GJ > 競馬ニュース > 【桜花賞】「因縁」川田将雅からの乗り替わりで初G1制覇チャンス到来!? 節目のデビュー10年目を迎えた成長株が「大物」とコンビ想定
NEW

【桜花賞】「因縁」川田将雅からの乗り替わりで初G1制覇チャンス到来!? 節目のデビュー10年目を迎えた成長株が「大物」とコンビ想定

【この記事のキーワード】, ,
【桜花賞】「因縁」川田将雅からの乗り替わりで初G1制覇チャンス到来!? 節目のデビュー10年目を迎えた成長株が「大物」とコンビ想定の画像1
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

「今年こそはG1を勝ちたいです」

 1月中旬から今月3日にかけて開催された小倉開催で17勝を挙げてリーディングを獲得。ウイナーズサークルで行われたインタビューの最後をそう締めくくったのが鮫島克駿騎手だ。

 先週終了時点で25勝をマークし、全国リーディングでも6位につけるなど好調の同騎手。現在27歳の成長株だが、ここまでG1のタイトルは手にしたことがなく、昨年の天皇賞・春(G1)を制したジャスティンパレスやスプリンターズS(G1)覇者ママコチャなど、かつてのお手馬が乗り替わりでG1馬となるシーンも目立っている。

 その最たる例が昨年のジャンタルマンタルだろう。鮫島駿騎手は同馬とのコンビで新馬、デイリー杯2歳S(G2)を連勝。「この馬と必ず大きいところを獲る気持ち」「この馬に合わせて自分もしっかり成長したい」と、重賞を勝った後にはビッグタイトルも見据えるようなコメントを残していた。

 しかし、続く朝日杯フューチュリティS(G1)では川田将雅騎手にスイッチ。同馬は2着に1馬身1/4差をつけて無傷の3連勝でG1馬に輝いている。

「鮫島駿騎手もほとんどノーミスだっただけに、悔しい乗り替わりだったことは想像に難くありません。当時はファンの間でも賛否両論が聞かれましたね。

またジャンタルマンタルは先月の共同通信杯(G3)2着を挟んで、引き続き川田騎手とのコンビで皐月賞(G1)に進むことがすでに発表されています」(競馬誌ライター)

桜花賞(G1)では「大物」とのコンビ想定も

 昨年暮れはそんな苦い経験も味わった鮫島駿騎手だが、来月7日に開催される牝馬クラシック第一弾の桜花賞(G1)では大物への騎乗も想定されている。

【桜花賞】「因縁」川田将雅からの乗り替わりで初G1制覇チャンス到来!? 節目のデビュー10年目を迎えた成長株が「大物」とコンビ想定の画像2
ボンドガール 撮影:Ruriko.I

 それがボンドガール(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)である。

 一昨年の日本ダービー(G1)で1番人気に推されたダノンベルーガの半妹となる同馬は、6月の新馬戦を1分34秒6の好タイムで快勝。ちなみにこのレースは2着が後にアルテミスS(G3)を勝利するチェルヴィニア、3着が3連勝で京王杯2歳S(G2)を制し阪神ジュベナイルF(G1)でも3着のコラソンビート、さらに6着が10日のアネモネS(L)を制したキャットファイトであった。

 ハイレベルの一戦を勝ち上がったボンドガールは2戦目の前走・サウジアラビアロイヤルC(G3)こそゴンバデカーブースの後塵を拝し2着に敗れたものの、3着に退けたシュトラウスは次戦で出世レースとして知られる東京スポーツ杯2歳S(G2)を完勝しているのだから、評価を落とす必要はほとんど無いだろう。

 その後、阪神JFを目指していたものの打撲の影響で回避。そのため桜花賞は昨年10月以来の一戦となるが、上位人気になることが予想されるチェルヴィニアやコラソンビートを初戦でまとめて負かしていることを考えると、ここでも通用して不思議ではないポテンシャルを秘めている。

「鮫島駿騎手、これはいい馬が回ってきそうですね。ちなみにボンドガールの前走で手綱を取っていたのが、川田騎手なんですよ。

朝日杯FSではジャンタルマンタルが川田騎手に乗り替わりでG1馬となりましたが、今度は逆に川田騎手から乗り替わりとなるボンドガールで鮫島駿騎手が初G1制覇のチャンスを手繰り寄せるかもしれませんよ」(同)

 鮫島駿騎手はシュトルーヴェに騎乗した23日の日経賞(G2)で、今年の初重賞勝利。節目のデビュー10年目となる今年、念願の初G1制覇はあるか。ちなみにボンドガールは賞金的に抽選となる可能性もあるだけに、まずは同騎手とのコンビで無事に出走を確定させてくれることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【桜花賞】「因縁」川田将雅からの乗り替わりで初G1制覇チャンス到来!? 節目のデビュー10年目を迎えた成長株が「大物」とコンビ想定のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?