚質転換で鋭い末脚も引き出しました。こういった陣営の努力を無駄にすることなく、代打を任された古川吉騎手も大役を果たしましたね」(競馬記者)

 おそらく次走から横山典騎手とのコンビ復活が濃厚なサンライズロナウドだが、敗れたとはいえ阪急杯の走りは見どころ十分。前半がハイペースで流れたものの、結果的には前残りの決着だった。

 開幕週の馬場で逃げ先行馬に有利な展開を思えば、上がり3ハロン最速の末脚で勝ち馬に0秒1差まで迫った走りは重賞級。もし高松宮記念(G1)に出てくるようなら不気味な存在となりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?